なつぞら 118話あらすじです。

 

なつ、咲太郎、光子の祝いが、風車で開催されました。

 

亜矢実は、引越し先を茂木社長にお願いしました。

 

それを聞いた咲太郎は、反対します。

 

咲太郎は、自分に転居先を任せて欲しいと、言いました。

 

その咲太郎の申し出を、亜矢実が断りました。

 

開放して欲しいとも言いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第118話 亜矢実、咲太郎の申し出を断る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

8月15日、なつの誕生日祝と咲太郎。光子の結婚祝いが、行われました。

 

なつは、30歳の誕生日でした。

 

亜矢実の風車は、立ち退きになります。

 

移転先は、茂木社長の紹介で、ゴールデン街です。

 

咲太郎が、そんな所はダメだと反対します。

 

新しい店は、咲太郎と光子が、用意するといいました。

 

亜矢実は、ありがとうと礼を言いますが、咲太郎の話を断りました。

 

ゴールデン街で、十分と言います。

 

それに、咲太郎が、母ちゃんと呼ぶのも、いい加減にして欲しい。

 

私は、お前の母親でもなんでもないと言い、カスミから、咎められました。

 

親孝行は、十分してもらったとも、言い張ります。

 

亜矢実は、なつからも一緒に住んで欲しいと、言われました。

 

なつは、もう10年も風車で暮らしています。

 

これは、十勝の柴田家に住んだ時間と同じ年数です。

 

亜矢実は、大事な家族なので、次に住む家が決まるまででも良いから、一緒にいてくださいと、なつが頼みました。

 

亜矢実は、なつに礼を言いますが、もう開放して欲しいと、言いました。

 

亜矢実が、風車をやってこれたのは、なつと咲太郎がいてくれたお陰だと、言いました。

 

本当に、楽しかったからと、亜矢実がしみじみと、言いました。

 

 

亜矢実、突然に黙って姿を消す

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

それから、ある日、なつは、走って風車に行きました。

 

お店の中には、咲太郎が、座っています。

 

亜矢実が、誰にも告げずに、引越しをしました。

 

店の奥から、カスミ(戸田 恵子)が、出て来ました。

 

カズミも、三味の行方は分かりません。

 

カスミは、亜矢実の気持ちを代弁しました。

 

亜矢実は、咲太郎の結婚を喜んでいるから、姿を消したのです。

 

亜矢実は、光子に嫉妬したくないし、そんな自分を咲太郎に、見せたくなかったのです。

 

ずっと、その想いを押さえて、咲太郎の母親を演じて来ました。

 

亜矢実も弱い女なんです。

 

でも、なつが来てから、本当に咲太郎と家族になれたと、亜矢実は、救われた思いでした。

 

だから、楽しかったと、亜矢実が言いました。

 

純粋に親子でいたいから、亜矢実は、去って行きました。

 

分かってあげてと、カズミが、涙をこぼしました。

 

お店には、亜矢実が最後に聞いていた曲のレコードが、残されていました。

 

それは、あの「とんがり帽子」の歌でした。

 

咲太郎は、亜矢実を「母ちゃん!」と、呼んだsの日を思い出し、涙が溢れました。

 

なつが封筒に気付き、咲太郎に渡しました。

 

その中には、「頑張れよ!咲太郎!」と、書いた紙がありました。

 

その紙ををめくると、咲太郎となつ、千遥、両親の家族の楽しそうな絵でした。

 

そのころ、亜矢実は、一人列車の中にいました。

 

なつぞら 118話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 118話あらすじ感想のまとめです。

 

亜矢実は、光子に咲太郎を取られることで、嫉妬したのでしょうか。

 

自分の可愛い息子が、他の女性に取られる。

 

しかも、その子は、本当の子ではない。

 

そんなところに、母親としての女性としての苦しみがあったのでしょうか。

 

そして、亜矢実が、突然いなくなりましたね。

 

列車で、どこかに向かっています。

 

しかし、亜矢実は、泣いていません。

 

次の希望に向かって、楽しそうに鼻唄を歌っていました。

 

さて、亜矢実は、どこへ行き、何をするのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事