なつぞら 102話あらすじです。

 

予定通り、なつ達のテレ簿漫画の放送がスタートしました。

 

なつの名前もテレビに映ります。

 

なつは、テレビ漫画用に、新しい手法を次々と、編み出しました。

 

一方、雪次郎は、北海道に帰って行きました。

 

風月の家族は、突然帰郷した雪次郎に驚きました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第102話 なつ達のテレビ漫画の放送開始

なつ、テレビ漫画をテレビで観る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和38年(1963年)12月、なつ達のテレビ漫画「百獣の王子サム」が、日曜日の夕方に放送開始となりました。

 

原画には、なつの名前が表示されています。

 

なつは、咲太郎と亜矢実とともに、テレビ放送を見て、大喜びします。

 

十勝の富士子もテレビを見て、面白かったと電話して来ました。

 

照男の息子の地平(吉田 隼)も、夢中で見ていました。

 

なつの名前が、テレビの画面に出たとき、泰樹は「オーッ!」と、驚きました。

 

なつは、喫茶で桃代から感想を聞きます。

 

なつらしい表現で、良かったと桃代が褒めました。

 

しかし、現場は順調でもありません。

 

相変らず、坂場は、周りの人とぶつかっています。

 

特に、制作進行の荒井 康助(橋本 さとし)とは、意見が合いません。

 

坂場の言う通りに作ると、4,000枚くらいの絵が必要です。

 

今人気の「鉄腕アトム」でも、1,000枚くらいで、作っています。

 

坂場の考えでは、放送に間に合わず、番組に穴が開いてしまいます。

 

二人の言い争いに、なつが、荒井さん、私が何とかしますと、割って入りました。

 

例えば、トラ同士のケンカのシーンを、土煙で覆ってしまう。

 

煙だけを動かし、煙の中から、面白いポーズのトラの一部が飛び出してくる。

 

なつの説明を皆が聞いて、いいアイデアだと賛同しました。

 

さらに、サムがトラをやっつけるシーンでは、サムの上に星を大きく描く。

 

次のカットで、伸びているトラを見せれば、サムの強さが表現できる。

 

テレビは、小さな子供も見ているので、暴力を振るう場面を、あまり見せたくない。

 

その代わり、丁寧に見せたい部部は、絵の枚数を増やしたい。

 

なつは、次々と斬新なアイデアを出しました。

 

 

雪次郎が演劇を辞めて北海道に帰る

雪次郎、突然の帰郷引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

その頃、北海道では、北国らしく雪が積もっていました。

 

雪の中、風月の前に、カバンを持った男性が立っています。

 

入口の扉が開き、妙子(仙道 敦子)が振り向くと、雪次郎が入って来ました。

 

妙子は、突然の雪次郎に驚きました。

 

慌てて、とよ(高畑 淳子)と雪之助(安田 顕)が、店の奥から出て来ました。

 

正月には、少し早いなと、雪之助が言いました。

 

雪次郎は、クリスマスケーキを作ろうと、言います。

 

そして、壁の「かもめ」のポスターを雪次郎が、思いっきり剥がしました。

 

諦める時は、潔く諦めろと、雪之助から言われていました。

 

芝居で失敗したのではない。もう悔いはない。お菓子屋に戻ると、雪次郎は決めました。

 

雪次郎は、菓子職人として、鍛え直してくれと、雪之助に言いました。

 

雪次郎は、演劇から逃げたのではなく、捨ててきたのでした。

 

それから、雪次郎は、天陽の家を訪れました。

 

天陽は、昔のように、仕事の合間に絵を描いていました。

 

なつは、わき目もふらず、どんどん先に行っている。

 

結局、なつに追い付けなかった。と、東京の話をしました。

 

一方、風車では、蘭子が雪治朗のことを伝えました。

 

別に、心から辞めろと言った訳でゃないのにと、蘭子が言います。

 

雪次郎は、分かっていた。だから、辞めたんだと思うと、亜矢実が言います。

 

雪次郎は、開拓者になるなら、演劇ではなく、お菓子屋だと気付いたことを、なつが教えました。

 

蘭子が、「かもめ」のポスターを捨てたら、と言います。

 

風車は、思い出の店だから、残しておきましょと、亜矢実が言いました。

 

そして、みんなでクリスマスケーキを食べました。

 

なつぞら 102話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 102話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達のテレビ漫画「百獣の王子サム」の放送が、始まりましたね。

 

なつの名前も、原画担当として、映し出されました。

 

評判は、上々のようです。

 

なにより、新宿や北海道の人々が、大喜びです。

 

なつは、テレビ漫画の制作のために、いろんな手法を編み出します。

 

なつ達の苦難と冒険は、やがて未来の日本のアニメーションの担い手たちに繋がっていきます。

 

と、ウッチャンが、語りました。

 

なつは、まさに、先に先に進んでいますね。

 

一方、雪次郎は、芝居の道から、お菓子屋の道に戻りました。

 

まあ、やりたいことはやったので、後悔はないのでしょう。

 

お菓子職人として、北海道の名産を開発して欲しいですね。

 

RECOMMEND
人気記事