なつぞら 108話あらすじです。

 

なつは、坂場と別れたことを、咲太郎と亜矢実に報告しました。

 

咲太郎は、坂場の態度に怒りました。

 

その時、坂場が現れ、もう一度なつと話したいと、お願いしました。

 

坂場は、一晩中なつのことを考え、心の底から好きだと分かりました。

 

そして、再び、正式に結婚を申し込みました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第108話 坂場、再びなつにプロポーズ

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、坂場から映画が失敗したので、結婚できないと言われました。

 

仕事と結婚は、関係ない。

 

あなたを、有り得ないくらいに、好きになったの。

 

だけど、あなたは違った。

 

そんな人とは、一緒にいたくない。

 

さようならと、なつは言いました。

 

なつは、咲太郎と亜矢実に打ち明けました。

 

咲太郎は、そんな奴と結婚しなくていい、と怒りました。

 

その時、坂場が風車を訪れました。

 

坂場は、謝りに来ました

 

謝らなくていい。お前のことは、忘れることになった。

 

今さら、お前のことは認められない。帰ってくれ。

 

一度約束したのなら、すぐに次の仕事を見つけるから結婚してくれ、と言うのが筋だろう。

 

と、咲太郎が怒ります。

 

昨日のことは、許してもらわなくて良い。

 

その上で、もう一度話しをさせて欲しい。

 

昨夜一晩、あなたを想い、あなたを失う恐怖を感じました。

 

それで分かった。あなたが、どれほど大切なものを失う恐怖を味わってきたか。

 

あなたに、少しでも近づきたくて考えました。

 

それで、辿り着いた答えは、あなたの事が、心の底から好きだということです。

 

もう遅いかも知れないが、心の底から言わせてください。

 

あなたが、大好きです。

 

お兄さん、奥原 なつさんを僕にください。結婚を許してください。

 

どうか、結婚してください。

 

もう一緒に、漫画映画は作れないかもしれないが、あなたの人生を作ります。

 

一生をかけて、一緒に作ります。

 

「僕と、結婚してください。」

 

と、坂場が、再びプロポーズをしました。

 

「はい。喜んで。」と、なつが頷きました。

 

坂場は、咲太郎と亜矢実が見ている前で、なつを抱きしめました。

 

 

なつ、坂場との結婚を報告する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、それから坂場と共に、川村屋へ行きました。

 

現れた野上(近藤 芳正)に、夫になる坂場ですと、紹介しました。

 

野上は、驚き慌ててマダムを呼びに行きました。

 

マダム光子(比嘉 愛未)は、なつを宜しくと、坂場に頼みました。

 

それから、なつと坂場は、仲に報告するために会社へ行きました。

 

仲は、二人の結婚を心から祝福しました。

 

動画のメンバーも駆けつけて、なつと坂場を祝福しました。

 

帰りながら、なつが言いました。

 

これからも、色々あるよね、と。

 

有り得ないことが、本当のようにね。と、坂場が応えました。

 

そして、なつと坂場は、二人揃って、北海道の十勝の牧場にやって来ました。

 

なつぞら 108話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 108話あらすじ感想のまとめです。

 

なんと、坂場が、なつに正式にプロポーズしましたね。

 

なつは、坂場の本心を聞き、結婚を決めました。

 

咲太郎は、理不尽な坂場に腹を立て、もう遅いと坂場を追い返そうとします。

 

亜矢実が、遅くない。生きているんだから、いくら間違ってもいいの。いくら失敗しても、なつは平気だよね。

 

と、なつを後押ししました。

 

坂場は、なつの生い立ちを聞いて、どれだけ大切なものを失ってきたか、その時、どれだけ恐怖を味わってきたか、理解できました。

 

そして、もうこれ以上の幸せはないだろうと思っていた時に、坂場を失いました。

坂場は、自分が与えたその恐怖に、気付いたのですね。

 

まあ、理屈が先行する坂場ですから、これからも有り得ないことが、本当のように起こるかもしれません。

 

なつは、北海荘で培った強い開拓者精神で、乗り越えて行くのでしょうね。

 

RECOMMEND
人気記事