なつぞら あらすじ第64話です。

 

仲は、なつの動画を麻子に見せました。

 

なつの動画の才能を見てもらうためです。

 

一方、なつは、「白蛇姫」のアフレコの収録を見学しました。

 

なつが描いた動画のシーンを、ドキドキしながら見ています。

 

その後、なつは、意外な言葉を仲から投げかけられました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第64話

なつぞら なつ、アフレコで蘭子に会う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和32年(1957年)夏、長編漫画映画「白蛇姫」の公開を控え、俳優が声を吹き込むアフレコ作業のみとなりました。

 

なつは、その間、トレースの練習に励みます。

 

仲は、なつが描いた動画を麻子に見てもらいました。

 

なつは、仕上げの仕事をしながら、動画の練習をしていました。

 

なつは、動画を描くのが早いが、才能があるかどうか、麻子の意見を聞きたいと、仲が頼みました。

 

なつは、昼休みにパンを食べながら、他の人をスケッチしています。

 

仲がやって来て、咲太郎が、まだ劇団で働いているか尋ねました。

 

プレス子で声を吹き込んだ俳優が降りたため、セリフの録り直しが出来なくなりました。

 

そのため、咲太郎のいる「赤い星座」の亀山 蘭子に、お願いしたいと言うことでした。

 

演出家の露木は、蘭子に白蛇姫と、魚の妖精の二役を頼みました。

 

あと一人の男優は、元活動弁士の豊富 遊声(山寺 宏一)でした。

 

蘭子は、初めての声優に戸惑いましたが、劇団の活動資金のためと、頑張りました。

 

咲太郎も、蘭子を励ましました。

 

「白蛇姫」のアフレコ現場に、なつと仲が見学に来ました。

 

 

なつが白蛇姫の収録を見学する

なつぞら なつ、収録を見学する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

麻子は、仕上課の富子のところへ行きました。

 

なつは、優秀かどうか、富子の意見を聞きました。

 

彩色は遅いし、優秀とはいえないと、富子が言いました。

 

なつは、ただの素人なのか、天才なのか、どっちでしょうと、麻子が言いました。

 

一方、アフレコは、クライマックスのシーンにさしかかっていました。

 

なつの描いた、白蛇姫が悲しみ苦しむ表情が、映し出されました。

 

なつは、この動画を描いて麻子から褒められたこと、井戸原から、使ってもいいよねと、言われたことを思い出しながら、見つめていました。

 

収録が終わり、なつは、夢を現実で見ているようで、どきどきしながら見ていたと、仲に言いました。

 

すると、仲が突然言いました。

 

次の作品の制作が決まった。また、動画のテストを受けないか。

 

なつは、一瞬驚きました。

 

なつぞら あらすじ第64話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第64話の感想まとめです。

 

なつは、漫画動画のセリフの吹き込みを見学しましたね。

 

当時のアニメーションは、プレスコと言って、最初にセリフや音楽を録音し、後で、それに合わせて絵を描きます。

 

しかし、描いているうちに、変更が多くなり、セリフの録り直しとなりました。

 

現在では、最初に動画を作って、後からセリフを吹き込むアフレコとなっています。

 

アフレコによる収録の方が、原画の負担が少なく、早く完成できます。

 

毎週テレビ放送するアニメは、アフレコ方式でないと、間に合わないのですね。

 

さて、なつの動画を麻子が見ています。

 

次の作品も決まりました。

 

麻子の評価は、どう出るのでしょうか。

 

なつは、再テストを受けるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事