なつぞら 111話あらすじです。

 

酪農家による工場設置申請の、締め切り時間が迫っています。

 

なつと坂場も、応援のために農協へ駆けつけました。

 

しかし、採決で一人の理事長が反対を表明しました。

 

夕見子も交えて説得しますが、 なかなか意志が通じません。

 

その時、柴田牧場の菊介が、思わぬ意見を述べました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第111話 菊介が乳業の喜びを説く

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

夕見子たちが進める工場の申請を提出するためには、遅くとも農協を11時までには、出発しないといけません。

 

それまでに、集会で決議する必要がありました。

 

なつは、坂場と共に、農協を訪れました。

 

組合長の田辺(宇梶 剛士)は、久しぶりに、なつと再会しました。

 

なつが、このタイミングで十勝に帰ってきたことは、天の恵みだと、大喜びをしました。

 

昔、なつのお陰で、農協が農家から牛乳を集めて、メーカーに売ることが出来るようになりました。

 

田辺は、その時から、工場を建てることを考えていました。

 

その夢が、今日叶うかどうかの日となります。

 

坂場は、実現させましょうと、立ち上がりました。

 

会議の場に、天陽もやって来ました。

 

天陽は、なつが結婚することを聞いて、おめでとうと、素直に祝福しました。

 

いよいよ、工場設置届けを決めるため、十勝の各地の組合長の会議が、始りました。

 

田辺は、計画中の十勝共同乳業を、なんとしても実現したいと、訴えました。

 

申請には、満場一致の同意が必要です。

 

しかし、一人の組合長が、反対しました。

 

国が妨害すると言うことは、無謀な計画だからと考えたからです。

 

さらに、工場が失敗したら、十勝の農民は苦境に落とされると、心配します。

 

田辺や剛男、さらに夕見子も、工場の必要性を説きました。

 

その時、柴田牧場で働く菊介(音尾 琢真)が、発言しました。

 

その工場は、他の乳業メーカーよりも、美味しいバターが作れる。

 

俺らの手で、もっと美味しいバターを作ろうとしているだけだ。

 

人に喜んでもらうことをするのに、なぜ迷うことがあるのか。

 

俺たちは、開拓者の2世か3世だ。

 

父親のように荒地を開拓した誇りはないが、俺たちにとって開拓できることは、まだまだある。

 

俺らの絞った牛乳が、人に感動を与えるものになるなら、こんな嬉しいことはない。

 

どうか、その工場を俺らに作ってください。

 

俺らに、牛飼いの喜びを作らせてください。

 

 

工場設置届けが受理される

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

菊介の訴えに、坂場は感動して、涙を流しました。

 

賛成!工場を作れ!と、天陽が発言しました。

 

すると、菊介の意見に賛同した皆が、工場を作れと、声を上げました。

 

剛男は、再度賛成の決を採りました。

 

今度は、全員賛成となりました。

 

反対していた組合長は、全員で申請に行こうと、提案しました。

 

菊介の話しに感動した天陽の父・正治(戸次 重幸)は、農民も一緒に行こうと、言いました。

 

そして、全員で十勝市庁の庁舎へ行きました。

 

庁舎には、有見子が知らせた、新聞記者やテレビ・カメラが、集まっていました。

 

報道関係の中には、信哉(工藤 阿須加)の姿もありました。

 

田辺は、十勝市庁長の大清水 洋(森崎 博之長)に、工場設置届けを提出しました。

 

付き添って来た皆は、十勝の酪農を守れ!北海層の牛乳を守れ!と、叫びました。

 

私も道産子だ。十勝や北海道を守る気持ちは、あなた方にも負けない!

 

私が必ず、酪農王国にしてみせます!

 

みなさん、どうか頑張ってください。と、大清水も叫びました。

 

庁舎は、拍手で包まれました。

 

なつぞら 111話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 111話あらすじ感想のまとめです。

 

十勝に酪農家による工場が出来ますね。

 

申請には、全員一致の賛成が、必要でした。

 

しかし、失敗を恐れた一人の組合長が、反対しました。

 

結局、戸村 菊介の感動する演説で、その組合長も納得しました。

 

菊介は、なぜ素晴らしい演説が出来たのか、自分でも不思議でした。

 

それは、坂場が戸村親子の仕事見て感動し、難しい言葉で評価したことが、原因でした。

 

菊介は、その時、坂場が何を言っているか分かりませんでした。

 

しかし、要点だけは、頭に残っていたのです。

 

とにかく、菊介のお陰で申請できたことは、間違いないですね。

 

RECOMMEND
人気記事