なつぞら 153話あらすじです。

 

「大草原の少女ソラ」の最終回が、無事放送されました。

 

マコプロで、完成記念のパーティが開催されました。

 

そこに、スポンサーのミルコス社長が、出席しました。

 

社長は、今回の作品を評価し、次回作もお願いしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第153話 大草原の少女ソラ、完成記念パーティ

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

ミルコスまんが劇場「大草原の少女ソラ」の最終回の放送が、始りました。

 

成長したレイが、ソラの元に帰って来ます。

 

ソラは、牛飼いをしています。

 

二人は、長い時を経て、再び再会を果たしました。

 

レイは、獣医になりました。

 

でも、ここから本当の夢を叶えていいきす。

 

これから始るのです。

 

そして、マコプロで、「大草原の少女ソラ」完成祝いが、開催されました。

 

ミルコス社長の松武 博(大泉 洋)も出席しました。

 

この作品を、誇りに思っていますと、松武が挨拶をしました。

 

松武の祖父は、明治時代に北海道へ入植した、開拓者でした。

 

開拓者精神を受け継いで、松武の父が、ミルコスを創業しました。

 

松武は、また次の作品を麻子に依頼しました。

 

多くの人のお陰で、この作品は、大成功した。

 

と、麻子は、皆に感謝をしました。

 

坂場は、この作品は、偉業だと松武から褒められました。

 

坂場は、開拓精神は、作品を作る基本だと思っています。

 

開拓精神を貫いた、スタッフ全員に、坂場が感謝しました。

 

なつが紹介されると、松武は、会いたかったよと、握手をしました。

 

ここの皆がいたので、今作品が生まれた。

 

皆に出会え幸せだ。

 

私はただ、目の前にある動画用紙を耕しただけだ。

 

その力を、皆が与えてくれました。と、なつが感謝をしました。

 

そして、なつが、乾杯の音頭を取りました。

 

なつは、「全ての開拓者に乾杯!」と、声を上げました。

 

 

亜矢実、新宿に戻ってくる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

それから、皆が感想と抱負や発表しました。

 

派手なアクションを思いっきり描きたいという欲求不満が、溜まっている。

 

次は、この不満を爆発させたい。と言うう下山(川島 明)です。

 

アニメーションって、難しいけど面白い。

 

子供と一緒に、まだまだ成長して行きたい。と、茜(渡辺 麻友)が、続きます。

 

やっと、この仕事に誇りが持てるようになった。

 

この作品を、弟の天陽に捧げます。と、陽平(犬飼 貴丈)が、述べました。

 

いつか、大いなる予算と人材を備えた、我らの砦を築こう。

 

そしたらモモッチ、ずっと傍にいてくれ。と、神地(染谷 将太)のプロポーズ。

 

私は、色指定に一生を捧げる。

 

神地と一緒なら。と、返事する桃代(伊原 六花)です。

 

すると、「おめでとう!」と、拍手が沸き上がり、全員が二人を祝福しました。

 

神地と桃代は、「大草原の少女ソラ」の主題歌に合わせて、幸せそうにダンスを披露しました。

 

一方、富士子は、なつの仕事が、無事に完成したので、北海道に戻りました。

 

次の日、なつは咲太郎に呼び出されて、千遥の店へ行きました。

 

そこには、懐かしい亜矢実がいました。

 

亜矢実は、新宿御苑の近くで、おでん屋を再開します。

 

亜矢実は、千遥の料理を絶賛しました。

 

千遥は、ダシが違うのではと、言いました。

 

日本料理は、ダシが命だと、親方から叩き込まれました。

 

一番だしだけでなく、その後に、手間暇をかけて二番だしをとることが大事です。

 

それは、二番煎じではありません。

 

二番煎じだと、味が薄くなるだけです。

 

二番だしは、だしがらを煮詰めて、材料も足すので、コクと風味が出ます。

 

言ってみれば、私たいのようなもので、人生の二番だし。

 

人生を一生懸命生きていく中で、コクと風味の二番だしになる。

 

でも、一番だしの本当の家族のことは、決して忘れない。

 

と、亜矢実が言いました。

 

一番だしがあって、二番だしがある。

 

だから、深い旨みが出るのです。

 

そして、夏休みなりました。

 

なつ達は、十勝へやって来ました。

 

千遥は、懐かしいと思いました。

 

その風景は、記憶の中にある十勝と同じでした。

 

なつぞら 153話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 153話あらすじ感想のまとめです。

 

「大草原の少女ソラ」が、完結しましたね。

 

最後の大事件も、無事に乗り越えたようです。

 

ミルコスの社長も登場して、チームナックスも揃いました。

 

次回作も依頼されましたが、朝ドラが終わるので、この話もなしです。

 

また、モモッチのダンスも見事でしたね。

 

何しろ、登美丘高校ダンス部のキャプテンですから。

 

そして、亜矢実も無事に、新宿に戻りました。

 

だんだん、終着の準備が整って来ました。

 

なつも十勝に戻り、いよいよ仕上げ間近ですね。

 

RECOMMEND
人気記事