なつぞら 144話あらすじです。

 

テレビアニメ第1話の放送が、スタートしました。

 

優も柴田家も評判は上々です。

 

しかし、視聴率は上がらず、テレビ局の評価は、良くありません。

 

マコプロでは、めげずに続けることで、思いが一致しました。

 

それから一ヵ月後、思いもよらない出来事が、起こりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第144話 テレビアニメ第1話が始る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

 

「ミルコスまんが広場」で、なつ達の「大草原の少女ソラ」の放送が始りました。

 

なつは、坂場や優と、家のテレビで第1話を観ます。

 

煙 カスミの歌う主題化が、流れ出しました。

 

十勝では、柴田家の家族が、全員揃って観ています。

 

帯広の雪月でも、小畑家の家族に混じり、亜矢実も観ています。

 

第1話のタイトルは、「あたらしい家族」です。

 

「ソラの一家が、馬車に乗って、新天地を目指しています。

 

すると、ソラが、川で倒れている少年を見つけました。

 

少年の傍では、リスが鳴いて、助けを求めています。

 

少年の名前は、レイです。親は、洪水で流されていました。

 

ソラの父親が、新しい土地へ一緒に行こうと、レイに言いました。

 

レイは、行く場所なんて、どこにもないんだと、叫びました。

 

レイの両親は、もういません。

 

僕の気持ちなんて、ソラには分からないと、レイが言いました。

 

レイが生きていて、本当に良かった。

 

レイの気持ちは分からないけど、レイが悲しいことだけは、ソラにも分かりました。

 

それだけじゃ、いけないのと、ソラが言いました。

 

その時、野良犬に追いかけられた牛が、ソラとレイに向って来ました。

 

二人は、懸命に走って逃げます。

 

ソラが、牛の前に立ちはだかり、牛を止め、宥めました。

 

その間に、レイが野良犬を追い払いました。

 

牛が、お礼に、レイの顔を舐めました。

 

ソラが笑うと、レイも笑い出しました。」

 

泰樹は、牛に舐められて驚くレイを見て、大笑いしました。

 

仲(井浦 新)も、家でなつ達のテレビアニメを観ていました。

 

なつと坂場は、テレビを見終わった優の感想が、気になりました。

 

面白かった。レイも家族になるといいね。と言う優に、二人は、安心しました。

 

なつの家に、テレビを見終わった富士子が、電話をかけて来ました。

 

面白かったし、泰樹も喜んで見ていたと聞いて、なつはホッとしました。

 

 

「大草原の少女ソラ」の評判が上がる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

翌日、麻子は、落ち込んだ様子で、会社に戻って来ました。

 

第1話の視聴率は、あまり良くありませんでした。

 

内容的には、スポンサーも納得してくれました。

 

ただ、話が地味過ぎたと言われました。

 

テレビ局では、あれで当たるなら、誰も苦労はしないと、言う人もいました。

 

その後も、視聴率は、あまり上がりませんでした。

 

放送から1ヶ月が過ぎ、打ち切りの話が出かかった頃、思いもよらない事が起こりました。

 

その日、麻子は元気良くテレビ局から戻って来ました。

 

視聴者からの、多くの手紙が寄せられたのです。

 

子供と一緒に、楽しく観ています。

 

子供に、こういうものを見せたかった。

 

と、言う手紙でイッパイでした。

 

新し物を作っているので、気付かれるまでに、時間はかかります。

 

みんなで頑張って続けようと、メンバーは喜びました。

 

麻子は、プロデューサーと動画チェックは続けられないので、新しいメンバーを追加しました。

 

茜(渡辺 麻友)です。

 

昔の仲間の復帰に、メンバーは、大歓迎しました。

 

こうして仲間も増えて、1週間に1本の忙しい制作の日々が続きました。

 

ある日曜日です。

 

その日も、休まずに仕事をしていました。

 

麻子は、優をマコプロの外で、遊んでげていました。

 

その時、一人の少女が現れました。

 

少女は、ソラが大好きで、マコプロを見に来たのでした。

 

麻子は嬉しくなり、少女を中に案内しました。

 

麻子は、ソラと妹を描いたセル画を、少女にプレゼントしました。

 

少女は、母親と来ました。

 

母親は、外の道で待っています。

 

少女の名前は、杉山 千夏(粟野 咲莉)でした。

 

なつは、少女の名前を聞いて、何かを感じました。

 

帰っていく千夏を追いかけて、なつも外へ出ました。

 

家の角から、母親が、千夏に手を出すのが見えました。

 

なつは、母子を追いかけます。

 

「千遥!」

 

と、なつが呼びかけました。

 

少女の母親が、振り向きました。

 

なつぞら 144話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 144話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達のテレビアニメが、始りましたね。

 

最初は、視聴率も上がらず、テレビ局内でも嫌味を言われました。

 

でも、母親が、安心して子供に見せられるアニメとして、徐々に評判が上がりました。

 

日常生活をテーマに描いているので、インパクトはなく、すぐには注目されません。

 

続けることで、評価を得て来ましたね。

 

そこで、千夏もマコプロまで行きたくなったのでしょう。

 

この千夏ちゃん、かつての「なつ」です。

 

演じるのは、粟野 咲莉さんで、なつの子役でした。

 

まあ、千遥の娘ですから、なつに似ていても可笑しくはありません。

 

演出家の意図は分かりませんが、「なつロス」をカバーしたのかもしれません。

 

さて、再会を果たした、なつと千遥。

 

最終週に向って、どう落ち着くのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事