なつぞら あらすじ第79話です。

 

なつは、麻子と共に、短編映画の原画を、任されます。

 

演出の坂場もメンバーにな加わりました。

 

そんな時、十勝の柴田家に、若い女性が現れました。

 

隠れるように、家の様子を見ています。

 

柴田家に現れた女性は、なつの妹の千遥でした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第79話 なつと麻子、短編映画を任される

なつぞら なつ、短編映画を任される引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和34年(1959年)5月、なつは、東洋動画に入社して約3年になりました。

 

なつは、2本の漫画映画で、動画を描きました。

 

ある日、下山が、なつと麻子を呼びました。

 

大事な話があると、言います。

 

連れて行かれた会議室には、仲と井戸原が待っていました。

 

仲が、短編映画をつくる計画がると話します。

 

若手の育成を兼ねて、20分ほどの作品を作ります。

 

そこで、麻子に原画を任せたい。

 

同時に、なつにも描いて欲しいと、言いました。

 

仲は、女性のアニメーターで、最初に原画を描くのは、麻子だと思っていました。

 

しかし、なつの力も試してみたくなりました。

 

そこで、2人に短編映画をやって欲しいと、仲が言いました。

 

題材も2人で決めます。

 

さらに、演出部からも一人が、参加します。

 

それは、坂場でした。

 

企画、構成、演出を3人で進めることになります。

 

さっそく、3人で企画を話し合いました。

 

坂場は、原作のあるものを選んだほうがいいと、言います。

 

求められているのは、話を作る能力ではなく、話を表現する能力だと、坂場が言います。

 

だから、各自でやりたいものを見つけて、それから話し合おうと、坂場が提案しました。

 

そして、明日までに探そうと言って、坂場は去っていきました。

 

麻子は、一人で決めてしまって、一緒にやっていく自信はあるのと、なつに聞きました。

 

なつは、とにかく頑張りましょうと、やる気を出しました。

 

その頃、十勝の柴田牧場に、若い女性が一人でやって来ました。

 

人に見つからないよう、家に近づいて行きます。

 

富士子(松嶋 菜々子)と砂良(北乃 きい)が、話しています。

 

そこへ照男(清原 翔)が、やって来ました。

 

すると、突然、物音がしました。

 

怪しんだ照男が行くと、物陰に若い女性が立っていました。

 

 

柴田家に千遥が現れる

なつぞら 千遥、柴田家に現れる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

あのう、すみません。と、女性が言います。

 

やって来た砂良を見て、「お姉ちゃん?」と、言いました。

 

砂良が、エッと言聞き返します。

 

なんでもありません。道に迷っただけです。と、女性が言いました。

 

立ち去ろうとする女性を、富士子が引き止めます。

 

あなた、もしかして千遥ちゃん?と、言いました。

 

あなた、なっちゃんの妹?と、砂良が聞きます。

 

あなたをずっと待っていたの。あなたが、千遥ちゃん?と富士子が、言いました。

 

すると、女性は、黙って頷きました。

 

照男は、泰樹(草刈 正雄)に、急いで知らせに行きます。

 

千遥(清原 果耶)は、家に上がり、なつが好きだった牛乳を飲みました。

 

千遥は、十勝で育ったなつのことや、東京で漫画映画を作っていることを聞かされました。

 

泰樹もやって来て、なつに早く知らせてやれと、言いました。

 

千遥は、なつには知らせないでと頼みます。

 

なつが、無事だと分かれば、それでいい。会いたくないと、言いました。

 

富士子は、どうしてかと聞きます。

 

しかし、泰樹は、話したくないこともあるから、もう聞かなくていい。

 

来てくれただけで十分だと、言いました。

 

ここは、なつの家だ。妹の千遥の家でもある。好きにしていればいいと、泰樹が言いました。

 

千遥、そんな泰樹を見つめていました。

 

一方、なつは、短編映画の企画を考えています。

 

その時、なつに十勝から電話だと、知らせがありました。

 

なつは、慌てて事務所に向かいます。

 

富士子は、千遥が家に来たことを知らせました。

 

なつぞら あらすじ第79話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第79話の感想まとめです。

 

とうとう、なつが待っていた千遥が、現れましたね。

 

でも、何か大きな拘りがある様子です。

 

堂々と、柴田家を訪問したのではなく、コソコソと隠れるようにしていました。

 

結局、見つかりますが、どうやら、なつの姿だけを見に来たようです。

 

なつの様子を見たら、だまって帰るつもりのようでした。

 

さらに、なつには会いたくないとも言いました。

 

泰樹は、千遥の様子を見て、複雑な事情を感じたようです。

 

なつにも咲太郎にも、いろんなことがありました。

 

当然、千遥にも人に話したくない暮らしがあったのでしょう。

 

なつは、いつか、千遥が会いに来てくれると、待っていました。

 

なつは、千遥に会う願いがっ叶うのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事