なつぞら 119話あらすじです。

 

なつの家に、下山、茜、神地が、突然やって来ました。

 

茜の産休で、社員から契約にすると、言い渡されました。

 

茜は、仕事を辞める決意をしました。

 

その後、なつは体調を崩し、病院で診察を受けました。

 

そして、意外な診断結果が伝えられました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第119話 茜、出産で退職する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

亜矢実が、突然いなくなりました。

 

咲太郎には、光子が付いているので、亜矢実も安心して旅立ったのだと、なつは思いました。

 

亜矢実は、新しい自分と出会うために、新天地に出かけたのだと、なつは信じました。

 

そんな時、なつと坂場の家に、下山夫妻と神地が、訪ねてきました。

 

茜は、明日から産休を取るので、上司に挨拶に行きました。

 

すると、山川社長(古屋 隆太)が、産休明けからは、契約にすると言いました。

 

茜は、社員ではなくなります。

 

だから、給料ではなく、作画1枚に付き料金が支払われれます。

 

その方が、出勤時間は自由になるし、頑張れば給料よりも収入が増えると、山川が言いました。

 

神地は、実質クビだと、怒ります。

 

茜は、原画にもなれたが、仕事は辞めると言いました。

 

茜の場合は、入社時に、子供が出来たら退職するという誓約書を、書かされていました。

 

アニメーションの地位を上げないといけないと、神地が力説しました。

 

なつは、自分が作ったテレビ漫画「魔法少女アニー」を見ながら、人間は、魔法を使えないのだと、思いました。

 

茜に代わって原画に入った堀内は、仕上課の女性と結婚しました。

 

彼女は、結婚したら仕事は辞めると決めていたので、何の問題もありませんでした。

 

 

なつ、笑って母になる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

それから、茜は、可愛い女の子を出産しました。

 

生まれたばかりの赤ちゃんを見て、なつは、可愛いと思いました。

 

赤ちゃんの名前は、「明子(めいこ)」です。

 

茜は、もう仕事に復帰することをかんがえていません。

 

仕事を辞めて、本当に良かったと思っています。

 

今は、可愛い子供を置いて、仕事に行くなど、とても考えられませんせんでした。

 

それから、1月が経ち、秋も深まって来ました。

 

なつは、仕事中に、気分が悪くなりました。

 

そして、貧血で倒れます。

 

なつは、心配になり、病院で診察を受けました。

 

そして、沈痛な面持ちで、家に帰りました。

 

いつもより早い、なつの帰宅に、坂場が心配をします。

 

なつは、妊娠したことを伝えました。

 

坂場は、突然の話しに驚きながらも「よかった。」と、喜びました。

 

なつは、医者から伝えられた時は嬉しかったが、どするのか考えてしまいました。

 

なつは、仕事を辞めるワケにはいきませんし、辞めたくもありません。

 

坂場は、なつに言いました。

 

子供が出来た以上は、産まないと言う選択肢はない。

 

産むと覚悟を決めて、仕事のことを一緒に考えよう。

 

僕は、幸い家で働いているので、なつを支えることが出来る。

 

契約になっても、仕事を続けたいだけ、続ければいい。

 

それで、なつの仕事を会社が認めれば、他の女性も働き易くなる。

 

子供を育てながらアニメーターを続ければ、女性の働く道が出来る。

 

君が、その道を作るんだ。

 

そういう開拓精神が、なつには、ある筈だ。

 

一緒に頑張ろう。

 

と、坂場が、励ましました。

 

じゃあ、喜んでいいんだね。ありがとう。と、なつが言いました。

 

なつぞら 119話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 119話あらすじ感想のまとめです。

 

なつが、妊娠しましたね。

 

ムカつく様子を見て、すぐに分かりました。

 

しかし、当時の世の中は、子育てしながら、女性が働く環境ではなかったのです。

 

今では、子供が出来て、辞めろと言ったら、大問題になります。

 

しかし、なつの時代は、まだ相当の逆風がありました。

 

坂場が協力すると言いますが、なつは、どう道を開拓するのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事