なつぞら 139話あらすじです。

 

なつは、18年間働いた職場を去る日がやって来ました。

 

アニメーターの仲間や会社の人々にお別れを言い、去って行きました。

 

そして、マコプロでの活動が始ります。

 

なつは、キャラクタデザインと作画監督の担当です。

 

そして、懐かしい人が、美術監督として参加しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第139話 なつ、会社と仲間にお別れする

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和49年(1974年)3月、なつは、18年務めた東洋動画スタジオを退職します。

 

なつは、自分の持ち物を片付けました。

 

なつは、仲間と共に制作したアニメーションの数々を、走馬灯のように思い出しました。

 

なっちゃん、これからも頑張れよと、声援を受けます。

 

寂しくしていた荒井(橋本 さとし)は、これで定年となります。

 

なつと一緒に仕事ができて、楽しかったと、ポケットから、荒井得意のアメを取り出し、餞別にしました。

 

それから、なつは、社長室に向かいました。

 

社長部屋には、幹部たちが待っていました。

 

佐藤部長(橋本 じゅん)が、なつの辞職は、会社にとって大変な痛手です。と、言いました。

 

ただ、なつに対する敬意は、変わりません。と、手を差し出しました。

 

井戸原(小手 伸也)は、東洋動画出身のアニメーターであることを、忘れないで欲しいと、言いました。

 

仲(井浦 新)は、この世界に誘って、よかったんだよね?と尋ねました。

 

仲さんと出会えなかったら、私は、私になれませんでした。と、なつが感謝をしました。

 

山川社長(古屋 隆太)は、なつの多大なる貢献に、感謝を伝えました。

 

ご恩は、一生忘れませんと、なつは、お礼を述べました。

 

なつは、懐かしい仕事場に別れを告げ、退社しました。

 

その夜は、坂場も早目に帰宅して、三人でシチューを食べました。

 

坂場が、長い間ご苦労様でしたと、なつの労をねぎらいました。

 

なつにとって、東洋動画に入社できたことが、どれだけ幸せだったかと、思いました。

 

なつも優も、幸せを感じました。

 

坂場は、なつと優が幸せなら、それで幸せでした。

 

すると、優が、自分の幸せあは、自分で決めなさいと、坂場に注意しました。

 

 

マコプロでの仕事が始まる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、マコプロダクションに入社しました。

 

懐かしい仲間と再会し、新しい企画が始りました。

 

タイトルは、「大草原の少女ソラ」です。

 

ソラは、主人公の名前です。

 

開拓者一家の娘の目を通して、物語を描きます。

 

和風でもあり洋風でもある、親しみやすい名前になりました。

 

大正から昭和にかけての時代です。

 

舞台は、日本の北海道です。

 

しかし、作品自体は、どこの国で見ても、リアリティを感じられる、開拓者の日常を描きます。

 

スポンサーは、1社提供で、会社名の冠がついた「ミルコスまんが広場」です。

 

放送時間は、日曜日の夜のゴールデンタイムです。

 

ミルコスの社長は、北海道の開拓者の生まれです。

 

それが決め手となって、テレビ局を説得できました。

 

この企画は、マコプロが独自に制作するテレビ漫画の第1作目となります。

 

だから、絶対に失敗はできません。

 

放送は、半年後の10月から、9ヶ月の予定です。

 

視聴率が悪ければ、途中で打ち切られます。

 

演出は、すべて坂場がやります。

 

なつは、全てのキャラクタデザインと、作画監督です。

 

桃代(伊原 六花)は、色指定と仕上げの検査です。

 

美術監督は、陽平(犬飼 貴丈)です。

 

陽平は、引き抜きではなく、自分の意志で転社を決めました。

 

陽平は、背景画を持ってきました。

 

記憶の中の風景を描いたと言いましたが、テレビ漫画とは思えない、素晴らしい絵でした。

 

ここまで十勝の空気を絵に出来るのは、陽平しかいませんでした。

 

坂場が、北海道へロケハンに行くことを提案しました。

 

麻子は、そんな予算はないので困りました。

 

なつは、いいことを思い付きました。

 

十勝なら、交通費だけで何とかなりそうです。

 

そして、なつ達は、開拓者家族の取材をするため、十勝にやって来ました。

 

ここから、また、新しいなつが、始ります。

 

なつぞら 139話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 139話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、18年間過ごした東洋動画を去る日が、来ましたね。

 

慣れ親しんだ職場や仲間と、お別れしました。

 

佐藤部長との別れのシーンは、凄かったです。

 

部長が出した手を、なつが握ろうとすると、部長のパンチが飛んできます。

 

それを避けて、なつが反撃します。

 

佐藤部長は、格闘技が好きでした。

 

でも、なつは、と言うか、広瀬 すずさんは、見事な技でした。

 

ウッチャンが、テレビで、広瀬 すずさんのセリフ覚えは完璧、と言っていました。

 

格闘技までこなすとは、さすが大女優ですね。

 

さて、マコプロ一行は、十勝へロケハンに行き、制作が始りました。

 

視聴率の取れる作品が出来るといいですね。

 

RECOMMEND
人気記事