なつぞら 120話あらすじです。

 

なつは、会社で妊娠したことを明かしました。

 

なつは、産休明けも社員として仕事とを続けたいと思っています。

 

なつは、仲や神地らアニメーター全員で、社長室に行きました。

 

なつが、妊娠を報告すると、社長が意外なことを言いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第120話 なつ、妊娠を仲間に明かす

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつに、赤ちゃんが出来ました。

 

なつは、仕事を続けたいと思っています。

 

坂場は、契約になっても、仕事を続けていいと言いました。

 

そして、子供を育てながら、アニメーターを続け、、他の女性のために道を作るんだと、なつを励ましました。

 

次の日、なつは会社に行きました。

 

なつは、下山と神地に、妊娠3ヶ月であることを打ち明けました。

 

会社には、契約になっても、仕事を辞めないと、話すつもりです。

 

神地は、みんなで話しに行こうと、立ち上がりました。

 

神地は、なつに子供が出来たことを、仲に告げました。

 

下山も、作画課のみんなに、なつの妊娠を知らせ、みんなで祝福しました。

 

神地は、なつの事情を皆に語りました。

 

坂場は、定職に就いていないし、なつは契約になっても、仕事は辞める気はない。

 

これは、アニメーターの存在価値が問われている。

 

なつの代わりを出来る人は、いない。

 

今、なつを守るのは、俺たちアニメーター仲間だ!

 

と、神地が叫びました。

 

なつは、このまま社員で仕事を続けたいと、思っています。

 

そして、他の女性社員のためにも、そのような道を作りたいと、話しました。

 

なつは、みんなと共に、社長室に行きました。

 

山川社長は、なつが大勢の社員と共に、入ってきたことに、驚きました。

 

 

なつ、産休明けに作画監督となる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、山川社長に、子供が出来たことを報告しました。

 

神地が、産休明けには、契約にしないで欲しいと、訴えました。

 

山川社長は、一体君は何なんだ。これは、組合のデモじゃないかと、言いました。

 

井戸原が、これは、組合を超えた、個人的な支援であると説明しました。

 

仲は、一アニメーターとして、なつの意志を尊重する。なつを契約にするなら、我々全員を、契約にして欲しいと、言いました。

 

山川社長は、契約は意地悪ではなく、働き易いと思うから提案していると、説明します。

 

赤ちゃんを育てれば、長い時間働けないし、周りに迷惑もかかる。

 

契約にすれば、時間が自由になり、楽になると、説得しました。

 

なつは、山川社長の意見に、反対しました。

 

自分は、楽がしたい訳ではない。お金が欲しい訳でもない。

 

仕事で、もっともっと成長して行きたい。いい作品を作りたい。

 

どうしてそれが、子供が出来ると出来ないのか。

 

今まで当たり前だと思っていたことを、会社から望まれなくなることが、一番苦しい。

 

山川社長は、現実問題として、期待には応えられないだろうと、言いました。

 

実は、なつに、次の作品で、女性初の作画監督を予定していました。

 

「ぜひ、やらせて下さい。やって見せます。」と、なつがお願いしました。

 

山川社長は、なつの意志を尊重して、引き続き社員として頑張ってほしいと、承諾しました。

 

その場で、一斉に拍手が挙がりました。

 

なつは、坂場に電話して、今まで通り産休明けも働けるようになったことを報告しました。

 

作画監督の話は、家に帰ってから、坂場に直接報告することにしました。

 

なつは、お腹に手を当てて、「お母さん頑張るぞ。」と、つぶやきました。

 

なつぞら 120話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 120話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、産休明けの働き方を会社に訴えましたね。

 

ところが、意外な話を社長がしました。

 

なんと、なつに、女性初の作画監督を計画していたのです。

 

これには、なつも仲間もビックリです。

 

なつは、やらせて下さいと、社長にお願いしました。

 

作画監督は、作画全体の責任を持ち、演出に近い責任も持ちます。

 

だから、作画監督は、激務です。

 

坂場も支援しますが、実際どこまでやれるのか、不透明ですね。

 

なつは、女性初の原画担当もしましたし、開拓者精神で、新たな道を拓くことが出来るでしょうか。

 

次週に期待します。

 

RECOMMEND
人気記事