なつぞら 156話あらすじです。

 

なつは、泰樹と天陽の畑の収穫を手伝いました。

 

泰樹は、なつに、良くやったと、今までの努力を認めました。

 

なつは、大好きだよと、感謝をしました。

 

そして、なつは、坂場、優と共に、また、未来に向って、歩き始めました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第156話 なつと泰樹、語り合う

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと泰樹は、嵐の被害にあった、天陽の畑の手伝いに行きました。

 

ジャガイモを収穫しながら、泰樹が語ります。

 

なつ、わしが亡くなっても、悲しむ必要はない。

 

天陽と同じで、わしの魂も、この大地に染み込ませておく。

 

寂しくなったら、いつでも帰って来い。

 

お前が大地を踏みしめて歩いていけば、それでいい。

 

わしは、もう、お前の中に生きている。

 

それで、充分じゃ。

 

しかし、良くやったな、なつ。

 

お前は、よく東京を耕した。

 

なつは、東京に出かける時、東京を開拓して来いと、泰樹に言われました。

 

わしは、いつでも、お前と共におる。

 

そう言って、泰樹は微笑みました。

 

爺ちゃん、大好き。と、なつが、言いました。

 

突然のなつの言葉に驚き、泰樹は、バランスを崩し転びました。

 

畑で仰向けになった泰樹を見て、なつが駆け寄りました。

 

泰樹が無事なのを知り、なつも泰樹の横で仰向けになり、二人で大笑いしました。

 

柴田家では、坂場に東京から電話がありました。

 

麻子が、次回作の企画を伝えました。

 

前作と同じ時間、同じ枠で、エドモンドデ・アミーチスの「母をたずねて三千里」が、原作です。

 

麻子は、坂場と早く相談をしたいと、意向を伝えました。

 

坂場は、なつと相談をして、なるべく早く帰ると答えました。

 

坂場は、仕事に早く戻りたいと思いました。

 

一方、照男は、砂良とアイスクリーム屋を片付けています。

 

照男は、牛舎の建て替えは、早いと考えました。

 

また、ここからやり直すのが、先決でした。

 

砂良も、アイスクリーム屋は、やり直すことにしました。

 

その時は、ちゃんと宣伝も考えて進めるつもりです。

 

次の日、千遥と千夏は、一足先に東京へ戻ります。

 

柴田家の人々は、毎年夏休みに、十勝へ帰って来いと、言いました。

 

泰樹は、気をつけてなと、声をかけました。

 

千遥と千夏は、夕見子の車で、空港まで送ってもらい、東京へ帰りました。

 

 

なつ、坂場、優とともに歩き始める

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎のプロダクションでは、忙しい日が続いていました。

 

やがて、アニメや声優がブームとなり、多くのスターが生まれていきます。

 

この日も、新しい仕事が決まりました。

 

魔女と手下が二人、ドロボウの一味です。

 

新しい仕事も決まったので、亜矢実のおでん屋で、お祝いをすることになりました。

 

十勝では、なつと坂場と優が、夏空の下の草原を歩いています。

 

坂場が、いつか、なつ達兄妹の戦争を描いてみたいと、言いました。

 

過酷な運命に、負けずに生きる子供達をアニメーションで、リアルに描くことに、挑戦したいのです。

 

なつと坂場は、それから12年後に、その夢を実現させます。

 

ここから、また、始るんだね。

 

私達の開拓が。

 

と、なつは、坂場に言いました。

 

その頃、泰樹は、草原に寝転び、気持ちよさそうに、夏空を眺めていました。

 

私達も、また、何もない道を歩いて行きたい。と、なつが、言います。

 

君と出会っていなければ、僕の未来はきっと、つまらないに違いない。

 

私もきっと、あなたと出会っていなかったら、今もこんなに面白くなかったと思う。

 

なつと優と、家族になれて良かった。

 

これからも、1コマ1コマ、アニメーションのように、家族の夢を描いていきましょ。

 

また、大変なことが、待っているかもしれないな。

 

それでも、また始めましょ。

 

親子三人で、手を繋いで、大草原を歩き始めました。

 

日本のアニメーションが、世界に誇れるほど、大きく成長していくのは、これからなのです。

 

その未来に向って、なつは歩き始めました。

 

なつぞら 156話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 156話あらすじ感想のまとめです。

 

朝ドラ100作目の「なつぞら」が、最終回となりました。

 

なつ達の開拓があって、日本のアニメーションは、世界に誇れる文化となりました。

 

現在の豊かさが、先人達の開拓の結果であることに、感謝をします。

 

今を生きる私達も、同じように、未来に何かを残して生きたいものです。

 

最終回まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

心より感謝いたします。

 

RECOMMEND
人気記事