なつぞら 121話あらすじです。

 

なつは、咲太郎の「風車プロダクション」で、子供が出来たことを報告しました。

 

さらに、柴田家に電話をし、妊娠したことを伝えました。

 

なつは、富士子と話しをすると、怖さと不安の本音が出ました。

 

こんな時こそ、富士子に会いたいと、なつは思いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第121話 なつ、妊娠を咲太郎や富士子に連絡

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、妊娠しました。

 

なつは、産休明けも仕事を続けたいと思っています。

 

坂場は、一緒に頑張ろうと、言ってくれました。

 

なつは、坂場や会社のアニメーター仲間の後押しもあって、これまで通り働けることになりました。

 

なつは、咲太郎の会社「風車プロダクション」に、行きました。

 

そして、咲太郎や光子に、子供が出来たことを報告しました。

 

今は、妊娠3ヶ月なので、出産予定、は来年の5月か6月になります。

 

なつは、坂場も協力してくれるので、仕事は続けられると、伝えました。

 

咲太郎は、なつに子供が出来ることを聞いて、大喜びしました。

 

それから、なつは、北海道の柴田家に電話をし、妊娠したことを告げました。

 

なつは、富士子に合いたいと、言いました。

 

本当は、少し怖くて不安なのです。

 

富士子は、急いで泰樹に知らせました。

 

泰樹のひ孫が、また一人増えます。

 

泰樹は、黙って喜びを噛み締めました。

 

 

麻子、帰国して漫画映画を始める

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

坂場は、富士子が傍にいたら、なつも安心だろうなと思いました。

 

しかし、なつは、出産ギリギリまで仕事があります。

 

東京で頑張るしかないのです。

 

なつは、作画監督を頼まれたことを、坂場に伝えました。

 

子供を育てながら、作画監督の激務をこなすことになります。

 

なつは、やりたいと、坂場に言いました。

 

なら、やるしかないだろう。

 

家で子育てをするのは、女だけではないんだ。

 

二人で、逃げ切ろうと、坂場が応援しました。

 

それから、数ヶ月が経ちました。

 

なつのお腹も、だんだん大きくなりました。

 

下山が、あの人が戻ってきたと、なつに教えました。

 

麻子が、イタリアから帰って来て、アニメーションに戻って来ました。

 

その日の帰宅後、なつは坂場に麻子の情報を伝えました。

 

その時、玄関に人が訪ねてきました。

 

まさかと思い、玄関を開けると、麻子が立っていました。

 

麻子は、坂場の作った晩御飯を食べながら、話をしました。

 

麻子は、坂場のアニメ映画「神をつかんだ少年クリフ」に、感動しました。

 

だから、また漫画映画をやりたいと、思いました。

 

それで、今日は、坂場を誘いに来ました。

 

麻子は、また、アニメーションを作る気はないかと、坂場に尋ねました。

 

なつぞら 121話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 121話あらすじ感想のまとめです。

 

なんと、麻子が、いきなり戻って来ましたね。

 

そして、また漫画映画を始めるといいました。

 

坂場にも、一緒にやらないかと誘います。

 

坂場は、なつを支えると言ったばかりです。

 

さて、坂場は、麻子の誘いを受けるのでしょうか。

 

麻子が、漫画映画を始めると言ったように、当時、漫画映画の制作が増えていました。

 

咲太郎も、関東テレビ系列の、関東プロダクションのアフレコが、決まりました。

 

そして、テレビ漫画「バケモノくん」に声優を出演出させます。

 

麻子もこの波に乗って、漫画映画を制作するのですね。

 

RECOMMEND
人気記事