なつぞら 122話あらすじです。

 

麻子が、なつと坂場に会いに来ました。

 

麻子は、帰国してプロダクションを設立しました。

 

坂場に、演出をして欲しいと誘います。

 

しかし、赤ちゃんは1歳にならないと、保育園も見つかりません。

 

坂場は、麻子への返事が出来ず、黙ってしまいました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第122話 麻子、坂場を演出に誘う

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと坂場の前に、麻子(貫地谷 しほり)が、突然現れました。

 

そして、坂場を誘いに来たと、言いました。

 

麻子は、アニメーション制作会社を設立しました。

 

そこに、下山も参加することになっています。

 

まず、テレビ漫画を制作します。

 

そこで、坂場に演出家として、参加して欲しいのです。

 

坂場は、返答に困り、黙ってしまいました。

 

なつが、また麻子と一緒にアニメーションを作れるなんて、こんな良い話はないと、言いました。

 

僕が、働きに出てしまったら、君は、どうやって働くんだ。

 

呑気に、喜んでいる場合じゃないんだ。

 

と、坂場が言いました。

 

麻子は、なつも誘いたかったのです。

 

誰よりも真っ先に、誘いたかったのです。

 

でも、なつは、今の会社を辞める訳には、いきませんでした。

 

麻子は、子供が出来なかったので、自由に好きなことをすると、決めました。

 

それで、「マコプロダクション」を立ち上げました。

 

女性のアニメーターが、母親似なっても安心して働ける場所を目指しています。

 

たから、いつか、その時が来たら、いつでも来てねと、なつに言いました。

 

坂場は、結婚してから物分りが良くなったが、坂場らしさを失って欲しくないと、麻子は思いました。

 

麻子が帰った後、なつと坂場は、話し合いました。

 

なつは、麻子の話し、やってみたいと思わない?

 

私のために、諦めて欲しくない。

 

二人にとって、一番いい方法を一緒に考えよう。

 

と、言いました。

 

坂場は、とにかく今は、貰っている仕事ちゃんとして、なつは、ちゃんと子供を産むことだと、言いました。

 

 

坂場、1年待って仕事をする

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、茜のアパートに行き、子育ての相談をしました。

 

茜は、ゼロ歳児を預ける所を探すのは、大変だ、せめて1歳位くらいには、ならないと難しい。

 

と、教えました。

1年間は、自力で子育てしないといけないのかと、なつは思いました。

 

茜は、坂場が、ただ諦めているのではないことを教えました。

 

実は、坂場は、何度も茜のアパートに来ていました。

 

そして、茜に子育てのことを教えてもらっていました。

 

オムツを取り替えたり、ミルクの作り方を覚えたり、オムツの縫い方まで教わりました。

 

坂場は、恥ずかしいからと、なつには内緒にしてもらいました。

 

そんな時、坂場は楽しそうで、赤ちゃんを待ちわびていると、茜が明かしました。

 

一方、坂場は、麻子の会社を訪れました。

 

会社には、下山もいて、麻子と企画の打ち合わせをしていました。

 

下山は、まだ退職はしていませんが、ここをアニメーションの新天地sにすると、張り切っていました。

 

作画作業には入っていませんが、企画は、「三代目カポネ」でした。

 

動画と仕上げは、外注に出します。

 

だから、好きなものが作れると、麻子は思っていました。

 

坂場も、面白そうだと思いました。

 

夜になり、なつが帰宅しました。

 

坂場は、赤ちゃんのオムツを縫っていました。

 

なつも一緒に、オムツを縫いました。

 

坂場が、今日、麻子の会社へ行って、決めて来たと、言いました。

 

麻子の会社で働くが、1年は待ってもらうことにしました。

 

子供が生まれて1年くらい経てば、預けられる保育園も、見つかるかもしれない。

 

生まれたばかりの赤ちゃんを預けるのは、難しい。

 

それまでは、僕が家にいることにする。

 

だけど、アニメーションに挑戦したい気持ちがあるので、それまで待ってもらうことにした。

 

と、坂場が話しました。

 

そこまで、調べて考えてくれて、ありがとうと、なつが感謝をしました。

 

坂場は、よかったと、嬉しそうにしました。

 

なつぞら 122話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 122話あらすじ感想のまとめです。

 

麻子が戻ってきて、なつの周辺も動き出しましたね。

 

坂場に、演出を頼みに来ました。

 

マコプロダクションでは、下山が入ります。

 

坂場も1年後には、演出をします。

 

更に、誰か東洋動画から辞めて来るのでしょうか。

 

マコプロダクションの最初の企画は、「三代目カポネ」です。

 

これって、もしかして、「ルパン三世」のことでしょうか。

 

だとすると、大ヒットしますね。

 

マコプロダクションは、大手アニメーション会社になりそうです。

 

RECOMMEND
人気記事