なつぞら 145話あらすじです。

 

マコプロに、少女がやって来ました。

 

その娘の名は、千夏です。

 

なつは、その子が気になり、帰る母子を呼び止めました。

 

振り返った母親は、千遥でした。

 

なつは、再会を果たした千遥に、住んでいる所を聞きました。

 

千遥は、料理店の名前を告げて、帰って行きました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第145話 なつ、千遥と再会する!

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

マコプロに、「大草原の少女ソラ」のファンだ打という少女が、訪れて来ました。

 

その子の名前は、杉山 千夏です。

 

なつは、その名前を聞いて、何故か気になりました。

 

千夏が帰ると、なつは思わず後を追いました。

 

すると、家の陰から、千夏を引く手が見えました。

 

なつは、家の角まで走り出し、立ち去る母に声をかけました。

 

「千遥!」

 

母親が振り向きます。

 

女性は、千遥(清原 果耶)でした。

 

なつが、千遥だよね。私が分かる?と、聞くと、千遥が、小さく頷きました。

 

突然お邪魔して、すみませんでした。と、千遥が、誤ります。

 

何を言っているの。嬉しい。来てくれて、ありがとう。と、なつの目から、涙がこぼれます。

 

千夏が、ソラのファンでした。

 

どんな所で作っているのか、千遥も見てみたくなり、やって来ました。

 

千遥は娘に、詳しい事情は、何も話していません。

 

なつのことも、実の姉妹だとは、教えていません。

 

なつは、千遥の事情を理解しました。

 

そこに現れた、酒場と優を千遥に紹介しました。

 

挨拶を交わした千遥は、立ち去ろうとします。

 

なつは、千遥が、どこに住んでいるのか、教えて欲しいとお願いしました。

 

少し考えた千遥は、神楽坂で料理屋「杉の子」をしていると、教えました。

 

もし良かったら、お客として、来てくださいと、言いました。

 

必ず行くから、兄も誘っていいかと、なつが尋ねました。

 

あなたが誘いたい人なら、構いませんと、千遥が答え帰って行きました。

 

なつは、仕事場に戻り、千夏のお母さんは、自分の妹だったことを伝えました。

 

テレビアニメのソラを見て、マコプロまで来たことに、みんなは感動しました。

 

この作品のお陰で、妹に会えたので、絶対いい作品にすると、なつが誓いました。

 

皆も頑張って、奇跡を生むわよと、麻子が気合を込めました。

 

 

なつ、千遥に会う日を決める

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

千遥と千夏は、「杉の子」に、戻りました。

 

千夏は、なつのことを、お母さんの友達かと聞きました。

 

千遥は、そうだと答えました。

 

千遥の夫は、家に帰って来ません。

 

もしかすると、離婚するかも知れません。

 

そのことを、千夏に話しました。

 

そうなっても、お母さんと一緒にいられる?と、千夏が聞きました。

 

千遥は、どんなことがあっても、千夏と一緒だと言いました。

 

でも、離婚したら、もう「杉の子」に住むことは、出来ません。

 

どこか、知らない町に行って、二人だけで暮らすことになります。

 

お母さんと一緒なら、それでもいいと千夏が言いました。

 

ごめんね。お母さん、千夏に、ちゃんと家族を作ってあげられなくて。

 

千遥は、千夏を抱きしめて、謝りました。

 

大丈夫だよ、お母さん。私がいるでしょ。

 

千夏が、母を慰めました。

 

一方、咲太郎と光子は、なつの家で、千遥のことを教えられました。

 

咲太郎は、千遥が近くに住んでいたことを知り、驚きました。

 

千遥は、お客としてなら、来てもいいと言いました。

 

なつは、千遥が今になって、会うと言ったことが、気になりました。

 

千遥の店に行く日は、今週の土曜の夜に決めました。

 

テレビでは、「大草原の少女ソラ」の放送が、始りました。

 

なつ達は、テーブルを囲みながら、流れる主題歌を聞いています。

 

千遥と千夏も、同じ時間にテレビを見ていました。

 

なつが作った作品で、家族の時間が繋がりました。

 

なつぞら 145話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 145話あらすじ感想のまとめです。

 

マコプロを訪れたのは、千遥でしたね。

 

なつは、想いを込めた作品を通じて、やっと千遥に会うことが出来ました。

 

なつは、千遥がこの時期になって、会ってもいいと考えたことに、少し引っかかりました。

 

実は、千遥は離婚の危機でした。

 

離婚すると、今の家(巣後の子)を離れることになります。

 

そうなると、どこか知らない土地に行くことになります。

 

もう会えないかもしれないと、千遥は思ったのでしょうか。

 

その前に、なつが仕事をしている所を、見ておきたいと考えたのでしょう。

 

千遥の家庭の事情は、分かりませんが、千遥は、薄幸の人生ですね。

 

自分の人生を、隠して生きているからでしょうか。

 

三兄妹、幸せになって欲しいですね。

 

RECOMMEND
人気記事