なつぞら 143話あらすじです。

 

なつ達のテレビアニメの制作が、始まりました。

 

少ないメンバーで、外注を使うので、作業が大変です。

 

メンバーは、連日連夜、頑張りました。

 

声優は、オーディションで決めます。

 

主題歌の歌手も決まりました。

 

そして、いよいよ、第1話の放送がスタートしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第143話 「大草原の小序ソラ」声優が決まる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

テレビアニメは、なつの実体験と重なるものになりました。

 

そうしないと、なつと坂場が、一緒に作る意味がないからです。

 

孤児となったレイは、ソラたちと新天地を目指して、旅を続けます。

 

レイは、主人公ソラの家族として育っていく話になります。

 

ソラとレイの成長を通して、開拓者家族の物語を描きます。

 

なつは、優を迎えに行く時間に追われながらも、充実した毎日を送りました。

 

優は、保育園の後、マコプロで過ごしました。

 

作業場では、麻子特製のナポリタンが、夜食として振舞われます。

 

メンバーは、忙しい手を止めて、麻子の手料理を堪能しました。

 

声優は、酒場がアイデアを出し、オーディションで選ぶことになりました。

 

主役のソラの声は、白本 知香子(沢城 みゆき)に、決まりました。

 

知香子は、咲太郎が推薦した新人女優でした。

 

風車プロダクションの所属ではないのです。

 

咲太郎は、作品を良くすることを一番に考えて、最適な人を推薦しました。

 

レイの役は、今や売れっ子の土間 レミ子(藤本 沙紀)です。

 

お母さんは、ベテランの亀山 蘭子(鈴木 杏樹)、お父さんは、島貫 健太(岩谷 健司)に決まりました。

 

そして、放送開始日は、刻一刻と迫って来ました。

 

 

「大草原の少女ソラ」の放送が始る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

神地は、牛が迫ってくるシーンの描き方を、なつに相談しました。

 

牛は、子供の目から見ると、大きく見えます。

 

なつのアドバイス通りに、子供の気持ちになって、牛を大きく描くと、迫力のある、いい絵になりました。

 

神地の様子を見て、下山も作画に頑張りました。

 

下山が描いたのは、牛に舐められるレイのシーンです。

 

下山にしか描けない、愉快な動画が出来ました。

 

作業は、連日連夜、ほぼ休みなく続きました。

 

なつは、仕事を持ち帰り、家でも原画の直しを続けました。

 

坂場達も、会社に泊り込んで作業をしました。

 

麻子は、夜中になると、なつがいなくなるので、一人で動画の修正をしました。

 

そして、「大草原の少女ソラ」の主題歌は、煙 カスミ(戸田 恵子)が、歌うことになりました。

 

麻子は、歌手を考えている時、カスミのことを思い付きました。

 

カスミは、魂をこめて、主題歌を歌いました。

 

昭和49年(1974年)10月、ついに放送開がスタートしました。

 

柴田家では、みんな揃ってテレビの前に座りました。

 

ソラの父親は、泰樹そっくりです。

 

母親は、富士子に似ていました。

 

なつぞら 143話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 143話あらすじ感想のまとめです。

 

やっと、「大草原の少女ソラ」の放送が、始りましたね。

 

ソラを見ていると、アルプスの少女みたいですが、どんな展開になるのでしょうか。

 

明日は、アニメがあるようですが、どこまで朝ドラで流すのでしょう。

 

滅多にないパターンなので、楽しみです。

 

でも、マコプロの様子を見ると、和気藹々で、アニメも期待できそうです。

 

RECOMMEND
人気記事