なつぞら あらすじ41話です。

 

なつは、雪月に行き、泰樹を裏切ったと、打ち明けました。

 

兄妹を探すために東京へ行くのではなく、本当は別の理由があるからです。

 

とよは、東京yへ行くことを、なつに勧めます。

 

ただし、泰樹と何でも言い合うことが、条件でした。

 

その夜、なつは決心をし、泰樹と向かい合いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ41話

なつぞら なつ、雪月で打ち明ける引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、泰樹から東京行きの話を聞き、雪月を訪れました。

 

とよに会ったなつは、泰樹を裏切ったと、とよにしがみ付きました。

 

雪之助は、東京の川村屋のマダムに、連絡を取っていました。

 

マダムは、いつ来てもいいと、了解してくれました。

 

しかも、川村屋で仕事をしてもいいと、言ってくれました。

 

なつは、仕事は自分で見つけると言います。

 

とよは、なつにはなつの考えがあると、応援しました。

 

なつは、いつか十勝を離れると、ずっと思っていました。

 

その気持ちを隠し、酪農が自分の夢と偽ってきました。

 

そして、今は、自分勝手な理由で、柴田の家を出たいと思っています。

 

今まで育ててもらった恩返しもせず、泰樹にまで気を使わせ、泰樹をだましたことになると、なつは思いました。

 

そこまで自分の気持ちが分かっているなら、東京へ行くべきだと、とよが言いました。

 

だけど、その気持ちを泰樹に、話したほうがいい。

 

なんでも、我慢しないで言い合わなければ、ここでは心までし凍れてしまう。

 

と、とよが教えましました。

なつぞら なつ、泰樹に本心を話す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、泰樹に話す決心をしました。

 

夕食の後、早めに立ち去る泰樹を、なつが引き止めます。

 

ごめんなさい。私、ウソをつきました。本当は、漫画映画を作りたい。できるかどうか分からないけど、挑戦してみたい。

 

爺ちゃんが、一人で北海道に来て開拓したみたいに、私も挑戦してみたい。

 

さっき、やっと分かった。私、爺ちゃんみたいに、なりたかったと。

 

それが、私には、漫画映画を目指すことなの。爺ちゃんを裏切っても、私はやりたい。

なつぞら 泰樹、なつを許す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

何が裏切りだ。ふざけるな!

 

と言った泰樹は、なつの頬を両手で撫でました。

 

よく言った。それでこそ、わしの孫だ。

 

行って来い。行って、東京を耕してこい。開拓してこい。行って来い、なつ。

 

なつの頬に、涙が流れました。

 

次の朝、なつは、天陽の家に行きました。

 

許してくれた。爺ちゃんが、認めてくれた。なつは、天陽に抱きつき、言いました。

 

 

なつぞら あらすじ41話の感想まとめ

なつぞら あらすじ41話の感想まとめです。

 

なつは、やっと泰樹の理解と許しを得ましたね。

 

初めから、そう言えばいいのにと、夕見子が言いますが、なつの立場では、なかなか難しいですね。

 

それは、やはり、お互いが他人だと、どこかで思っているからです。

 

なつが十勝に来たとき、泰樹が言ったように、何でも言い合える仲にならないと、本当の家族ではないのですね。

 

なつは、泰樹のようになりたいと思いました。

 

それが、泰樹を裏切ることになっても、自分の気持ちをぶつけることが、本当の家族になることでした。

 

と言うことで、なつの裏切りの真意が分かりました。

 

あとは、第二の別れをして、東京へ出かけることになります。

 

RECOMMEND
人気記事