なつぞら あらすじ40話です。

 

泰樹は、なつに厳しい言葉を投げつけました。

 

しかし、泰樹自信が、なつを他人と思っていたことを反省します。

 

泰樹は、雪月を訪れ、とよに、なつの東京行きの世話を頼みます。

 

そのことを知ったなつは、雪月へ向かいました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ40話

なつぞら 泰樹、とよに相談する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつに、出て行けと叫んだ泰樹は、雪月を訪れました。

 

泰樹は、とよに相談をします。

 

雪次郎を東京の修行に行かせるとき、なつの面倒もお願いしました。

 

とよは、それでいいのか、寂しくないのかと聞きました。

 

泰樹は、なつと照男を結婚させようとしたことを話しました。

 

兄妹で結婚しろと言われ、急に異性として見られ、なっちゃんは恥ずかしくなるよと、とよが言いました。

 

泰樹は、こうなったら、なつを自由にしてやるしかない、と思いました。

なつぞら 泰樹、パフェを試食する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

そこへ、雪之助が、試作品を持ってきました。

 

十勝では、まだ誰も作っていない「パフェ」です。

 

初めてパフェを食べた泰樹は、「なにじゃこれは。」と、驚きました。

 

とよは、来春雪次郎を東京に連れて行くとき、なつも一緒に連れていくよう、雪之助に言いました。

 

泰樹も、雪之助にお願いしました。

 

 

照男は、天陽の家に行きました。

 

なつが、東京へ行ってもいいのかと、照男が言いました。

 

天陽は、なつがこの地から、いつかいなくなるだろうと、思っていました。

 

それが、なつにとって自然なことだと思うからです。

 

天陽は子供の頃、ここで生きると決めていました。

 

泰樹が、雪月から戻ると、富士子が話があると言いました。

 

なつが東京に行きたいと言い出したのは、兄妹のこととは別の理由があるかもしれないと、富士子が言いました。

 

なつは、酪農や農業高校とも関係がないので、悪いと思い言えないのかもと、富士子は言いました。

 

その日の夕食は、照男が牛乳鍋を作りました。

 

牛乳が嫌いな夕見子は、ビックリします。

 

その時、弥市郎と砂良が、やって来ました。

 

先日の牛乳のお礼に、大きな熊の木彫りを持ってきました。

 

砂良が、またいつでも来てねと、なつに言うと、「はい。」と、照男が嬉しそうに返事をしました。

 

阿川親子が帰った後、泰樹がなつに言いました。

 

なつのことを雪月に頼んできた。雪次郎と一緒に、東京へ行けばいい。

 

私はもう、爺ちゃんと家族ではいられんのと、なつが寂しそうに言いました。

 

いつでも、戻ってくればいい。ここがお前に家だ。もし、お前が東京で幸せになるなら、それも立派な親孝行だ。それを絶対に忘れるな。

 

と、泰樹が言いました。

なつぞら なつ、とよに会う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

それから、なつは、雪月を訪れました。

 

なつは、とよにしがみ付き、私はずるい、爺ちゃんを裏切ってしまったと、言いました。

なつぞら あらすじ40話の感想まとめ

なつぞら あらすじ40話の感想まとめです。

 

まず、照男と砂良です。

 

阿川親子が、牛乳のお返しに、熊の木彫りを持ってきましたね。

 

その熊は、鮭を咥えていました。

 

夕見子が、思わずラブレターだと言うと、照男が、恥ずかしそうに弁解します。

 

その照男は、砂良が作った牛乳鍋を作りました。

 

砂良が、なつに、いつでも来てねと言うと、照男が返事します。

 

どうやら、照男と砂良の仲は、確実に進展しそうな雰囲気ですね。

 

一方の天陽ですが、小学生の頃、なつが泰樹を説得し、天陽の荒地を開墾しました。

 

その時、天陽は、この土地で生き抜くと、決意したのでしょうね。

 

そして、なつは、泰樹を裏切ったと、とよに言いましたが、何をどう裏切ったのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事