なつぞら 83話あらすじです。

 

なつと咲太郎に、千遥からの手紙が届きます。

 

手紙には、千遥が過ごした人生や、柴田牧場から逃げ出した理由が、書いてありました。

 

千遥は、幸せな人生を過ごしました。

 

縁談がり、なつが幸せか、確かめに十勝へ来ました。

 

結婚をすると、永遠に会えなくなるからでした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第83話 なつ、千遥の手紙に涙する

なつぞら なつ、千遥の手紙を読む引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

千遥がいなくなってから2日後、柴田牧場にいる、なつと咲太郎宛に、手紙が届きました。

 

千遥が、帯広から出した手紙でした。

 

なつは、みんなの前で、手紙を読み始めました。

 

千遥は、子供の頃、おばさんの家にいるのが辛くて、逃げ出しました。

 

鉄道の線路を歩いて行けば、なつや咲太郎に会えると、思ったからです。

 

途中の駅で出会った復員兵は、千遥を連れて、東京へ行きました。

 

その男は、千遥を置屋に売りました。

 

千遥は、19歳になる今まで、置屋の女将光山 なほ子(原 日出子)を、お母さんと呼んで、人並みに育ちました。

 

なほ子は、千遥を養女にし、芸も仕込みました。

 

しかし、最近になって、千遥と結婚したいという人が、現れました。

 

その男性は、立派な家柄で、千遥とは不釣合いに思えました。

 

その時、千遥は、母から咲太郎の手紙を見せられます。

 

咲太郎の手紙には、なつが暮らす北海道の住所が、書いてありました。

 

なほ子は、北海道のなつに、千遥のことを知らせた方がいいのか、悩みました。

 

なほ子は、手紙を隠しておいてすまなかったと、謝りました。

 

そして、もし結婚をするなら、なつや咲太郎との縁を切らないといけないと、言いました。

 

浮浪児だったことが分かれば、破談になるからです。

 

千遥には、なつや咲太郎の記憶が、ありません。

 

なほ子が望むなら、喜んで結婚しますと、千遥は言いました。

 

なほ子は、千遥の幸せだけが、望みだと言いました。

 

千遥は、最後に、北海道へ行く許しを貰いました。

 

 

千遥、なつとの永遠の別れを告げる

なつぞら 千遥、手紙を書く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

もし、なつが不幸なら、今の幸せを投げ出してでも、なつを助けると、千遥は思っていました。

 

だが、なつが幸せなら、なつと永遠に別れなければいけないと、決意しました。

 

なつが、柴田牧場で幸せに暮らしていたことを、知りました。

 

千遥は、なつの作業服を着て牧場で働いた時、なつに抱きしめられている感じがしました。

 

もしここで、なつや咲太郎に会ったら、別れられなくなると、千遥は思いました。

 

だから、千遥は、黙って柴田家から逃げ出しました。

 

一生会うことは、もうありません。

 

でも、皆さんのことは、忘れません。

 

なつは、涙を流しながら、千遥の手紙を読みました。

 

千遥は、子供の頃の記憶を頼りに、なつと咲太郎の絵を描いていました。

 

千遥の絵は、兄弟揃って上手に描いてありました。

 

なつは、部屋に戻り、千遥が置いていった服を、抱きしめました。

 

なつぞら 83話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 83話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、千遥の手紙を読みましたね。

 

千遥の人生は、不幸ではなく、とっても幸せでした。

 

また、誰かに追われて、逃げて来た訳でもありませんでした。

 

千遥は、縁談を機に、なつの居場所を知りました。

 

結婚をすると、なつや咲太郎との縁を切らなくてはなりません。

 

その時、今までなかった、なつや咲い太郎の記憶が、戻ります。

 

そして、なつが幸せかどyか、十勝に確かめに行きました。

 

柴田牧場で、なつが幸せに過ごしたことが分かります。

 

千遥も、柴田の家族に囲まれ、幸福感に満たされます。

 

この状態で、なつに会うと、きっと別れたくなくなります。

 

それが怖くて、逃げ出しました。

 

なつも咲太郎も千遥も、みんな幸せなのに、こんな辛く悲しい別れは、あるのでしょうか。

 

なんだか、切ないですね。

 

RECOMMEND
人気記事