なつぞら 154話あらすじです。

 

なつと千遥の家族は、夏休みのなり、十勝へ帰って来ました。

 

泰樹は、成長した千遥を見て、感動の涙を流しました。

 

優と千夏は、やりたかった乳搾りを体験します。

 

なつと千遥は、枕を並べて、昔の話を語り合いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第154話 なつと千遥の家族、十勝へ

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、千遥たちと共に、十勝へ帰って来ました。

 

千遥は、柴田牧場の風景を見て、記憶の中にあるままだと思いました。

 

柴田家に着いて、家族と久々に再会しました。

 

泰樹は、牛舎で牛を見ています。

 

そこへ、なつと千遥が、泰樹に会うために、やって来ました。

 

泰樹は、千遥を見て、ユックリと近づき、黙って抱き締めました。

 

千遥、お帰り。そう言って、泰樹は、大粒の涙を流しました。

 

そして、一緒に帰ってきた、千夏と優の頭を、優しく撫でました。

 

千夏と優は、待望の乳搾りを体験します。

 

なつが、数を数えるように、指を折って搾ると、教えます。

 

すると、千夏も優も、上手に乳搾りが出来ました。

 

その日の夕飯は、多くの家族が集まり、賑やかな食卓となりました。

 

なつが、テレビ漫画を見てくれた?と、泰樹に尋ねました。

 

泰樹は、ただ「うん。」とだけ、答えました。

 

そして、チョッと疲れたと言って、早々と部屋に戻りました。

 

なつは、泰樹は大丈夫なのかと心配します。

 

富士子は、いつものことだからと、平気でした。

 

その夜、なつと千遥は、枕を並べて眠りました。

 

二人は、今までのことを語り合いました。

 

本当に、昔の私と千遥みたいだね。

 

あの頃は、布団に入って眠ることは、出来ませんでした。

 

ガード下で、肩を寄せ合って眠りました。

 

よく生きられたものだと、なつは思いました。

 

育ててくれて、ありがとう。と、千遥が当時の礼を言いました。

 

千遥がいたから、生きられたと、なつは思っています。

 

千遥は今、浮浪児でよかったと思っています。

 

今まで出会えた人が、いるからです。

 

「元気でいてくれて、ありがとう。お姉ちゃん。」と、千遥が言いました。

 

「こちらこそ、生きていてくれて、ありがとう。千遥。」と、なつも言いました。

 


ままだと

なつ、泰樹がアニメに感動したことを知る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

翌日は、「しばた牧場アイスクリーム」の試食をしました。

 

昔の納屋が、お店になっています。

 

弥市郎の木彫りの作品も、お土産品で販売されています。

 

アイスは、プレーンのミルクといちごミルク、あずきミルクの3種類です。

 

なつ達は、アイスを美味しそうに食べました。

 

そこへ、夕見子がやって来ました。

 

そして、夕見子と共に、雪月へ行きました。

 

雪次郎は、なつと坂場に、いい作品を作ってくれたと、感謝をしました。

 

「大草原の少女ソラ」を見て、十勝への観光客が増えました。

 

お陰で、雪月も大繁盛しています。

 

とよは、なつに足を向けて寝られないと、感謝をしました。

 

雪月が繁盛することは、天陽の包装紙が、全国に広まると言うことだと、雪之助が言いました。

 

店内には、天陽が描いた、包装紙の原画が飾ってありました。

 

天陽の絵が、ソラの原点でした。

 

とよは、泰樹が、ソラに感動していたことを、なつに教えました。

 

泰樹が、朝日に感動したことです。

 

開拓時代、泰樹は、朝日を見ると、気力が湧いてきました。

 

ここで、諦めるなと、励まされました。

 

そういう朝日を、なつが見せてくれた。

 

泰樹は、とよに、そう話しました。

 

なっちゃん、ユックリしていきなね。

 

爺ちゃんの傍に、少しでも長くいてやってね。

 

とよは、なつに、そう言いました。

 

なつ達は、夕見子の自動車で、送ってもらいました。

 

帰り道は、空模様が悪くなっていました。

 

柴田家では、照男と剛男が、図面を見ながら話しています。

 

古い牛舎を建て替えて、パイプラインミルカーにする計画です。

 

その時、雨が激しく降り出しました。

 

雷も鳴っています。

 

泰樹は、心配になって部屋から出て来ました。

 

なにやら、嵐になりそうな気配がしてきました。

 

なつぞら 154話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 154話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達が、夏休みになり、十勝に帰って来ましたね。

 

十勝の風景は、千遥の記憶と同じです。

 

でも、細かいところは、色々と変化しています。

 

例えば、富士子は、砂良と、牧場でアイスを売り出しました。

 

プレーンのミルクは、120円で、いちごミルクとあずきミルクは、130円です。

 

搾りたての牛乳が原料ですから、味はいいのです。

 

でも、宣伝も何もしていないので、客足は、まだまだです。

 

さらに、牛舎を建て替え、最新の設備の導入を考えています。

 

そうすると、乳牛を50頭まで増やせます。

 

しかし、設備投資には、お金がかかります。

 

農協が、融資してくれるでしょうか。

 

剛男がいるから、大丈夫でしょうね。

 

RECOMMEND
人気記事