「越路吹雪物語」第41話のあらすじです。内藤法美との仲は、終わってしまったと、思っているコーちゃんです。

しかし、今になって記者たちが、二人のことで、騒ぎ出していました。楽屋にも押しかけてきて、インタビューを要求します。

そんな時、見知らぬ男性が、コーちゃんを訪ねて来ました。

 

帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」全話まとめ

 

 

「越路吹雪物語」第41話あらすじ


引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/

コーちゃんが、内藤との恋の終わりを予感する中、皮肉なことに、記者たちの間では、二人の熱愛の噂が広まっていました。

リサイタルの楽屋では、記者たちが大勢駆けつけ、コーちゃんの話しを聞きたいと、大騒ぎになっていました。

コーちゃんは、「皮肉なものね。法美さんは、もういないのに」と、騒ぎを聞いて、つぶやきます。

スタッフもたまらず、コーちゃんの楽屋に、対応のお願いに来ました。コーちゃんが、記者に会いに出て行こうとしたとき、スタッフが手に持っているハンカチに気付きました。

ファンの人がどうしても越路さんに会いたいと、持ってきたものでした。コーちゃんが手に取ってみると、それはヤエちゃんにあげた、ハンカチでした。

コーちゃんが、楽屋の外に出ると、一人の知らない男性が立っていました。その男性は、亡くなった八重子の夫、尾崎敏雄でした。

 

 

コーちゃん、八重子の夫と会う

八重子のことを伝えたくて、コーちゃんに会いに来たのでした。それに、八重子に歌を聞かせてあげたくて、八重子の写真も持ってきました。

写真のヤエちゃんは、若くて美しく、幸せそうに笑っていました。ヤエちゃんは、コーちゃんからサインしてもらったハンカチを、一生の宝物と大事にしていました。

ヤエちゃんは、宝塚でスタートなったコーちゃんが、友達なんだと、自慢をしていました。

ヤエちゃんは、顔を見たこもない男性と結婚したが、なれない満州で、一生懸命頑張りました。

ヤエちゃんは、コーちゃんが送った汽車のキップも大事に持っていました。どんなに遠くにいても、二人を繋いでいるキップでした。

コーちゃんからの手紙も大切に持っていましたが、引き揚げ船で亡くなったとき、一人では寂しいだろうと、手紙も一緒に海に葬りました。

八重子のためにも、コーちゃんの歌を早く聴きに来たかったが、八重子が傍にいないのが悲しくて、なかなかこれなかった尾崎でした。

「ヤエちゃんを連れて来てくれて、ありがとうございました」と、コーちゃんは、涙ぐみました。

笑っているヤエちゃんの写真を見て、「よかった。ヤエちゃん幸せだったんですね」と、コーちゃんは、涙ながらに言いました。

ヤエちゃんは、尾崎と結婚して、本当に幸せだったのだと、コーちゃんは思いました。

コーちゃんは、親友のヤエちゃんと尾崎の話を聞いて、夫婦の絆の素晴らしさを実感しました。そして、「私、やっぱり、法美さんに会いたい」という気持ちが、湧き上がって来るのでした。

⇒越路吹雪物語の動画、全話視聴

「越路吹雪物語」第41話の感想とまとめ

“帯ドラマ劇場”最新作『越路吹雪物語』の主題歌集CDが、3月7日に発売ですね。ドラマでは、大地真央さん、瀧本美織さんが、週替わりで熱唱しています。

二人の歌は、12曲入っていて、カラオケ版も12曲です。自分の歌を自宅で歌って、楽しむこともできますね。10曲が、訳詞・岩谷時子さんとなっています。

「愛の讃歌」、「ラストダンスは私に」、「サン・トワ・マミー」、「ろくでなし」などなど、名曲ばかりですね。

【送料無料】 大地真央 / 瀧本美織 / 『越路吹雪物語』主題歌集 【CD】

今回は、ヤエちゃんの真実でした。ヤエちゃんと尾崎の夫婦の物語を聞いたコーちゃんです。

顔も知らない夫でしたが、優しい尾崎と結婚して、ヤエちゃんは幸せだったようですね。

この二人を知ったコーちゃんは、内藤法美との付き合いを考え直すのでしょうか。

 

スポンサードリンク