「越路吹雪物語」あらすじ第59話(最終話)です。コーちゃんは、手術後、長野の別称で静養します。

しかし、1ヶ月ほどで、再入院しました。次第に、コーちゃんの体力は、弱ってきます。「走りすぎた」と、コーちゃんが、言いました。

 

帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」全話まとめ

 

 

「越路吹雪物語」あらすじ第59話(最終話)


引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/

手術から1カ月足らずで、美保子は退院しました。

「あーあ、今頃は、シャンゼリゼで買い物してたのにな」と、コーちゃんは、愚痴をこぼします。「長野の別荘もステキじゃないの」と、時子が言いました。

「病室に閉じ込められるより、天国ね」と、コーちゃんは、割り切りました。

コーちゃんが、「そろそろコーヒータイムかな」と、言うと、内藤法美が、「コーヒー入れてもらえるかな」と、言って来ました。

お手伝いの和子は、「いつも、ああやって、当てちゃう」と、驚きました。

静養を兼ねて、長野の別荘へ出かけたコーちゃんでしたが、1ヶ月ほど経ったころ、胃の痛みを訴えるようになりました。

そして、癒着の恐れもあるため、東京へ戻り、再入院となりました。

コーちゃんは、「また籠の鳥か」と、ぼやきます。時子は、「癒着でなくて、よかったね」「薬で痛みが取れたら、帰れるわよ」と、慰めました。

「そうしたら、ロングリサイタルの準備が始まるから」と、時子が言うと、「ウソ」と、コーちゃんが言いました。

時子は、「エッ!」と、ビックリします。病気のウソがバレタのかと。でも、コーちゃんは、別の話しを始めました。

コーちゃんは、去年のクリスマスディナーショーで、「来年のクリスマスディナーショーでも、またお会いしましょう」と、挨拶をしました。

だから、嘘つきにならないよう、「早く治さないとね」と、時子に言いました。時子は、「お客様もスタッフのみんなも、待っている」と、勇気付けました。

 

 

コーちゃん、逝く

コーちゃんは、見舞いにやって来た浅利慶太に、「これまでの常識を覆すような、新しい越路吹雪を見せたい」と、熱く語ります。

痛みがなくなり、調子のよい日には、コーちゃんの希望で、リサイタルの打ち合わせをしました。長年の友となっていた浅利も、コーちゃんの本当の病気を知る、数少ない一人でした。

浅利は、「立たせてやりたいね、舞台に」と、時子に話しました。

法美が病室に入ると、コーちゃんは、一服していました。「打ち合わせしたら、興奮しちゃって。これ鎮静剤」と、言いました。

それから、しばらくして、コーちゃんは退院しましたが、家で過ごせた時間は、あまり長くありませんでした。

コーちゃんが、「私、フルスピードで、走りすぎたかな」「でも、たくさん恋もしたし、やりたいことは、みんなやってきたから、なんの悔いも残らないわ」

と、時子に言いました。そして、法美に連れられて、病院へ向かいました。

時子は、お花を持って後から行くと、伝えます。そして、コーちゃんの家のベランダに咲く花を選びます。

そこには、コーちゃんの思い出の花、コスモスが咲いていました。コスモスを見つけた時子は、思わず涙が溢れ、その場に泣き崩れました。

コーちゃんは、入院しました。時子は、内藤に「お願いだから、甘やかさないで」と、言いました。

内藤は、「美保子さんが望むことは、全てしてあげたい」「命をあげられるのなら、喜んでそうします」と、悲しそうに言いました。

数日後、コーちゃんの心臓は、ひどく弱ってきました。そして、殆ど話すこともなくなっていました。

そんな時、身体をさすってあげていると、コーちゃんが、何か言いました。「ありがろう、和ちゃん」と、言ったと、じゅんちゃんが言いました。

すると、コーちゃんが、「ありがとうじゃない」「針あとに気をつけて、と言ったの」といい、笑い出しました。

それが、時子が聞いた、コーちゃんの最後の笑い声でした。

そして、11月7日、時子は、慌てて病室に向かいます。コーちゃんが、「お時さん、ありがとう」「お時さんは、いい子」と、かすかな声で、言いました。

時子は、「コーちゃんも、いい子よ」「ありがとう」と、声をかけました。

そして、コーちゃんは、「法美さん、コーヒーを・・・」が、最後の言葉でした。

1980年11月7日、コーちゃんは、その56年の生涯に、幕を下ろしました。

それでも、コーちゃんが残した歌声は、たくさんの人々の耳に、そして心に残り、これほどの長い時が流れても、繰り返し繰り返し、愛さされ続けています。

⇒越路吹雪物語の動画、全話視聴

「越路吹雪物語」感想とまとめ第59話(最終話)

「越路吹雪物語」が、終わりましたね。

コーちゃんは、56年の生涯でしたね。もっと気をつけていれば、長生きできたのかもしれません。

でも、次から次へと、新しい越路吹雪を目指して、身体も心も酷使したのでしょうね。

コーちゃんが、遺言のように言った「急いで走りすぎた」のかも、しれません。

やるべきことはやった、悔いのない人生だったようですね。

長い間、お読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク