半分、青い。92話(第16週「抱きしめたい!」)です。すずめが、大失態をしましたが、無事に結婚式は、終わりました。

 

田辺から贈り物を貰います。祥平からは、完成した、結婚式のビデオテープを貰いました。ビデオには、本編が終わった後に、嬉しいプレゼントが、用意されていました。

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。92話ネタバレ、あらすじ

半分、青い。92話。結婚式
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

すずめと涼次は、神前結婚式です。二人は、「誓詞奏上」のため、前に進みます。その時、すずめは、打掛の裾を踏み、転びました。

 

祭壇を倒し、すずめは、最高に驚いた顔をしました。元住吉 祥平は、式典をカメラで、撮影しています。映画監督の才能を発揮し、すかさず、すずめの表情をカメラに収めました。

 

田辺、祝いの贈り物

半分、青い。92話。田辺のお祝い
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

100円ショップ大納言です。「転んだの?」と、田辺。「でも、後は、いいお式でした。田辺さんも来てくれれば、よかったのに。」

 

「いやいや、俺なんか、そんな晴れがましい席、・・・」と言いながら、田辺は、すずめに、お祝いの品を贈ります。

 

中味は、シャトーほにゃらら、「失楽園の・・・」と、すずめが言うと、「いや、それ風。本物まだ高いんで。」と言う、田辺でした。

 

晴、すすめの将来を心配

楡野家では、晴が、宇太郎に肩を揉んでもらっています。「左が、こるんやね。まだ、疲れが抜けん。」

 

「いい式で、よかったわ。すずめ、キレイやったな。」と、仙吉が、しみじみと話します。「そやけど、涼ちゃん、大丈夫やろか。映画監督なんて、なれるかな。」と、晴は心配です。

 

「姉ちゃんは、安定より、夢を選んだと思う。自分は、間画家の夢が途絶えて、涼ちゃんさんの映画監督になる夢に、乗ったと思う。」と、草太は言います。

 

「すずめは、夢が叶ったんやと思う。お爺ちゃんは。」「本が、何冊か出て、すずめの夢が叶った。人生の前半に、自分の夢が叶って、これからは、人の夢が叶うのを応援する、ええ人生や。」と、仙吉が言いました。

 

晴は、仙吉の話しを聞いて、胸が軽くなりました。

 

新居への引越し予定

すずめは、新居となるアパートのパンフレットを、田辺に見せました。1DKの2階です。「狭いけど、家で近くにいられるかな。」と、すずめは、デレデレしています。

 

引越しは、今週末の予定です。式場は、仏滅だったので、すぐに取れました。アパートは、まだ人が住んでいたので、結婚式前の引越しが、できませんでした。

 

祥平、結婚式のビデオを編集

祥平は、結婚式のビデオを編集しています。すずめが、躓いて転んだ時のアップになった顔を、喜んで見ています。

 

祥平は、すずめが転んだシーンは、カットせず、永久保存だと、ご機嫌でした。

 

涼次に、プロデューサーの斑目(まだらめ)賢治から電話が入りました。「あのね、ちょっと困ったことに、なったんだ。森山君さー、会える日ある?」と、事情がある感じでした。

 

すずめ、ビデオを貰う

半分、青い。92話。涼次と祥平
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

100円ショップ大納言に、涼次と祥平が来ました。祥平が、結婚式のビデオテープを渡します。「ごめんね、涼次忙しくて。なかなか、一緒にいられないでしょう。」

 

「でも、もうすぐ一緒に住めますから。」と、すずめが、応えました。

 

涼次と祥平は、「追憶のかたつむり2」のロケハンの途中でした。すずめは、帰ったら、さっそく見ますと、礼を言いました。

 

ゆうことボクテ、お祝いメッセージ

すずめは、仕事が終わり、アパートで結婚式のビデオを見ます。「恥ずかしくて見れん。」と、早回ししました。結婚式の映像が終わり、祥平が出てきます。

 

巻き戻して再生すると、せっかくいろんな人が来ているので、一言メッセージを貰っていましたと、祥平が語りました。

 

ゆうことボクテが、映っていました。「すずめちゃん、可愛かったよ。おめでとう。」

 

「すずめ、仲間入り、おめでとう。子供産んだら、うちのクーちゃんとも遊んであげてください。なにがあっても、私たちは、ずっと友達でいるといことを、伝えたかったです。」

 

次にボクテです。「僕たちは、ずっと一緒だから。でも、いろいろあったね。どんなに辛いときとか。苦しい時でも、明るいすずめちゃんを見て、勇気を貰っていました。幸せになってね。」

 

秋風羽織、お祝いメッセージ

渋い和服姿の秋風です。「楡野、おめでとう。人生もまた、物語だ。今日から君は、毎日毎日少しずつペンを入れて、森山鈴愛と言う物語を書き続けることになる。

 

この物語に、締め切りはない。1コマ1コマ丁寧に、大切に、描きなさい。私は、嬉しい。こ二次会で私は、長渕剛の「乾杯」を歌う。ボン・ヴォヤージュ。いい旅を。」

 

秋風は、メッセージの途中から、感動して、涙声になりました。

 

菱本若菜、お祝いメッセージ

菱本は、宮殿にいるお姫様のような姿で、語ります。「すずめさん、まさか、あなたに先を越されるとは、思ってなかったけど、ご結婚おめでとう。

 

突拍子のない行動が多い、あなたのことだから、家族の方が驚かれることも多いと思うけど、末永く、お幸せに。幸せな家庭を築いてくださいね。」

 

 

中野方、お祝いメッセージ

中野と野方です。「すずめちゃん、おめでとう。」「なんか、優しそうな良い人に貰ってもらって、よかったね。」と、野方。

 

中野です。「結婚と言うのは、いいものだよね。すずめちゃんは、結婚にむいていると思うよ。漫画家が、むいてないと言うことではなくて、結婚も、むいていると思います。」

 

「私もね、そろそろ、貰ってもらおうかな。中野さん。」

 

ツインズ、お祝いメッセージ

ツインズです。「すずめさん、ご結婚おめでとうございます。私たちが、いつもご用意するお菓子のように、甘い生活を。お幸せに。」

 

ツインズは、二人で、手でハートマークを作りました。

 

菜生とブッチャー、お祝いメッセージ

木田原 菜生です。「すずめ、スピーチ失敗してごめん。でも、まあ、すずめが、私より先に結婚するのは、本当は許せん。

 

けど、今日すずめ、本当に綺麗やった。可愛かった。すずめが、可愛くて可愛くて、嬉しかった。恥ずかしいので、こういう時しか言えん。

 

すずちゃん、大好きや。幸せになりゃあよ。」

 

ブッチャーです。「よー、すずめ。まあ、学生時代、よくケンカしたけど、今日のお前は、なかなかキレイやったわ。まあ、幸せになれよ。」

 

貴美香先生、お祝いメッセージ

貴美香先生です。「すずめちゃん、お招きいただき、ありがとう。本当に美しかったよ。あなたが生まれたときから、私は見てきたけど、ふぎょぎょのすずめが、こんなに立派になって、うれしくて涙が出ました。

 

子供の頃から、一生懸命思いっきりやる子でしたね。今度は、二人で、思いっきりし幸せになってね。いい知らせが届くまで、長生きして待っとる。

 

すずめちゃん、幸せにね。祈っとる。」

 

律の届かない祝いの言葉

「末永くお幸せに」と、文字のメッセージが出て、画面が暗くなりました。

 

『すずめは、一番おめでとうと言って欲しい人に、言ってもらえてないことに気が付きました。』

 

「律、わたし、結婚したよ。」すずめの目から、涙が溢れました。

 

半分、青い。92話ネタバレ、感想

すずめは、自分の衣装の裾を踏んで転びましたが、結婚式は、無事終わったようですね。ただし、その格好は、しっかりと記録されていますね。

 

巨匠・映画監督が、直々にカメラを回し、ビデをを作ってくれましたね。しかも、終了の後に、お祝いのメッセージが、隠されていました。

 

一般のビデオメッセージのように、演技されていましたね。すずめも、実際に、初めて観るような感じでしたね。

 

さて、不穏な動きがいくつかありますね。涼次にかかってきた、斑目から電話、なにかありそうですね。

 

後は、新婚のアパート、まだ別々に暮らしているようですが、落ち着くのでしょうか。

 

半分、青い。92話キャスト

森山 鈴愛:永野 芽郁
森山 涼次:間宮 祥太朗

楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉
楡野 仙吉:中村 雅俊

西園寺 龍之介(ブッチャー):矢本 悠馬
木田原 菜生: 奈緒
岡田 貴美香: 余 貴美子

秋風 羽織:豊川 悦司
菱本 若菜:井川 遥
浅葱 裕子:清野 菜名
藤堂 誠(ボクテ):志尊 淳
中野:河合 克夫
野方:猫田 直

田辺 一郎:嶋田 久作
元住吉 祥平:斎藤 工

斑目(まだらめ)賢治:矢島健一

語り:風吹 ジュン

 

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

スポンサードリンク

 

 

RECOMMEND
人気記事