半分、青い。101話(第17週「支えたい!」)です。涼次は、相変らず、布団から出ません。何もやる気が無くただ、ゴロゴロしています。

 

夜出かけると言って、すずめに不満をぶつけます。その夜、涼次が帰ると、すずめがいません。

 

遅くなって、三オバに付き添われた、すずめが帰ってきました。涼次は、すずめに離婚されると、恐れます。

 

すずめは、涼次が驚くことを言いました。

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。101話ネタバレ、あらすじ

喫茶「おもかげ」で、すずめは、ゆうこに耳打ちします。「わたし、多分、妊娠している。」

 

ゆうこが、「えっ!」と、驚きます。シロウもボクテも「えっ!」と、同時に驚きました。それを聞いて、すずめも「えっ!」と、ビックリします。

 

「私、今、ゆうこだけに言った。」「聴こえてる、すずめ、ボリューム調節がヘン。」すずめは、気付かすに、大声で、耳打ちをしていました。

 

涼次、働かず布団の中

半分、青い。101話。涼次
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

藤村家の離れでは、涼次が布団に寝転んだまま、新聞を見ています。祥平が監督する「名前のない鳥」の記事でした。

 

涼次は、ため息をつきながら、新聞を放り投げました。布団の周りに散らかった、スナック菓子を食べました。

 

すずめが、仕事から帰ってきます。涼次が、「すずめちゃん、お金貸して。外で飲んでくる。」と、起き上がりました。

 

すずめは、黙って財布を見ます。1000円札が5枚、入っていました。3枚、涼次に渡しました。

 

涼次、自暴自棄の生活が続く

「働きなよ、涼ちゃん。」「何をやって?」「助監督の仕事、あるでしょ。」「永遠に監督になれない助監督なんて、やっても意味ないじゃん。」

 

「お金、家にいれてよ。」「いらないよ、こんなはした金。」と、涼次がテーブルに叩きつけた1000円札が、床に落ちました。

 

すずめは、お金を拾います。「私は、大納言で時給800円だから、私のほぼ4時間分。」「貧乏くさ。」と、言って、涼次は出て行きました。

 

すずめは、お腹が痛み出します。お腹に、手を当てました。「ああ、痛い。」

 

すずめ、お腹が痛くなる

半分、青い。101話すずめと光江
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

藤村家の母屋では、光江が帽子教室をしています。そのとき、教室のブザーが鳴りました。

 

光江は、離れに行きました。すずめが、苦しんでいます。「すずめちゃん、どないしたん。大丈夫か。お腹か。」

 

光江は、慌ててブザーを鳴らし、麦とめありを呼びました。

 

すずめ、病院で診てもらう

半分、青い。101話すすめと三オバ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

夜になり、涼次が帰ってきました。離れに入りますが、すずめがいません。涼次は、リボンが付いた袋をテーブルに置きました。

 

三オバに付き添われ、すずめが帰ってきました。真っ暗な玄関前に、涼次が座っていました。

 

母屋に入り、光江が説明します。「この子なあ、お腹が痛くなって、倒れたんや。」「ストレスか緊張で、一時的に痛んだって。」

 

「ごめん、本当にごめんなさい。」と、涼次が、頭を下げます。「僕が、このあいだの1件で、グダグダになって、何日経っても立ち直らないから、すずめちゃん、心労で。」

 

「あのね、涼ちゃん。」とすずめが言うと、三オバは、席を外すと、立ち上がりました。

 

涼次、すずめの妊娠に異常に喜ぶ

半分、青い。101話すずめと涼次
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

「えっ、離婚。もしかして、離婚。別れ話を切り出されるの俺。やだ!」と、涼次は、慌てます。

 

「違う、違う。」「あっ、光江さんも麦さんもめありさんも、できたら、ここにいていただいて。」と、すずめが言うと、三オバは、いそいそと席に戻りました。

 

「涼ちゃん、私、子供が出来たの。」「まじすか。」と言った涼次は、「イエーッ!」と、両手を挙げて、大声で叫びました。

 

「ヤッター、子供。すっげー嬉しい。」「えっ、そんんなに?」「子供、欲しかった。すずめちゃんとの子供。チョー嬉しい。」

 

涼次は、すずめがビックリづるほど、喜びました。

 

涼次、映画を辞めて働く

「すずめちゃんはなあ、子供できたこと、あんさんに、よう言わなんだ。」「しばらく黙っとったんや。」と、光江が教えます。

 

「だって、涼ちゃん、いろいろ大変な時期やったし、監督になりたいのに、子供なんて、喜んでもらえないかなって。」

 

「そんなワケないよ。俺、すっげー嬉しいよ。」すずめを抱きしめ、「ごめんね。俺、目が覚めました。映画は辞める。」

 

「すずめちゃんと子供のために、俺が働く。」と、涼次は言いました。

 

 

 

三オバ、涼次の異常さに気付く

三オバは、台所で料理をしています。「あの喜び方は、ヤバイ。」「あの子は、この間あんなことがあって、今が辛いから。」と、麦が言います。

 

「それ、言うたらアカン。言葉にしたら、アカン。本当になってしまう。」「すずめちゃんは、気付いとらん。」「これで、ええ。」と、光江が止めました。

 

「でも、子供が出来たことは、本当に嬉しいんだよ。涼ちゃん。」と、めありが言います。「小さい頃、親亡くしているから、余計だよ。」

 

涼次、すずめの検診に行きたい

離れでは、すずめが、万華鏡を覗いています。「ああ、綺麗、万華鏡、涼ちゃんのおみやげ。」

 

「ああ、4センチか。ちっちぇー。」涼次は、エコー写真を見ています。「これが、動くの。今度、絶対一緒に、検診に行く。」

 

「泣いちゃうよ、涼ちゃん。きっと。」「多分。」と、涼次は、笑いました。

 

涼次、祥平に辞めることの挨拶

半分、青い。101話すずめと涼次
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

オフィス・クールフラットに、涼二とすずめが、行きました。「祥平さんには、きちんと、挨拶をして辞めたいと思って。」

 

涼次は、スーツを着て、ネクタイを締め、祥平に会いました。

 

「じゃあ、これから、どうやって生きていく。」涼次は、結局、子供のために、100円ショップ大納言で、働くことになりました。

 

祥平は、「名前のない鳥」の脚本料を、涼次に渡しました。祥平は、涼次が映画監督としてデビューできるよう、動いていました。

 

「いいんです、もう。俺、決めたんで。」「今まで、お世話になりました。」涼次は、立ち上がり、頭を下げました。

 

『こうして、涼ちゃんの、長い長い夢が終わり、すずめとお腹の子との新しい旅が、始りました。』

 

すずめ、糸電話を送ってもらう

楡野家では、部屋で、仙吉が机に向かい、筆を走らせています。机には、名前が、ぎっしり書かれたノートがあります。

 

仙吉は、半紙に「森山かえで」と、墨で書きました。「うーん、いい名前や。」と、満足します。

 

宇太郎が、部屋を覗き、「何やっとりやす。」と、仙吉に声をかけます。半紙に書いた名前を見つけ、「まだ懲りてないか。すずめの子供の名前、付けるつもりか。」

 

晴は、居間で、すずめと電話中です。「5ヶ月やなあ。うん?あったかなあ。」すずめが、探して、送って欲しいと、丸くなったお腹を摩りながら、頼みました。

 

晴は、押入れの中の箱を探します。「あった!」

 

『いつの日か、お腹にいるすずめに話しかけた、その糸電話で、今度は、すずめが、自分のお腹の赤ちゃんに、話しかけると思うと、涙もろい晴さんは、もうダメですよね。』

 

晴は、糸電話を見つめながら、涙をこぼしました。

 

半分、青い。101話ネタバレ、感想

涼次は、ずい分荒れていますね。自分から祥平に、映画化をお願いします、と言ったものの、自暴自棄になっていますね。

 

しかも、すずめに離婚されるのは、怖いのですね。だったら、どうにかすれば、と突っ込みたくなりますが、それが人間ですね。弱いです。

 

そんな、苦しみの状況で、すずめの妊娠を知ります。異様な喜び方に、麦でなくても、違和感を感じますね。

 

涼次は、現在の苦しみから逃げるための、逃げ道を見つけた、のでしょうか。そうだとすれば、また、近いうちに、破滅がやってきますね。

 

麦も光江もめありも、そう思ったのでしょうか。すずめだけが、気付いていない、のでしょうか。

 

半分、青い。101話キャスト

森山 鈴愛:永野 芽郁
森山 涼次:間宮 祥太朗

楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 仙吉:中村 雅俊

浅葱 裕子:清野 菜名
藤堂 誠(ボクテ):志尊 淳
シロウ:東根作 寿英

元住吉 祥平:斎藤 工

藤村 光江:キムラ 緑子
藤村 麦:麻生 祐未
藤村 めあり:須藤 理彩

語り:風吹 ジュン

 

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

 

スポンサードリンク

 

 

RECOMMEND
人気記事