半分、青い。126話(第21週「生きたい!」)です。律が、葬儀の途中で、姿を消します。すずめが、律を川原で見つけました。

 

一方、涼次は、監督した映画がヒットしています。すずめは、涼次に負けないよう、仕事に頑張るキ決意をしました。

 

カノは、フィギュアスケートに夢中です。畳の上で、3回転ジャンプに挑戦しました。

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。126話ネタバレ、あらすじ

ワコさんが亡くなり、お葬式が終わりました。火葬場では、萩尾家の控え室に、すずめと晴が座っています。

 

奥の方の席に、より子が座っています。より子の横には、翼がおとなしく、背筋を伸ばして座っています。より子は、ハンカチで口を隠し、あくびをしていました。

 

弥一が、来ました。「すずめちゃん、律が、おらん。どっか、行ってまった。」と、小さな声で、言いました。

すずめは、思い当たる場所に、行ってみます。いつもの川原に、律が座っていました。

 

「律。」と、声をかけます。「うん、すぐ戻る。」「ああ、一人の方がいいか。」「いや、いいよ。いてよ。」すずめは、律の横に、座りました。

 

律、葬儀を抜け出し川原に行く

律が、小石を投げます。「今日、流れ速いな。」。すずめは、立ち上がって、水際へ行きました。小石を拾い、水切りをします。

 

『私たちは、生きてる限り、失くし続ける。何かを失くし続ける。私は、9歳の秋に、左耳の聴力を失くし、律は、昨日ワコさんを失くした。』

 

『そして、そんな時も、私たちは二人でいた。』

 

律が、すずめの傍に来て、水切りをします。「石の形、大事。」と、律が、すずめに小石を渡しました。

 

律から貰った小石を、すずめが投げます。一度も跳ねませんでした。「ヘタ。」と、律が、言いました。

 

 

 

萩尾家と西園寺家の話し合い

『そして、やがて、ふくろう商店街にも秋の気配です。』

 

すずめは、五平餅を焼きながら、あくびをしています。「お前、なにあくびしとる。」と、ブッチャー。「おお、ブッチャー。何しに来た。」

 

「失礼やな、客や。五平餅くれ、3本。」「よう食べるな、太るぞ。」「お前、土曜来るやろ。ともしびのふくろう会。」

 

「あれ、今日健人は。」と、ブッチャー。「えっ、知らんの。今日、西園寺家とうちと。」「あ、ほやった。」

 

健人とと麗子、婚約報告をする


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

楡野家に、健人と楡野家の人々。「ああ、結婚。」と、宇太郎。「はい、ねえ。」と、健人とと麗子が、見つめ合います。

 

「そういうことらしいんで。」と、満と富子。「健人、アメリカに帰らんんでいいの。」と、晴が聞きます。「はい、うちの親、そういうの元々ないんで。」

 

「ここ、岐阜のふくろう町の土地で、麗子さんと一緒にやっていきたいなと、思い始めました。」「それは、おめでとう。」

 

健人は、結婚式は、仙吉の喪が明けてからと、考えています。それまでの間、麗子は、センキチカフェで働きたいと、言いました。

 

健人と、離れたくない。いつも一緒にいたいと、二人は、思っています。その代わり、センキチカフェの土地代、毎月の賃料は、払わなくていいと、満が言いました。

 

涼次、”恋花火”がヒットする

「あれは、急いどる。姉ちゃんは40歳近い。健人君の気が変わらんうちに、さっと。」と、ブッチャー。

 

「そういうことや。」と、言いながら、ブッチャーは、スポーツ新聞を広げました。すずめは、新聞を見て、驚いて、取上げます。

 

「ああ、涼ちゃん。」スポーツ紙に、涼次の写真と記事が、載っていました。「”恋花火”口コミで人気 ロングランヒット中!!」

 

「私の元ダンナ。」「ふぎょぎょ」と、ブッチャーが、大げさに驚きました。

 

すずめ、涼次に負けないよう仕事を頑張りたい

半分、青い。126話。喫茶ともしび
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

喫茶「ともしび」で、ふくろう会です。まさこが、涼次の記事があったスポーツ新聞を捜します。「ああ。これやこれや。」

 

ブッチャーが、記事を見せます。「おー。」と、歓声。「まだ、忘れられんか。」「なんか、まだ、胸がちょっと痛いな。」と、すずめ。

 

「でも凄いな。本当に映画監督になっている。アカン、私も頑張らないかん。負けとられん。」

 

「すずめも、センキチカフェ頑張っとる。」と、律。「それが、最近・・・。」麗子が手伝いに来て、健人を含め3名になりました。

 

「働いてると、人にぶつかる。これは、人が多すぎると言うこと。」「つくし食堂、混んどる。人手欲しいやろ。」と、菜生。

 

「いや、それが・・・。」里子が、来るようになりました。大地を私立の小学校に、行かせるためです。

 

律、来月に大阪へ戻る

半分、青い。126話すずめと律
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

すずめと律は、ふくろう商店街を歩いて帰ります。「弥一おじさん、どう?」「うん、元気に働いとるよ。49日も終わったしな。」

 

「律は、どう?」「うん、まあ、なんとか。」「すずめ、俺、今度の移動で、大阪へ戻る。もともと、ワコさんの看病のためだから。」

 

「今度って、いつや。」「来月。」

 

カノ、テレビの女子フィギュアスケートを見る

半分、青い。126話カノ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

楡野家では、揃ってテレビを見ています。女子フィギュアスケートの場組みです。浅田真央の演技が、始りました。

 

カノは、テレビの前で、釘付けになって見ています。真央ちゃんの3回転ジャンプが、決まりました。

 

真央ちゃんの演技が終わると、カノが立ち上がりました。「あの、はい。カンちゃん、跳びます。真央ちゃんみたいに、3回転します。」

 

晴や宇太郎は、ちゃぶ台を避けて、居間に広いスペースを作りました。

 

カノ、畳の上のダブルアクセル成功

半分、青い。126話カノ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

カノが、居間の端に立ちます。「いきます。」と、右手を上げました。カノが走り出し、ジャンプをします。そして、回転しました。

 

両手を挙げて、きれいな着地をします。「えっ、いま2回転半位したよね。すごいやない。」「カンちゃん、金メダルとれるんやない。」

 

居間で、大騒ぎしている時、すずめが帰ってきました。「何ごと。」と、すずめは、騒ぎの意味が分かりません。

 

『まさか、この時のカンちゃんの、畳の上のダブルアクセルが、この先のすずめの人生を、大きく変えることになるとは、お釈迦様でも知りますまい。』

 

半分、青い。126話ネタバレ、感想

ワコさんが、逝きましたね。律は、落ち込んでいますが、より子は、あまり関係なさそうですね。萩尾家とは、上手くいってないようです。

 

律は、ワコさんが亡くなったので、大阪に戻ります。弥一を一人残して、大丈夫でしょうか。大阪の家族と、仲良くできるのでしょうか。

 

さて、カンちゃんです。どうやら、スケートが、好きなようですね。それも、フィギュアスケートです。

 

テレビで、真央ちゃんが、ジャンプしている姿を見ただけで、自分でも跳べるのでしょうか。着地も決めるなんて、天才でしょうか。

 

名古屋は、真央ちゃんや安藤美姫など、フィギュアスケートが盛んなところですね。始めるには、いい環境ですが、かなりのお金がかかります。

 

すずめは、カノに、フィギュアスケートをさせる資金が、用意できるのでしょうか。

 

半分、青い。126話キャスト

楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 花野:山崎 莉里那

楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉
楡野 里子:咲坂 実杏
楡野 大地:田中 レイ

萩尾 弥一:谷原 章介
萩尾 律:佐藤 健
萩尾 より子:石橋 静河
萩尾 翼:山城 琉飛

西園寺 龍之介(ブッチャー):矢本 悠馬
西園寺 菜生: 奈緒
西園寺 満:六角 精児 龍之介の父
西園寺 富子:広岡 由里子 龍之介の母
西園寺 麗子:山田 真歩

まさこ:ふせえり
健人(けんと):小関 裕太

朝井 正人:中村 倫也

語り:風吹 ジュン

 

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

 

スポンサードリンク

 

 

RECOMMEND
人気記事