半分、青い。136話(第23週「信じたい!」)です。晴は、ガンの初期なので、あまり騒がないでと言います。

 

すずめは、カノがフリマに出るので、一人で帰ることになりました。その間、カノは、律と正人に預けます。カノは、喜んでいました。

 

当日、三人は、シェアオフィスに出かけます。フェアの中で、律は、ある展示品に、目が留まりました。

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。136話ネタバレ、あらすじ

晴は、台所で、後片付けをしています。「言わんでもよかったのに。」と、晴。「ほやけど、後から起こられる。」と、草太。

 

「すずめ、帰ってくるか。」と、宇太郎。「土曜日。」と、草太。「まだ初期や、手術すれば治る。大げさにすること、なかったのに。」

 

「ほやけど、うちにとっては、一大事や。」「五郎ちゃんも、秋風先生も、ガンやっとった。今だに元気や。騒ぐことないって。」

 

「ほやけど、手術は、ちょっと、怖いな。」「晴さん、手術したことないもんな。俺は、オペしたことあるぞ。盲腸やけどな。」と、宇太郎。

 

すずめ、晴を心配して電話する

半分、青い。136話すずめ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

楡野家の電話が、鳴ります。「すずめやな。」「ああ、もう面倒くさい。草太出て。」と、晴。惣大が、受話器を上げると、すずめでした。

 

「お母ちゃんに、代わって。」「お姉、泣いとるか。お母ちゃん、泣いとるんやったら、出たくないって。あんまり、大丈夫なのとか、お姉ちゃんのテンションで、言われたくないやないか。」

 

「お母ちゃん、お腹にキズができるで、ナーバスになっとる。」。そこで、晴が、代わります。「お母ちゃん、すずめや、大丈夫か。」

 

「あんたの、その、ものすごく心配する感じが目に浮かんで、よう電話しなんだ。」「分からんでもないな。」と、すずめ。

 

すずめ、律や正人の話をする

「アッ、ほうや、お母ちゃん。私、律に会った。」「えっ、あんた、お母ちゃんのガンの話やないのかね。」「それは、草太から詳しく聞いた。」

 

「家族で結束して、お母ちゃんを助けようと、話がついとる。アッ、ほいで、マー君にも会った。お母ちゃんを東京駅まで送ってくれた。」

 

「マー君とは、屋台を引いて・・・、いやいや、屋台みたいなタイ料理屋で、偶然会った。」「どっちか、再婚してもらえんかね。」と、晴。

 

「お母ちゃん、私もアラフォーや。39や。まあアカンかなあ。」。二人は、電話で何をしゃべっているのか、聞いていた宇太郎と草太は、不思議に思いました。

 

楡野家、晴と宇太郎の二人になった

晴と宇太郎は、布団を並べて寝ています。「あの子は、関係ない話をして、電話を切った。あれ、わざとやないかね。」

 

「手術の話は、怖いで、私もあんまり、したくない。」と、晴が、背中を向けます。そして、泣き声が聴こえました。

 

宇太郎が、驚き声をかけます。「晴さん。」。晴は、ニッコリ笑って、振り向きました。「なんや。」と、宇太郎。

 

「あの子の発明品、知っとる?キレイだよと言う鏡、チヤホヤ粉、あと、マアアカン袋やと。」「アホやな、あいつは。」

 

「マアアカン袋は、今度、持って来てもらおうと、思うんよ。」「この家も寂しくなったな。二人きりや。ほやけど、何かあると、こうやって、帰って来てくれるのは、いいね。」

 

晴は、フフっと、笑いながら眠りました。

 

 

すずめ、マアアカン袋で叫ぶ

「お母ちゃん!大丈夫か!心配や!神さま!頼んだぞ!」と、すずめは、マアアカン袋で、叫びました。袋を叩くと、”ふぎょ”と言いました。

 

すずめは、カノを寝かしつけた、真っ暗な部屋で考えます。「あと、言っとかなアカンこと。」すずめは、マアアカン袋で、叫びます。

 

「津曲!平気な顔して帰ってきやがって!私は毎日債権者に土下座した!」”ふぎょ”「なんで、これ売れん。」と、すずめは、思いました。

 

「律、おかえり。」と、すずめは、袋なしで言いました。

 

すずめ、律からのメールを受信

すずめのケイタイに、メールの着信です。「大丈夫か、スズメ。ハルさん、どうだった?」と、律からでした。

 

「さっき話した。元気そうだった。今日は、ごめん。」と、返信します。

 

「そうか、何でもできることあったら言えよ。もう、寝とるかと思って、メールにした。」「サンキュー、リツ。おやすみ。」

 

『すずめは、律君の”何でもできることあったら言えよ”を握り締めて、寝ました。』

 

『そして、みんなが、眠る夜です。すべての夜だけでも、安らかでありますように、いい夢を見られますように、とお婆ちゃんは、空で思っています。』

 

律と正人、カノとシェアオフィスへ行く

半分、青い。136話すずめとカノ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

『さて、その日、すずめのシェアオフィスでは、オープン・オフィス・フェアが。』

 

『カンちゃんは、そこのフリーマーケットで、カニを売る予定でしたが、すずめが岐阜に帰る日と重なってしまったので、正人君と律君が、連れて行くことに、なりました。』

 

「カンちゃん、このエプロンで、カニを売ります。」「こうやって、カニを釣る。」

 

律と正人が、カノを迎えに来ます。「カンちゃん、今日は、お泊りまで、ずっと一緒だよ。ママいなくて、平気?」と、正人。

 

「カンちゃん、ミイバアバも、おいでって言ってくれたんだよ。」「カンちゃん、律と正人の間に、寝たい。」「この子、魔性だったか。」と、すずめ。

 

律、シェアオフィスで再会する

半分、青い。136話。南村
引用元;http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

律と正人が、カノを連れて、シェアオフィスに、行きました。中から、恵子が走ってきます。「カンちゃん!ちょっと久しぶり。」

 

恵子は、カノを抱き上げます。「正人さん、こんにちは。」「初めまして。萩尾率です。」「緑の惑星から来ました。加藤恵子です。」

 

恵子は、律にシェアオフィスの中を案内します。律は、小さなロボットの展示の前で、立ち止まりました。

 

恵子が、部屋の中に案内します。中には、男性が一人、パソコンに向かい、ロボットの手を操作しています。

 

律は、その男性を見て、驚きました。「南村さん?」「覚えてないですか、萩尾率です。」「えっ、あの宇佐川研究室の萩尾か?」

 

半分、青い。136話ネタバレ、感想

晴さんのガンは、初期のものだそうですね。本人は、大丈夫だと言います。しかし、周りの家族、特に、すずめが心配します。

 

あまりに心配されると、当人も逆に、心配が増幅しますね。それでなくても、手術やその後のことが、不安なのに、その不安を煽られる気がしますね。

 

やはり、一番心配なのは、晴さんですね。そっとしておいて欲しい、と言う気持ちも分かりますね。

 

すずめは、心配のあまり、大げさになるので、気を使ったようです。その分、マアアカン袋で、発散しました。

 

思いっきり叫んでも、声が広がらないので、ストレスも解消できますね。すずめが、つぶやいたように、売れてもいいんじゃないかと、思います。

 

さて、律は、大学時代のロボット研究室の先輩と再会します。大手メーカーから独立して、ロボット開発をしています。

 

律にとって、いいキッカケになりそうな気がしますね。

 

半分、青い。136話キャスト

楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 花野:山崎 莉里那

楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉

萩尾 律:佐藤 健
朝井 正人:中村 倫也

加藤 恵子:小西 真奈美
南村:山崎樹範

語り:風吹 ジュン

 

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事