半分、青い。67話(第12週「結婚したい!」)です。スズメが、新人賞を受賞し、担当者も付きました。連載デビューミ決定しました。

 

読者からのアンケートハガキも大量に届きます。しかし、その多くは、梟町からのハガキでした。

 

ボクテからも、お祝いのケーキが届きます。ボクテは、スズメが知らないところで、応援もしていました。そのことに、裕子が気付きます。

 

半分、青い。67話キャスト
楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉
楡野 仙吉:中村 雅俊

秋風 羽織:豊川 悦司
菱本 若菜:井川 遥
小宮 裕子:清野 菜名
藤堂 誠(ボクテ):志尊 淳
ツインズ:MIO(姉)、YAE(妹)

北野編集長:近藤 芳正

語り:風吹 ジュン

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

 

半分、青い。67話ネタバレ、あらすじ

半分、青い。67話つくし食堂
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

『ボクテ君が、辞退したせいで、ガーベラ大賞新人賞に、繰り上がり入賞したスズメ。棚ボタと言うか、トコロテン式のデビューです。』

 

つくし食堂では、宇太郎が、たくさんの月刊ガーベラを買い込んで来ました。晴も仙吉も、ビックリデす。スズメのページを開いて、「おーっ」と、歓声を上げました。

 

『スズメが、上京して2年。20歳の夏でした。』

 

スズメのデビュー祝い

スズメと裕子は、スズメのデビュー祝いに、二人でカンパイします。めでたいので、裕子が準備しました。

 

裕子は、町で流行っている、天井で回る扇風機を真似ています。スズメは、町に繰り出せばよかったと、言います。

 

しかし、裕子は、「ムリだ」「私たちは、この2年間、漫画を描くか、寝るか、菱本ちゃんの買ってくる、うまいお菓子を食べるか、しかしてない。」

 

「そんな私たちが、渋谷とか、青い山に行っても、厳しいものがある。」「でも、そのおかげで、私もスズメも、デビューできた。頑張ったかいがあった。」と、言いました。

 

「でも、本当は、ガーベラ新人賞、ボクテだった。私は、ボクテの代わり。繰上げ入賞。複雑な思いだ。」と、スズメが、こぼします。

 

その時、ツインズが、スズメへの宅配便を持ってきました。中味は、バラのケーキでした。

 

ボクテからのケーキ

ケーキは、ボクテが贈ったものでした。「スズメちゃん、デビューおめでとう。『一瞬に咲け』本当に、ステキな作品。応援しています。

 

僕もまた、頑張っています。月刊アモーレは、あれきりにして、ほかの雑誌で、メジャーデビューを目指しています。

 

スズメちゃんには、本当に申し訳ないことをしました。ごめんなさい。でも、スズメちゃんと裕子ちゃんと三人で、プロの漫画家として会えるのを夢見て、頑張ります。」と、メッセージが入っていました。

 

 

アンケート用紙

楡野家では、草太と草太の友達が、三人で、黙々とアンケートハガキを書いています。仙吉が、五平餅を焼いて持って来ました。

 

ノルマは、一人10枚です。代わりに、五平餅が食べられます。仙吉も書きました。宇太郎も参加して、書き始めました。

 

つくし食堂では、晴が、高校生や小学生として、アンケート用紙を書いています。

 

アンケート、組織票

半分、青い。67話。草太
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

オフィス・ティンカーベルでは、散英社から、スズメの担当者がやって来ました。スズメは、さっそく「楡野先生」と、呼ばれました。

 

北野編集長が、スズメのアンケートハガキの束を渡しました。スズメは、広げられたアンケートはがきを見て、動揺します。

 

そして、消印の部分を、コップで隠します。秋風が、「お前、何をやっとるんだ。」と、言います。さらに、スズメは、両手でも、ハガキを隠し始めました。

 

『スズメは、しまったと、思いました。』

 

スズメは、草太に電話して、アンケートハガキの組織票を依頼しました。報酬は、デビューしたら、クルマを買うことでした。

 

秋風が、ハガキの消印が、全部梟町になっていることを、バラしました。そして、ハガキの何枚かには、五平餅のタレが付いていました。

 

北野編集長は、「新人デビューの時は、ありがつなことで」と、気にしませんでした。

 

スズメ、連載が決まる

半分、青い。67話。編集長
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

編集長は、スズメの連載が決まったことを告げました。「一瞬に咲け」は、編集部でも評価が高く、別のアンケートハガキも届いていました。消印は、東京からでした。

 

裕子より先に、スズメの連載が決まり、裕子は、「けなるい!」と叫びたい気持ちでした。

 

裕子は、ボクテが送ってきたケーキの伝票から、電話番号を調べ、ボクテに電話しました。

 

ボクテは、まず月刊ガーベラを100冊買いました。そして、アンケート用紙を切り取ります。ボクテは、漫画家を目指しているので、いろんなキャラクタになれます。

 

いろんなキャラクタで、100通りの感想を書きます。それをプリントアウトします。ボクテは、2丁目での人気を利用して、アンケートを書いてもらいます。

 

そして、いろんな場所から、アンケートハガキを投函しました。

 

裕子は、そのことに気付いたので、ボクテに電話して、確かめたのでした。

 

ボクテの心配

ボクテは、アンケートハガキだけでは、連載が決まらないことを知っています。ただ、罪滅ぼしの援護射撃として、スズメを後押ししました。

 

裕子は、ボクテのことが、心配でした。ボクテは、持込を始めました。丸山出版の月刊リリーです。リリーでは、江口編集長が、独断で厳しいと、評判でした。

 

裕子hが、ボクテと電話している様子を、秋風が、ドアの陰から聞いていました。

 

秋風は、部屋に戻ります。すると、スズメが廊下にいたので、ビックリしました。スズメは、連載決定のお礼を言いました。

 

「いいか、ここからが勝負だ。連載デビューが決まってからが、漫画家だ。」と、スズメを励ましtました。

 

秋風、ボクテの援護

半分、青い。67話。秋風
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

部屋に戻った秋風は、名刺フォルダーをめくります。そこから、1枚の名刺を取り出しました。月刊リリー編集長・江口正樹でした。

 

江口の名刺には、「苦手」と、秋風が、メモをしていました。

 

しばらく、思案した秋風は、受話器を取り電話をしました。秋風は、リリーが快調で、なりよりですと、慣れない様子で、お世辞を言いました。

 

そして、ボクテの名前を出しました。

 

『ボクテへの援護です。』

 

裕子も、負けずに連載を取るため、自分の部屋で、原稿に取り掛かりました。

 

半分、青い。67話ネタバレ、感想

スズメの新人賞デビュー作品が、月刊誌に掲載されましたね。つくし食堂は、大騒ぎになります。すずめのアンケート用紙を大量に描くためですね。

 

読者の評判がよければ、連載デビューできるので、大事なことですね。ただし、スズメの場合は、草太を巻き込んだ組、織票でしたね。

 

しかし、編集部の受けも良かったようで、連載が決まりました。

 

一方、ボクテは、いろんな出版社に、持ち込みをしてるようです。売り込みですね。そのことを知った秋風が、陰から応援しようと、動き出しましたね。

 

クビにはしたものの、ボクテを育てたのは、秋風ですから、やはり、見捨てることは、できないようです。

 

上手くデビューできるといいですね。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事