半分、青い。155話(最終週「幸せになりたい!」)です。すずめは、洋二から、裕子の様子を聞きました。最後まで、患者を見捨てなかった、裕子です。

 

そして、裕子のスマホが見つかりました。スマホの中には、裕子の遺言が、録音されていました。

 

すずめは、裕子の最後のメッセージを聞き、立ち上がりました。

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。155話ネタバレ、あらすじ

すずめは、亡くなった裕子に会うため、仙台の浅葱家に行きました。

 

「すずめさん、そよ風の扇風機は、進んでいますか?」と、洋二。「裕子は、あの扇風機、病院の患者さんやお年寄りや赤ちゃんに優しいと言って、出来上がったら、病院に入れたいと言ってました。」

 

「裕子はね、すずめさんの話し、よくしてました。何にかって言うと、すずめはねって、嬉しそうな顔で。こっちが、焼けるくらいでした。」

 

すずめは、裕子の写真を見ました。裕子は、穏やかに微笑んでいました。

 

すずめと律宛の手紙

スパローリズムに、正人が来ました。正人は、仕事の合間に、立ち寄りました。

 

「すずめちゃんは?」「仙台。」「ああ、とうとう、行ったのか。」。その時、速達が、届きました。

 

封筒の宛名は、すずめと律の連名に、なっていました。差出人は、秋風羽織でした。

 

「速達で?開けた方が、いいんじゃない。」と、正人が、言いました。律は、封筒を開き、便箋を取り出しました。

 

秋風羽織からの手紙

半分、青い。155話。秋風の手紙
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

「すずめ、律君。元気だろうか。短い手紙を書きます。人生は、希望と絶望の繰り返しです。私なんか、そんなひどい人生でも、たいした人生でもないのに、そう思います。

 

でも、人には想像力があります。夢見る力が、あります。生きる力があります。明日、これからを、どんなヒドイ今日からだって、夢見ることは、でsきます。

 

希望を持つのは、その人の自由です。もうダメだと思うか、いや、いける、先は、きっと明るいと思うかは、その人しだいです。

 

律君とすずめには、その強さがあると信じています。秋風羽織」

 

裕子、最後まで患者に寄り添う

半分、青い。155話。裕子の最後
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

「あの日の話を、少し、してもいいですか。」と、洋二。「裕子は、いつものように、病院に出かけて行きました。

 

あの日、地震が来て、そして、津波が来ました。患者さんを上に、上げたそうです。でも、全員動かせる訳じゃない。寝たきりの人もいる。

 

裕子は、最後まで、動けない患者さんに、寄り添ったんだそうです。」と、洋二が、語りました。

 

律、すずめを守るために生まれた

半分、青い。155話。正人
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

「でも、すずめちゃん、一人で行って、大丈夫だったの。」と、正人。「裕子ちゃんと、すずめの関係は、二人のものだから。俺がいたら、余計かと、」

 

「すずめは、一人で、裕子ちゃんに向き合った方が、いいと思った。そうじゃないと、本当に受け入れたり、乗り越えたり、できないんじゃないかって。」

 

「多分だけど、すずめは、裕子ちゃんにとって、ただの親友じゃなく、特別な存在だったと思う。だから、俺は、ここにいる。」

 

「律は、今までも、遠くにいたり、近くにいたりしながら、すずめちゃんを守ったんだな。」

 

「俺の生まれた意味は、それなんだ。あいつを守るためなんだ。」

 

「それ、本人に、言わないの?」「言わないね。言うなよ。」「了解いたした。」と、正人が、言いました。

 

 

裕子の録音が見つかる

「裕子のケイタイが、近くに打ち上がっていて。」と、洋二が、壊れたスマホを持ってきました。

 

「もう、電話は、壊れてしまってたけど、中に、録音したものが、残っていて。」と、洋二が、メモリーカードを見せました。

 

「裕子が、遺言って言っていいのか。」と、洋二は、別のスマホで、録音の再生をしました。

 

裕子の遺言

半分、青い。155話。裕子の遺言
引用元b:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

「えーっと。裕子です。あんまり、暗くなりたくないなあ。言いたいこと、言います。クーちゃん、ママがいなくなっても、しっかり生きるんだよ。絶対、君は大丈夫だからね。

 

洋二さん、ごめんなさい。私、患者さんを置いていくこと、できません。クーちゃん、よろしく。今まで、ありがとう。

 

ボクテ、ちゃんと漫画描きなよ。私たちの中で、唯一の生き残り。売れっ子。ガンバレ。

 

すずめ、生きろ。私の分まで、生きてくれ。そして、何かを成し遂げてくれ。それが、私の夢だ。生きろ。すずめ。」

 

遠くから、裕子を呼ぶ、患者の声が、聞こえます。「呼ばれてる。じゃあね。」と、裕子が言い、録音は終わりました。

 

羽ばたく3羽の青い鳥

半分、青い。155話。すずめ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

すずめは、裕子とボクテで、一緒に踊った、海の歩道に来ました。

 

すずめは、裕子が、いつも歌っていた、「ユー・メイ・ドリーム」を、口ずさんでいます。

 

「あなたの事思うと すごく胸があつくなるの・・・」

 

この日、すずめは、缶ジュースを2本、持って来ました。二つ並べて、座った横に置きました。

 

「歌ってよ。」と、思わず、つぶやきました。

 

すずめは、ボクテからもらった、お守りのキャラメルを出します。それを、口に入れました。

 

「それが私のすてきなユメ ユメ ユメ ユメ ユメ ユメ」

 

すずめが見上げた空には、3羽の青い鳥が、楽しそうに、羽ばたいていました。

 

すずめ、生きて裕子の夢を叶える

すずめが、スパローリズムに、帰ってきます。

 

「律、そよ風ファン、作ろう。『すずめ、生きろ。私の分まで生きてくれ。そして、何かを成し遂げてくれ。』私は、生きて、裕子の夢を叶える。」

 

すずめは、律に、決心を伝えました。

 

半分、青い。155話ネタバレ、感想

すずめは、洋二から、裕子の最後の様子を教えてもらいましたね。裕子は、やはり、動けない患者を見捨てることが、出来なかったようですね。

 

だから、患者と共に、津波にのまれた、と言うことですね。

 

あの時、役場の女性が、地域の放送で、避難を呼びかけ、津波の犠牲になったと、報道されました。裕子も、同じように、行動したのですね。

 

自分のこととして考えると、とても勇気のある決断だと思います。

 

一方、秋風先生から、すずめと律に、手紙が来ましたね。最後になって、こんな重いやり取りのドラマで、なんだか、後を引きそうですね。

 

明日の最終回は、報道をシャットアウトして、撮影されたとのことです。どんな、未公開が待っているのでしょう。

 

できれば、楽しく、希望に満ちた、エンディングが、いいですね。

 

半分、青い。155話キャスト

楡野 鈴愛:永野 芽郁

萩尾 律:佐藤 健
朝井 正人:中村 倫也

秋風 羽織:豊川 悦司
浅葱 裕子:清野 菜名
浅葱 洋二:山中 崇

語り:風吹 ジュン

 

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事