なつぞら あらすじ25話 です。

 

なつは、演劇を無事にやり遂げ、泰樹は今までの考え方を変えました。

 

酪農家は団結し、より良い農業を目指すことになりました。

 

なつは、最後の夏を迎えることになりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

なつぞら あらすじ25話

なつぞら なつ、演劇が終わる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつ達の演劇が終わりました。

芝居を見た泰樹は、農協に協力する決心をしました。

 

早速、音問別(おといべつ)農協で集会をし、泰樹が参加すると発表しました。

 

これで、酪農家が団結できる体制が、出来上がりました。

 

勝農演劇部は、地区大会で敗れました。

 

なつ達は、天陽の背景画や舞台装置を廃棄しました。

 

門倉は、卒業したら嫁になってくれと、なつに告白しました。

 

「ごめんなさい。それは、できない。」と、なつが即答しました。

なつぞら なつ、門倉の告白引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

8月になりました。牧場の草刈の季節です。

 

刈った草は、乾燥させて干草にします。

 

天陽の家族も草刈を手伝い、干草を分けてもらいます。

 

一家総出の大仕事ですが、夕見子だけは、受験勉強をしていました。

 

天陽の兄の陽平が、画材道具を東京から、なつのために送ってきました。

 

泰樹は、なつに絵が好きなのかと聞きました。

 

なつは、天陽のように絵は上手くないが、絵で表現するのが好きだと言いました。

 

泰樹が、なつに話があると、言いました。

 

なつと天陽を一緒にさせられない。天陽が、婿になるなら別だが。なつには、牧場を継いでもらいたい。

 

照男だけではムリで、バター工場もやりたい。

 

それがムリなら、ハッキリ言ってくれ。なつの意志を無視する気はないと、泰樹が言いました。

 

急にそんなことを言われても、天陽とは、そんな仲ではない、となつは困りました。

 

なつは、陽平から貰った画材を持って草原に行きました。

なつぞら なち、草原で絵を描く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

そして、大好きな十勝の風景を描き始めました。

 

一方、夕見子は、北海道大学に行って、勉強したいと、富士子と剛男に言いました。

 

夕見子は、北大の文学部を目指していました。

 

そして、十勝を出て、広い世界を見たい、この地に縛り付けるのは、なつだけにしてと、夕見子が言いました。

なつぞら なつのお客さん引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

その時、柴田牧場に、なつのお客がやって来ました。

 

佐々岡 信哉(工藤 阿須加)でした。

 

信哉は、なつを訪ねて東京から来たのでした。

 

 

なつぞら あらすじ25話の感想まとめ

なつは、陽平から本格的なが時道具を貰いましたね。

 

キャンパスや絵の具をも持って、草原のスケッチに出かけました。

 

演劇部で、初めての芝居にチャレンジしたので、今はユックリと最後の夏休みを満喫しています。

 

しかし、大好きな絵に浸っていられなくなりました。

 

信哉やが、突然やって来て、柴田家の人々は、慌てます。

 

なつを連れ戻しにきたと、夕見子が言い出したからですね。

 

なつは、今はもう柴田家の家族の家族の一人です。

 

泰樹も富士子も、なつを力ずくでも離さないと身構えます。

 

ここまで愛されているなつは、幸せですね。

 

しかし、一方で、富士子は、なつを引き止めていいのかと、迷います。

 

ドラマの大きなテーマの一つですね。

 

さて、どんな展開が待っているのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事