なつぞら あらすじ42話です。

 

なつが、十勝農業高校を卒業する日になりました。

 

倉田先生は、これから立派な魂を育てるよう、言葉を贈りました。

 

なつは、十勝を離れるまで、自分を育ててくれた牧場の仕事を頑張ります。

 

そんな時、天陽は、なつを待たないと言いました。

 

なつは黙って、天陽の言葉を聞いていました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ42話

なつぞら なつ、天陽と阿川家へ行く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

泰樹から東京行きの許しを貰ったなつは、天陽に会いに行きました。

 

なつは、天陽から教えてもらってよかった、北海道に来て天陽に会えてよかったと、言いました。

 

なつは、陽平の会社を目指すと、天陽の両親にも報告しました。

 

それから、なつは天陽を連れて、阿川家に行きました。

 

そこに、照男がやって来ました。

 

牛乳を届けに来たのです。

 

砂良が、頼んでないけどと言うと、照男は困った顔をしました。

 

家に帰ったなつは、あの牛乳は、どういう意味かと、照男に聞きました。

 

牛乳に、意味などあるかと、照男が話しをそらします。

 

なつは、照男が砂良を好きになったのだと気が付きました。

 

照男は、うるさいと、言いました。

 

じゃあ、砂良に照男のことをどう思っているか、聞いてくるとと、なつが言いました。

 

お前は、何でも勢いでやろうとするから、自分を苦しめるんだ。

 

目標達成には、じっくり時間をかけることが大事だ。

 

と、照男が、なつを引き止めました。

なつぞら 夕見子の受験を見送る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

時は過ぎ、3月になりました。

 

夕見子は、北大の入学試験のため、富士子と札幌に出かけます。

 

翌日から、入試が始ります。

 

家族で、夕見子を声援し、見送りました。

 

なつの東京行きも間近です。なつは、酪農の仕事に精を出しました。

なつぞら 門倉、良子に告白をする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

そして、なつは卒業式の日を迎えました。

 

演劇部の倉田先生は、お前らの魂の舞台の幕は、これから上がるんだ。

 

その魂を立派に育てろと、激励しました。

 

突然、門倉が叫び出しました。

 

居村 良子、俺の嫁になってくれ!

 

ごめんなさい、それはできない。良子は、断りました。

 

門倉は、なつに続き、良子からもフラれてしまいました。

なつぞら なつ、天陽の想いを聞く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

卒業式の帰り道、なつは天陽の家に寄りました。

 

天陽の家では、子牛が生まれていました。メス牛でした。

 

なつは、大急ぎで子牛に初乳を飲ませました。

 

なつが、天陽の家から帰る道、天陽が追いかけて来ました。

 

俺は、なっちゃんのこと、帰るのを待たないよ。

 

俺にとっての広い世界は、ベニヤ板だ。そこが、俺のキャンバスだ。

 

なっちゃんも道に迷った時は、自分のキャンバスに向かえばいい。

 

そしたら、どこにいても、俺となっちゃんは、キャンバスの中で繋がっていられる。

 

頑張って来い、なっちゃん。

 

天陽は、手を出し、なつの手を握り締めました。

 

 

なつぞら あらすじ42話の感想まとめ

なつぞら あらすじ42話の感想まとめです。

 

なつは、農業高校を卒業し、東京へ出発す売る日が、近づいていますね。

 

卒業式の帰り道、天陽の家に寄りますが、結局、二人の気持ちは、明かさなかったのでしょうね。

 

なつが帰って行く中、天陽が追いかけてきます。

 

そして、お別れとも、激励とも、天陽の想いとも取れる言葉をかけました。

 

何もないキャンバスは広すぎて、自分の無力を感じる。

 

けど、そこで生きている自分の価値は、他のどんな価値にも流されない。

 

うーん、ちょっと難しいですね。

 

このフレーズを、なつは理解できたでしょうか。

 

要するに、どこにいても、どんな状況でも、キャンバスの中では、二人はいつも一緒ということでしょうか。

 

次週からは、舞台が東京に変わります。

 

なつは自分の信念を、流されずに貫けるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事