なつぞら あらすじ32話です。

なつと富士子が東京から戻り、十勝は厳しい冬になりました。

 

ある日、照男が、なつにディズにーのチケットを2枚渡します。

 

そして、天陽と2人で行くように、言いました。

 

なつは、照男の行動に戸惑います。

 

そんな二人を泰樹が、ジッと見ていました。

 

なつぞら あらすじ32話の新たな展開は、見逃せません。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ32話

なつぞら なつ、照男からチケットを貰う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつの兄の咲太郎が、十勝の吹雪の中、なつの元にやって来ます。

 

咲太郎は、防寒着も着ずに、なつが東京で会った、シャツとベストの軽装でした。

 

なつ、ここまで来たぞ、一緒に逃げようと、咲太郎が言います。

 

すると、突然、どこへ行く気だと、泰樹が現れました。

 

泰樹が、なつは連れて行かせないと、追いかけてきた警察官に、咲太郎を突き出しました。

 

お兄ちゃん待ってと、なつが叫びます。

 

その時、明美から顔に雪をかけられ、なつは目が覚めました。

 

その日の十勝の朝は、雪が積もっていました。十勝は、厳しい冬を迎えたのです。

 

戸村 菊介が、大会に出るため、なつにスキーを教えてあげると、言って来ました。

 

毎年実施される「開拓青年団スキー大会」のことです。

 

なつが、学校へ行こうとすると、照男が話しかけてきました。

 

たまたま貰ったので見ないかと、ディズニーファンタジアのチケットを2枚差し出しました。

 

なつは、見たいと思っていたので、喜びました。

 

照男は、天陽と行けばいいと言いました。

 

なつは、なぜ天陽と行くのかと聞きました。

 

照男は、天陽の兄に、東京でお世話になったからと、説明しました。

 

泰樹は、その二人の様子を見ていました。

なつぞら なつ、夕見子とスキー通学引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

冬になると、自転車通学が出来ないので、スキーと鉄道を利用します。

 

この日、なつと夕見子は、家からスキーで駅まで行きました。

 

夕見子は、受験勉強で2時間しか寝ていません。

 

夕見子は、女だからできないと言う世間の目に、負けたくないので、遠い札幌の北大を目指しています。

 

そして、自分の生きる場所を選べる人間になりたい、と言いました。

 

学校までの列車は、ストーブ列車です。

 

夕見子は、町の高校のため、なつとは反対方向の列車でした。

 

雪次郎は、向いの列車の夕見子を見つけ、大きな声で名前を呼びました。

 

雪次郎が、なつの牧場では、いつからバターを作るのかと、聞きました。

 

雪月では、地元のバターを使ったお菓子を考えています。

 

良子が、牛飼いの娘と結婚して、自分でバターを作ればと、言いました。

 

雪次郎は、夕見子のことだと思い、一人で興奮しました。

なつぞら なつ、天陽と絵を描く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、学校の帰りに天陽の家に、寄り道をしました。

 

いつものように、二人で絵を描いています。

 

陽平が、なつのことを、手紙で書いて来と、天陽が言いました。

 

天陽は、漫画映画を作りたいのかと、なつに聞きました。

 

なつは、見学しただけだと答ます。

 

陽平は、吸収される映画会社への就職が決まりました。

 

なつも希望するなら、相談に乗ると、陽平が手紙に書いていました。

 

なつは、行ける訳がないと言います。

 

牧場があるから、捨てられないのかと、天陽が言いました。

 

泰樹は、富士子と剛男に、なつと結婚するよう照男に言ったことを話しました。

 

富士子も剛男も、突然の話しに驚きました。

 

何を勝手なこと言ってるのと、富士子は怒ります。

 

泰樹は、それが一番いいと言いました。

 

なつは家に戻り、三人が揃って話し合っている様子を見て、何かあったのと聞きました。

 

 

なつぞら あらすじ32話の感想まとめ

なつぞら あらすじ32話の感想まとめです。

 

なつと富士子は、十勝に戻って来ましたね。

 

なつは、咲太郎が訪ねて来る夢を見ますが、なんだか今後のストーリーを暗示するような内容でした。

 

泰樹は、なつが東京へ行ってしまうのが怖いのか。

 

それとも、ずっと気兼ねしてきたなつを、安心させるため、照男との結婚を計画しているのでしょうか。

 

夕見子はいつも、なつの進むべき道を修正するような言動をします。

 

今回も、自分のことは、自分で決めたい、と言いましたね。

 

なつも、育ててもらった恩があるから牧場に残るのではなく、自分の進みたい方向を選択すればいいと、示してているようでしたね。

 

さて、なつは、自分がやりたいことを見つけ、進路を決断できrのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事