なつぞら 123話あらすじです。

 

なつは、原画を描き上げ、産休に入りました。

 

福祉事務所で、ゼロ歳児の保育所を尋ねました。

 

すると、職員から、赤ちゃんは、母親が育てるものだと言われました。

 

その言葉に、なつは落ち込みました。

 

なつは、赤ちゃんの預け先が決まらないまま、臨月を迎えました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第123話 なつ、いよいよ産休に入る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

麻子は、マコプロダクションを設立し、坂場にも演出家として、参加して欲しいと誘いました。

 

坂場は、麻子の会社で働くことを決めました。

 

ただし、1年待ってもらいます。

 

1歳になれば、子供を預ける保育園が見つかるかもしれません。

 

それまでは、坂場が家にいて子育てをします。

 

そこまで考えて、調べていた坂場に、なつは感謝をしました。

 

なつは、産婦人科へ検診に行きました。

 

高橋 秀子(田中 裕子)先生の診察を受けました。

 

赤ちゃんは正常で、なつの体調も問題ありませんでした。

 

なつは、産後6週間で仕事に復帰しても大丈夫か、先生に聞きました。

 

それは、産んでみないと分かりません。

 

高橋先生の場合は、出産後1週間で働き始めました。

 

当時は、産めよ増やせよの時代で、とても忙しかったから、休む暇もなかったのです。

 

共働きで子供を育てるのは大変だが、そんなことが当たり前の時代にならないとねと、先生が言いました。

 

その頃、坂場は、生活費を稼ぐため、翻訳の仕事を頑張っていました。

 

こうして、なつは、出産の直前まで、安心して仕事を続けました。

 

仕事場では、中島が動画のチェックを、なつに頼みました。

 

なつは、つまらない、表情が足りない、中島の個性を出して、と言いました。

 

中島は、子供は、そこまで見ているのでしょうかか。

 

時間がないので、そこまで無駄なことはしたくないと、反論しました。

 

だったら、アニメーションは、辞めなさい。

 

子供の想像力と、私たちは戦っている。

 

それを越えた時に、私たちは子供に夢を見せられる。

 

子供をバカにするなら、アニメーションを作る資格はない。

 

中島君が見せたいと思うものを、ちゃんと見せてね。

 

と、なつは諭しました。

 

中島は、分かりました、ちゃんと考えて直しますと、応えました。

 

そして、なつは、産休前の最後の原画を仕上げました。

 

なつは、仲や井戸原に、産休に入る挨拶に行きました。

 

 

なつ、夜中に陣痛が始ったのか

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、産休に入ってから、保育園について相談するために、福祉事務所を訪ねました。

 

受付で、乳児から預かってもらえる保育園を探している。

 

私は、働きたいのですと、伝えました。

 

対応に出た女性が、言いました。

 

子供を犠牲にしても働きたいのか。

 

本来、子供は、母親が育てるものです。

 

それを、勘違いしていませんか、と。

 

なつは、女性の言葉に、考え込んでしまいました。

 

家に戻っても、母子手帳を見ながら、ずっと考えていました。

 

坂場が、夕食の買い物から帰って来ます。

 

黙って座り込んでいるなつを見て、何かあったのかと、心配しました。

 

なつは、言いたくないと、つぶやきました。

 

だったら、言わなくていいけどと、坂場は、そっと、なつの肩を抱き寄せました。

 

なつは、子供をどこに預けるのか、答えが出ないまま、臨月を迎えました。

 

その夜、なつは、お腹が痛いと言い出しました。

 

坂場は、陣痛かと慌てます。

 

医師からは、陣痛なら、10分間隔になってから、来院するように言われていました。

 

なつは、お腹の痛みが続くまま朝を迎えました。

 

坂場は、とにかく病院へ行こうとしました。

 

その時、玄関のブザーが鳴りました。

 

こんな時に誰だと思いながら、坂場が玄関を開けました。

 

そこに、富士子が立っていました。

 

なつは、思わず「母さん!」と、呼びました。

 

富士子は、なつの様子に驚いて、急いで傍に行きました。

 

なつぞら 123話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 123話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、臨月を向かえ、夜中に痛み出しましたね。

 

そのまま朝になり、病院へいこうとしたその時に、富士子が北海道からやって来ました。

 

なつは、「母さん、助けて。」と、漏らしました。

 

初めての出産に、富士子が付き添ってくれます。

 

なつは、一安心ですね。

 

ところで、中島君、なつから、つまらないと言われ、指示通りに描いたと、不貞腐れました。

 

他の人もそうだったように、新人は、最初の壁が皆、同じなんですね。

 

その壁を乗り越えて、成長して行くようです。

 

RECOMMEND
人気記事