なつぞら 105話あらすじです。

 

なつは、坂場の条件付求婚を承諾しました。

 

しかし、肝心の長編漫画映画の作業が進みません。

 

坂場の理想が理解できず、なつのキャラクタはダメ出しが、続きます。

 

8月になっても、予定の作画に入れません。

 

窮状を心配した仲が、声をかけます。

 

しかし、坂場は、仲の助言を全く受け付けませんでした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第105話 なつのキャラクタに坂場がダメ出し

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

「僕と、結婚してください。」

 

なつは、ついに坂場からプロポーズをされました。

 

僕の気持ちは、ずっと前から分かっていたでしょ、と坂場が言います。

 

しかし、なつは、全然分かりませんでした。

 

坂場は、長編映画の演出が出来たら、告白しようと思っていました。

 

「はい。わかりました。結婚します。」と、なつは、坂場の求婚を受けました。

 

「映画が、成功したらですよ。」と、坂場が、念を押しました。

 

なつは、思わず「それ、要る?」と、言いました。

 

なつは、喫茶店で桃代に、プロポーズされたことを打ち明けました。

 

いきなり結婚してもいい訳?と、桃代が聞きます。

 

やっぱり、そうなるのかなあって気がしてと、なつが答えます。

 

しかも、長編映画が成功したらという条件付です。

 

なつは、結婚と成功は、関係ないと考えています。

 

不器用な男ほど、そう考えないと、桃代が言いました。

 

それから、長編漫画映画の企画は、猛烈な勢いで進んで行きました。

 

仮の題名は「神をつかんだ少年クリフ」です。

 

坂場が、あらすじを説明します。

 

ある村の木に、誰にも抜けない剣が刺さっています。

 

その剣をクリフが引き抜き、村人から英雄とみなされる。

 

しかし、クリフの前に神が現れて、剣を砕いてしまいました。

 

神を恐れなくなった人類に、戦をさて亡ぼし、もう一度世界を創造し直す計画です。

 

その村に、神の娘キアラが現れ、村に戦をもたらそうとします。

 

そのキアラはクリフが出会い、互いに惹かれて行きます。

 

戦争という運命の中で、どうやって人間が、善と悪を見極めていくかが、テーマです。

 

坂場は、続けてキャラクタの選定に入ります。

 

精力的に企画を進めていきます。

 

なつは、キアラを担当しますが、坂場は納得しません。

 

脚本作りも遅れ出し、予定の8月になっても、作画の作業には着手できませんでした。

 

 

坂場、仲の助言を避ける

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

キアラがのキャラクタが、如何にも災難をもたらしそうだ。

 

強すぎる。と、坂場が言います。

 

仲が、心配して坂場達に声をかけますが、坂場は、仲の意見を聞きません。

 

坂場は、責任は取るので、好きにやらせて下さいと、仲を追い払いました。

 

なつも坂場に意見を言いますが、神地とともに拒否されました。

 

なつが、中庭に出ると、仲が、うな垂れて座っていました。

 

なつは、キャラクタができないので、予定が遅れていることを伝えました。

 

仲は、坂場の考えが、理解できません。

 

坂場のやろうとしていることが、正しいのか、新しいのか、そうじゃないのか、判断が付きません。

 

アニメーターとして、自分の限界を突きつけられた様で悔しいと、仲が言いました。

 

下山は、井戸原に、仲と坂場のことを尋ねました。

 

井戸原は、坂場を長編映画の演出家にしたいのではないかと、言います。

 

そのために、テレビ漫画で成功させようとした。

 

テレビ漫画が、成功する為に、愛弟子のなつも送り込んだ。

 

と、井戸原が説明しました。

 

しかし、坂場は、相変らず、キアラのキャラクタで、なつにダメ出しをします。

 

なつは、坂場の頭の中の考えに向かっていくのは、もう無理ですと、言いました。

 

妥協は、したくない。私は、私を越えたい。

 

皆さんも、皆さんを越えた絵を出してください。と、坂場が言いました。

 

なつは、坂場の要求する絵が、描けませんでした。

 

その時、仲が、頼みがあると言って、一枚の封筒を差し出しました。

 

なつぞら 105話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 105話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、坂場からの、条件付のプロポーズを受けましたね。

 

桃代が言うように、坂場は不器用な男です。

 

本当に好きなら、条件なんて付けないです。

 

仲さんは、坂場が優秀な演出家になると見込んで、手を回しました。

 

しかし、理想を追求する若い坂場は、一直線に進むことしか、考えていません。

 

将来の成功のためには、回り道をしてでも、経験や基礎が必要だとは、思えないのです。

 

逆に、そんなことをさせる仲さんを、恨んだりします。

 

仲さんも、坂場が知らないところで、苦しんでいます。

 

そんな仲さんが、なつに何かを渡しましたね。

 

一体、何でしょうか。

 

起死回生のヒントが、詰まっているのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事