なつぞら 151話あらすじです。

 

富士子が上京し、優の小学校の入学を助けることになりました。

 

4月になり、優は入学式を迎えました。

 

なつと坂場は式の後、仕事に出かけました。

 

テレビアニメは、山場を迎えています。

 

レイが、勉強のため、家を離れる決意を、父さんに話しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第151話 大草原の少女ソラ、大詰めを迎える

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和50年(1975年)3月、富士子が、小学校に入学する優のために、北海道から上京して来ました。

 

富士子は、優の入学の準備をしながら、なつに話しました。

 

最近、泰樹の元気が、ないのです。

 

これといった病気はないのですが、泰樹も90歳です。

 

泰樹は、医者が嫌いなので、病院に行ったことがありません。

 

無理やり連れて行こうとしても、もう充分だからと、言うことを聞かないのです。

 

でも泰樹のことだから、しぶとく生きるだろうと、富士子は思っていました。

 

4月になり、優は、小学校の入学式を迎えました。

 

富士子を交えて4人並び、校門で、記念写真を撮りました。

 

しかし、こんなお祝いの日でも、なつと坂場は、仕事を休めません。

 

慌しく着替えをして、仕事に出かけました。

 

マコプロのスタッフも、外注先も徹夜続きで頑張っています。

 

「大草原の少女ソラ」は、放送から半年たち、人気番組になっていました。

 

なつの家では、優が、名古屋のお爺さんとお婆さんに、入学祝のお礼の手紙を書いています。

 

そこに、千遥と千夏が、やって来ました。

 

富士子は、千遥とは、久しぶりの再会です。

 

一緒に来た千夏を見て、富士子はビックリしました。

 

千夏は、子供の頃のなつに、そっくりでした。

 

千遥は、優の入学祝に、自分で作った料理を持ってきました。

 

一方、なつと坂場は、レイが父さんに、夢を語るシーンの打ち合わせをしています。

 

レイと父さんが、風の丘で、星を見ながら話をします。

 

レイは、馬が亡くなったことで、獣医を目指すようになりました。

 

レイは、夢を叶えるために、遠くの町に旅立つことを、父さんに告げます。

 

なつは、昔のことを思い出していました。

 

そして、レイと父さんの話は、夜明けのシーンにしたいと、坂場に提案しました。

 

牛飼いの生活は、太陽と共にあります。

 

一日が始まる朝日の中なら、レイと父さんの話も、希望に満ちたものになります。

 

なつも、朝日に励まされた経験が、ありました。

 

開拓者を励ます朝日は、いいと思うと、神地も賛同しました。

 

急遽、シーンを描き換えることになりました。

 

 

なつ、泰樹や開拓者に勇気を与える

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

その夜も遅くなって、なつは帰宅しました。

 

なつは、眠っている優に、ただいまと、声をかけました。

 

千遥が持って来た、重箱の料理を、なつは美味しく食べました。

 

食事の後、また仕事を続けます。

 

富士子は、なつが体を壊さないか、心配しました。

 

泰樹も見ているので、少しでも元気になって欲しいと、なつは、頑張ってアニメを作っています。

 

泰樹だけでなく、開拓者に、恥ずかしくない作品を見せたいと、なつは思っていました。

 

なつにできる恩返しは、それだけだからと、なつが言いました。

 

なつ達は、次の日も、北海道でロケハンをした風景を思い出しながら、制作に励みました。

 

なつは、東京へ行きたいと打ち明けた時の、泰樹の言葉を思い出しました。

 

「よく言った。それでこそ、わしの孫だ。

 

行って来い。東京を耕して来い。開拓して来い。」

 

そして、そのシーンが放送される日となりました。

 

柴田家では、いつものように、家族がテレビの前に集まります。

 

泰樹は、一番前で観ています。

 

レイが、父さんに打ち明けるシーンになりました。

 

「父さん、僕は、牛や馬を助けたい。命を救いたい。

 

そのために、勉強をしたい。遠くの町に行かなくてはいけない。」

 

「レイ、あの輝いている星は、明けの明星だ。朝の神だ。

 

お前は今、あの神に誓ったのだ。

 

よく言った。それでこそ、私の息子だ。

 

行って来い、レイ。

 

お前は、お前の夢を守れ。」

 

レイは、父さんにしがみ付き、泣きました。

 

その時、次第に夜が明けてきました。

 

朝日が昇り、風が吹き渡りました。

 

泰樹は、そのシーンを、感動を込めて見つめていました。

 

泰樹の心に、朝日の中で風が吹いたように。

 

なつぞら 151話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 151話あらすじ感想のまとめです。

 

優が、小学校に入学しましたね。

 

富士子が来てくれたので、優の心配はなくなりました。

 

しかし、なつ達の激務は続きます。

 

なつは、アニメを観ている開拓者たちに、感動と勇気を与えたいと思っています。

 

もちろん、最近元気のない泰樹にもです。

 

それは、レイが、牧場を離れて遠くへ行きたいと、打ち明けるシーンです。

 

なつが泰樹に、東京へ行きたいと言った、同じシーンです。

 

あの時、泰樹は、なつを励ましました。

 

今度は、なつのアニメを見て、朝日と共に、大樹が励まされました。

 

また、元気を取り戻すといいですね。

 

RECOMMEND
人気記事