なつぞら あらすじ3話です。

 

なつは、朝4時、夜明けと共に起きて、仕事を始めます。

 

牧場の仕事は、1日中続きました。

 

そのため、なつは学校にも行かずに働きました。

 

ある日、泰樹がなつを馬車に乗せて、出かけました。

 

なつは、どこへ連れて行かれるのか、心配になりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ3話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、早く酪農の仕事を覚えようと、夜明けと共に起き出します。

 

仕事は、朝4時に始ります。乳牛にえさを与え、搾乳をしますが、なつは乳絞りの見学です。

 

それから、牛を放牧し新鮮な草を食べさせます。

 

牛たちが出て行った後、牛のフンを片付け、牛舎の掃除です。なつは、小さな体で頑張って働きます。

 

もちろん、なつはまだ学校へは、行っていません。懸命に仕事を覚えようとします。

 

柴田の家にタダで厄介になるのではなく、なんとか一人前に役立とうとしています。

 

一仕事が終わると、やっと朝食です。なつは、夢中になって嬉しそうに、朝ごはんを食べます。

 

次に畑仕事です。柴田家では、豆やジャガイモを栽培しています。

 

夕方には、放牧から戻ってきた牛の乳を搾ります。ここでもなつは、まだ見学ですが、牛たちに優しく接します。

 

なつは1日中働き、夕食では食べながら居眠りをしました。

 

そんんななつを見て、富士子は「可哀そう。」と、泰樹に文句を言いました。

 

日曜日になりましたが、牧場の仕事に休みはありません。

 

泰樹は、乳絞りを見学しているなつに、乳絞りのやり方を教えました。

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、すぐにマスターし、悠吉や菊介を驚かせました。みんなの仕事を見ながら、学んでいたのです。

 

それから泰樹は、搾った牛乳を集乳所に届けますが、なつを連れて行きました。

 

なつは、荷馬車に乗せられ、どこに連れられて行くのか、不安でいっぱいになりました。

 

 

なつぞら あらすじ3話の感想まとめ

なつぞら あらすじ3話の感想まとめです。

 

なつの仕事が、始りましたね。

 

最初は、何も出来ないので、見学です。

 

牛の世話やフンの掃除、乳絞りなど、ジッと見て覚えます。

 

牧場の仕事は、夜明けと共に始ります。

 

そして、生き物が相手ですから、牧場に休日はありません。

 

なつは、小学校に行くことになっていましたが、朝4時から仕事なので、当然行けません。

 

子供にとっては、過酷な仕事なので、なつは夕食を食べながら眠ってしまいましたね。

 

その泰樹は、なつを連れて牛乳の配達に行きます。

 

なつと泰樹は、どこに行くのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事