なつぞら あらすじ36話です。

 

なつは、照男と結婚しないかと、泰樹に言われました。

 

考えてもいない話しに、なつは動揺します。

 

なつは、照男を本当の兄と思っていました。

 

悲しみの中、なつは天陽の家に向かいました。

 

しかし、途中で吹雪となり、なつは遭難しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ36話

なつぞら なつ、照男と結婚?引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、天陽の家に行くと、泰樹に言いました。

 

すると、泰樹は話があると、なつに言いました。

 

お前、結婚する気はあるかと、泰樹は聞きます。

 

突然の話しに、なつを驚き、いつかはと、返事しました。

 

照男はどうだと、泰樹が言いました。

 

なつは、考えてもない話に、からかわないでと言います。

 

本気で考えている、照男にも話している、照男もその気だと思うと、泰樹が言いました。

 

どうして、そんなことを話したのと、はつは驚きます。

 

それは、照男兄ちゃんにに対して失礼だ、悪いよ。

 

そんなことを一度でも思ったら、もう家族には戻れない。

 

爺ちゃんは、私から大事な家族を奪ったと、なつは泣き出しました。

なつぞら なつ、引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

泰樹は、なつと本当の家族になりたかったと、言います。

 

それは、私を他人だと思っているからでしょと、なつは言います。

 

話を聞いていた照男は、なつ大丈夫だ、何も変わらないから。

 

爺ちゃん、俺は、なつのこと、そんな風にどうしても思えなかった。

 

なつは、妹にしか思えないよ。

 

なつも、爺ちゃんの気持ちを分かってくれと、照男が言いました。

 

なつは、ごめんなさいと、泰樹に謝りました。

なつぞら なつ、スキーで天陽の家に行く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、スキーで天陽の家に向かいました。

 

だんだん天候が変わり、吹雪になってきました。

 

なつは、泣きながら雪の中に座り込みました。

 

富士子は、勝手に話すからと、泰樹に言いました。

なつぞら 泰樹、富士子に注意される引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

泰樹は素直に謝り、もう戻れないかもしれないと、小さな声で言いました。

 

何があっても受け入れる、それが家族でしょと、富士子が言いました。

 

夜の7時になりました。

 

なつは、柴田家に帰って来ません。

 

この吹雪では、今夜は帰って来れないだろうと、夕見子が言いました。

 

なつは、吹雪の中で、眠ってしまいました。

 

なつが気付くと、知らない人の家で寝ていました。

 

 

なつぞら あらすじ36話の感想まとめ

なつぞら あらすじ36話の感想まとめです。

 

とうとう泰樹は、なつに照男との結婚話を切り出しましたね。

 

本当の家族、本当の兄、と思っていたなつにとっては、禁断の話し、大ショックですね。

 

だって、実の兄妹では、ありえない話しです。

 

なつが言う通り、兄妹で結婚を計画されていたら、恥ずかしくて一緒に住めないです。

 

それに、そう思えるのは、他人だと思っているからですね。

 

泰樹の本当の家族なりたいという気持ちも分かりますが、なつにとっては、辛く悲しい出来事でした。

 

さて、なつは吹雪の中、遭難します。

 

しかし、誰かに助けらたようです。

 

なつを助けた親子は、誰なんでしょうか。

 

また、変な状況になった柴田家で、なつの今後はどうなるのでしょう。

 

RECOMMEND
人気記事