なつぞら 124話あらすじです。

 

なつは、朝になってもお腹の痛みが、治まりません。

 

その時、富士子、剛男、泰樹が、十勝からやって来ました。

 

なつの様子も落ち着き、久々に皆で朝ごはんを食べました。

 

北海道のお土産に、なつは、一安心しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第124話 富士子、剛男、泰樹がやって来る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、お腹が痛み出し、坂場が病院に連れて行こうとします。

 

その時、玄関のブザーが鳴り、富士子(松嶋 菜々子)が立っていました。

 

富士子は、なつの様子に気付き、慌てて部屋に上がります。

 

続いて、剛男(藤木 直人)と泰樹(草刈 正雄)も、家に入って来ました。

 

十勝から来た三人は、もう産まれるのかと心配しました。

 

富士子が、なつの腰を摩り介抱をすると、少し落ち着きました。

 

お腹が張っているだけで、大丈夫だ。

 

体を温めて、楽にしていれば、良いから。

 

陣痛の前に、その兆しみたいに痛くなることがある。

 

体が、お産に向けて、準備しているんだわ。

 

本当の陣痛は、こんなものじゃないわ。

 

と、富士子が教えました。

 

泰樹が、なつにお土産を持ってきました。

 

子牛を産んだ牛の初乳から作った、牛乳豆腐です。

 

牧場でしか作れない、珍しいお土産に、なつは喜びました。

 

泰樹は、どうしても自分で牛乳豆腐を持って行きたかったのです。

 

坂場は、なつも落ち着いてきたので、朝ごはんを作り出しました。

 

坂場は、富士子のノートのレシピで、料理を作りました。

 

なつは、赤ちゃんが1歳になったら、どこかに預けて仕事を始めると、説明しました。

 

それも覚悟して結婚したのだから、弱音を吐いている場合ではないと、泰樹が励ましました。

 

 

咲太郎と光子もやって来る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

そして、久しぶりに大勢で食卓を囲みました。

 

なつは、牛乳豆腐を食べて、懐かしい味に喜びました。

 

坂場も牛乳豆腐を食べて、アッサリしたチーズのようだと思いました。

 

剛男は、「たんぽぽバター」をお土産に持ってきました。

 

夕見子が、工場で作っているバターです。

 

夕見子は、「たんぽぽ牛乳」も売り出したいと、紙パックの検討をしています。

 

その夕見子も妊娠しました。

 

出産予定は、今年の秋です。

 

なつの子供と、同じ歳の赤ちゃんになります。

 

まるで、なつと夕見子みたいです。

 

さらに、照男と砂良にも、二人目の子供が出来ました。

 

出産予定は、来年の10月です。

 

照男は、柴田牧場を引き継いでいます。

 

泰樹は、照男に任している、夢を継いでくれたと、言いました。

 

その時、またお客が来ました。

 

咲太郎と光子でした。

 

生まれてくる赤ちゃんに、沢山のプレゼントを持ってきました。

 

まるで、咲太郎に孫でも生まれたようだなと、泰樹が言いました。

 

 

泰樹と剛男は、咲太郎の家に泊まることになりました。

 

富士子は、なつの家に泊まります。

 

その夜、なつに陣痛が始りました。

 

なつぞら 124話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 124話あらすじ感想のまとめです。

 

なんと、なつの周りは、ベビーブームですね。

 

夕見子にも、妙子にも、子供が生まれます。

 

しかし、夕見子のところは、大変な事態です。

 

待望の跡継ぎが、誕生するからです。

 

跡取りに何かあったら大変だと、とよは、夕見子が仕事をするのに大反対です。

 

妙子も、働くなら雪月を潰してから行ってくれと、言います。

 

雪之助は、とよと妙子にお手上げで、雪次郎に諦めろと、言ううばかりです。

 

夕見子は、跡継ぎなんか、産む覚えはないと、言い切ります。

 

間に入った雪次郎は、どうすることも、できません。

 

まあ色々ありますが、みんな嬉しいのです。

 

全員無事に産まれると良いですね。

 

RECOMMEND
人気記事