なつぞら 132話あらすじです。

 

優は、5歳の誕生日を迎えました。

 

馬に乗りたいので、夏休みに十勝へ行く約束をしました。

 

夕見子が、上京して来ました。

 

そして、天陽の気になる様子を伝えました。

 

天陽は、風邪を引いて入院中ですが、休まず絵を描き続けていました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第132話 なつ、優と十勝へ行くと約束

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和48年(1973年)6月1日、優は、5歳の誕生日を迎えました。

 

次の日、優は、空を見上げて、馬がいると指差しました。

 

なつが見ると、馬の形をした白い雲が、青空に浮かんでいました。

 

ゆうは、馬に乗りたいねと、つぶやきました。

 

乗せてあげようかと、なつが言いました。

 

優は、2歳の頃に、柴田牧場で馬を見ていましたが、今は覚えていません。

 

今度の夏休み、なつの誕生日の8月15日頃に、十勝へ行く約束をしました。

 

ありがとう、ママと、優が言いました。

 

ありがとう、なんて、言わなくてもいいんだよと、なつが言いました。

 

それから、なつは、優を保育園に送って行きました。

 

なつは、作画監督して、忙しい日々を送っています。

 

なつは、スタッフを集めて、「魔界の番長」の説明をしました。

 

なつの絵を見て、原作に比べて、魔人の目に人間味があって良いと、評価されました。

 

それから、みんなが描く絵が、山積みになり、なつの仕事が忙しくなりました。

 

なつは、作画監督を引き受けた以上は、ヒットさせようと頑張りました。

 

優を迎えに行けない日は、茜に代わり、咲太郎が迎えに行きました。

 

優は、なつの仕事が終わるまで、風車プロダクションの事務所で過ごします。

 

光子が、優に食事を持ってきます。

 

優は、なつから、ありがとうを言ってはダメと、言われていました。

 

ありがとうは、言わないといけない。

 

感謝の気持ちを持つことは、人間の基本です。

 

と、光子が教えました。

 

優は、皆の愛情を受けて育っています。

 

まるで、昔の自分のようだと、なつは、思いました。

 

ある日曜日、なつの家にお客がやって来ました。

 

北海道から夕見子が、上京して来たのです。

 

 

夕見子、天陽の様子を語る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

夕見子は、「たんぽぽ牛乳」を持ってきました。

 

「たんぽぽ牛乳」を東京で売るためです。

 

「たんぽぽ牛乳」は、テトラパックの牛乳でした。

 

なつが飲んでみると、懐かしい十勝の味がしました。

 

「たんぽぽ牛乳」を東京で流通できれば、夕見子は農協を辞めます。

 

ディスカバージャパンが流行り、雪月のお菓子も売れ出しています。

 

これからは、夕見子の力で、雪月をもっと大きくしようと考えていました。

 

夕見子が、天陽のことを話しました。

 

天陽は、忙しすぎて風邪をこじらせ、入院しています。

 

その天陽は、入院中もベッドで絵を描いていました。

 

そこに、雪次郎と長男の雪見が、見舞いに来ました。

 

天陽は、信用金庫の来年のカレンダーの絵を描いていました。

 

トラクターを買う為に、絵を描いていました。

 

天陽は、好きな絵を描く為に農業をしていましたが、絵を売らないと、農業がままならなくなっていました。

 

農業は、冷害が続くと不作になり、収入もなくなります。

 

それでも、天陽は、離農しないで頑張っていました。

 

なつの家では、坂場も早めに帰って来ました。

 

天陽の話題になり、帯広の画廊とも契約をしていて、絵も売れていると、夕見子が教えました。

 

東京の画壇でも、天陽を知らない人はいないだろうと、坂場が言いました。

 

なつは、天陽に会いたいなと、思いました。

 

夏休みになったら、きっと会えるねと、優に言いました。

 

なつぞら 132話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 132話あらすじ感想のまとめです。

 

なつの作画監督が始り、優の預かり先も出来ましたね。

 

咲太郎が、声優の事務所で預かっています。

 

優は、なつの迎えを待つ間、事務所の机で絵を描いています。

 

なつが、優に、ありがとうなんて、言わなくてもいいと言いました。

 

それを聞いた光子は、感謝しないとダメと言いました。

 

多分、なつは、母親である自分に、「ありがとう」なんて言わなくてもいい。

 

母子に礼なんていらないと、いう意味だったのでしょうね。

 

さて、久しぶりに天陽の話題です。

 

天陽は、農業を続けながら、絵も描いています。

 

絵は、沢山受賞もしているので、辛い農業は辞めてもいいと思いますね。

 

でも、自分らしく生きると、絵も農業も続けています。

 

農業は、なつの後押しがあって始めたので、辞めたくないのでしょうか。

 

しかし、無理がたたって、体を壊しているような気がしますが。。。

 

RECOMMEND
人気記事