なつぞら 104話あらすじです。

 

なつは、亜矢実の悲しい恋の話しを聞きました。

 

今でも結婚しない、亜矢実の想いを知りました。

 

職場では、茜が下山と、ビックリの結婚を発表しました。

 

一方、なつにも遅ればせながら、恋の季節が訪れました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第104話 亜矢実の悲恋の物語

なつ、亜矢実の悲恋を聞く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、亜矢実の昔の恋の話を聞きました。

 

亜矢実が、今でも結婚しないのは、その彼のためか、なつは知りたくなりました。

 

亜矢実をスターにしたのは、亜矢実に恋をした一人のお客でした。

 

そのお客は、早稲田の学生で、毎日ムーランジュールに通い詰めていました。

 

その時、亜矢実は25歳で、地味で目立たない、多くのダンサーの中の一人でした。

 

イザキと言ったその学生は、亜矢実の才能を信じました。

 

そして、自分でレビューの台本を書き、持ち込みました。

 

それが大ヒットし、ソロで踊った亜矢実は、人気が出て行きました。

 

亜矢実は、その学生と結婚の約束をしました。

 

しかし、彼は、大学を卒業する前に、学徒出陣をし、そのまま帰らぬ人となりました。

 

出征する直前、彼は客席で立ち上がり、「岸川 亜矢美、バンザイ!」と、叫びました。

 

戦後の亜矢実は、生きる気力も失くしてしまいました。

 

それを救ったのが、咲太郎です。

 

闇市で、薄汚れた咲太郎を拾ってきて、亜矢実の生きる力になりました。

 

亜矢実は、また、踊り出しました。

 

なつは、亜矢実に言いました。

 

悲しいけど、素敵な話しです、と。

 

その夜、珍しく、亜矢実は酔いつぶれてしまいました。

 

 

坂場がやっと、なつにプロポーズ!

坂場、なつにプロポーズ引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

新しい年も、なつは、日々仕事に追われ続けました。

 

「百獣の王子サム」は、大人気となりました。

 

アニメーターや演出家も、次々と投入され、放送期間は1年半にもなりました。

 

その間に、茜は下山と電撃結婚をしました。

 

突然の発表に、全員が驚きました。

 

神地は茜に失恋し、最後のダンスを茜と踊りました。

 

なつには、恋の話しもなく、次の年を迎えました。

 

昭和40年(1965年)春が、やってきました。

 

下山は、仲と井戸原から、長編映画の作画監督を命じられました。

 

作画監督は、原画や動画、全てを監修して、作品に仕上げる重要な役目です。

 

そこで、企画や演出家を決めることになりました。

 

下山は、坂場を演出家にしたいと申し出ました。

 

長編漫画は、今人気がないので、失敗したら後がないと、仲が言いました。

 

下山は、だったら、坂場しかいないと、押し切りました。

 

坂場は、急いでなつを呼び出しました。

 

なつに、長編映画の演出をすると、報告しました。

 

そして、なつにも原画に参加して欲しいと、伝えました。

 

長編映画が成功したら、僕の人生には、君が必要だということになりますと、坂場が言います。

 

なつは、坂場が何を言っているのか、分かりません。

 

「僕と、結婚してください。」と、坂場がプロポーズをしました。

 

なつぞら 104話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 104話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、亜矢実の悲恋の物語を聞きましたね。

 

亜矢実の才能を見出し、スターに押し上げた、年下の学生とのラブストーリーです。

 

まるで、シンデレラ・ストーリーです。

 

でも、当時は戦時中です。

 

亜矢実の舞台を観て、万歳と叫び出征した彼は、それ以降戻ってきませんでした。

 

一方、なつにも春が、訪れましたね。

 

坂場が、もたもたしながらも、やっとプロポーズしました。

 

でも、長円映画が成功したらという、ちょっと心配な条件が、付いていました。

 

キッパリと結婚すれば、いいのです。

 

変な、言い訳のような条件をつけると、結果はあまり良くないです。

 

本当に結婚できるのか、少し怪しい気がしますね。

 

RECOMMEND
人気記事