なつぞら 116話あらすじです。

 

咲太郎は、マダムと結婚することを、なつに明かしました。

 

なつは、川村屋へ行き、マダム光子に確かめます。

 

マダムは、咲太郎と結婚して、川村屋を退くと言いました。

 

咲太郎は、マダム、なつと共に、風車の亜矢実の元に行きました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第116話 咲太郎、マダムとの結婚を明かす

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎が、結婚をすると、なつに打ち明けました。

 

なつは、その相手が、マダム光子と聞いて、驚きました。

 

咲太郎が、声優のプロダクションを始める時、マダムに経営の相談をしました。

 

その頃から、親密な関係になりました。

 

咲太郎が結婚すれば、亜矢実も安心して甘えてくれる筈です。

 

そう思って、咲太郎は、マダムとの結婚を決意しました。

 

翌日、なつフは、仕事の帰りに、川村屋へ行きました。

 

なつは、本当に咲太郎と結婚するのか、マダムに聞きました。

 

マダムは、咲太郎よりも、ずっと年上の40歳です。

 

私で、いいのかと、なつに聞きました。

 

なつは、年など関係なく、夢のような話だと喜びました。

 

そこに、野上が咲太郎を案内して来ました。

 

咲太郎は、結婚式は挙げないつもりです。

 

咲太郎は、野上に言われなければ、結婚などしなくても良かった、と口を滑らしました。

 

マダムは、野上に言われたから結婚するのかと、怒り出しました。

 

咲太郎ろマダムは、腐れ縁だと言うことで、納まりました。

 

マダムは、結婚したら、川村屋は、野上に任せたいと、言いました。

 

川村屋を引き継いで、未来に繋いで欲しい。

 

これが、私の結婚の決意だと、マダムが言いいました。

 

 

咲太郎の結婚を亜矢実に報告する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと咲太郎、マダムは、連れ立って風車に行きました。

 

咲太郎は、マダムと結婚することを、亜矢実に伝えました。

 

亜矢実は、以前から、うすうす分かっていました。

 

マダムは、川村屋から手を引き、咲太郎のプロダクションを手伝います。

 

亜矢実は、これで一安心、肩の荷が下りたと喜びました。

 

そして、みんなで祝杯を挙げました。

 

その日、なつは、遅くなって帰宅しました。

 

坂場に、今日の出来事を報告しました。

 

なつは、亜矢実の今後が心配になりました。

 

なつも咲太郎もいなくなり、一人になると寂しくなります。

 

そして、来月のなつの誕生日に、咲太郎の結婚式を兼ねて、お祝いをすることになりました。

 

なつぞら 116話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 116話あらすじ感想のまとめです。

 

咲太郎は、マダムとの結婚を亜矢実に報告しましたね。

 

その話を咲太郎から聞いたとき、亜矢実は、一瞬、複雑な表情をしました。

 

そして、すぐに笑顔になりました。

 

亜矢実の咲太郎やマダムに対する本心が、何かありそうです。

 

風車の引越し先は、茂木社長が見つけてきました。

 

亜矢実は、咲太郎に頼らず、お店を移転するのでしょうか。

 

何だか、一波乱ありそうな感じがしますね。

 

ところで、川村屋に、フーテン族の若者が、多く集まっていましたね。

 

野上は、渋い顔をしていました。

 

フーテン族は、長髪でジーパンを履き、まあ、派手な衣装の浮浪者のようです。

 

家があるのに、家がないように、ブラブラと暮らしている若者たちです。

 

ちょうど、昭和42年(1967年)ころから、新宿あたりで流行り始めたようです。

 

なつのような、戦争孤児とは、全く違いますね。

 

RECOMMEND
人気記事