なつぞら あらすじ第75話です。

 

なつは、小畑一家と共に、雪次郎に会いに行きました。

 

雪之助は、雪次郎を川村屋に連れ戻します。

 

そして、雪之助も一緒に川村屋で、働き始めました。

 

泣きながら仕事をする雪次郎を見て、とよは、雪次郎を解放する決心をしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第75話

なつぞら 雪次郎、雪之助に頼む引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと共に、雪之助たちは、雪次郎のアパートへ行きました。

 

しかし、部屋に雪次郎の姿がありません。

 

雪次郎は、押入れに隠れていました。

 

黙っていなくなるなんて、ないでしょうと、なつが言いました。

 

雪次郎は、黙って川村屋から出て行ったことを、みんなに謝りました。

 

雪之助は、すぐに川村屋へ行く。

 

挨拶もなしに出て行ってはいけない。と、雪次郎を連れ出そうとします。

 

お父さん、東京でやりたいことに気付いた。

 

やっと、自分の気持ちに、正直になった。

 

食べていけないかもしれないが、何かやりたいことを我慢する方が、苦しいことだってある。

 

家のことではなく、自分のことだけ考えようと思った。

 

風月も川村屋も好きだが、他にもやりたいことがあった。

 

俺にも、たった一度だけ、チャンスが欲しい。

 

自分だけの夢を追わせて欲しい。

 

と、雪次郎は、頼みました。

 

雪之助は、力ずくで連れて行こうとします。

 

みんなが仲裁に入り、川村屋へ行きました。

 

雪之助は、職長の杉本に、また雪次郎を働かせて欲しい。

 

しばらくは、自分も一緒に働く。と。お願いした。

 

マダムは、いつも話をこじらせてくれると、咲太郎に、文句を言いました。

 

 

雪次郎が川村屋から去る

なつぞら とよ、雪次郎を解放する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎は、妙子が悩む様子を見て、すみませんと、謝りました。

 

妙子は、咲太郎だけが、雪次郎の味方になってくれたことを感謝しました。

 

なつととよは、調理場を覗きに行きました。

 

雪次郎と雪之助が、働いています。

 

雪次郎は、泣きながら、お菓子を作っていました。

 

とよは、涙を流す雪次郎を見て、傍に行きました。

 

雪次郎、行きな。その代わり、二度とここに戻ってくるな。

 

自分で決めたのなら、その覚悟を貫け。と、雪次郎を解放しました。

 

雪之助が、出て行く雪次郎を追いかけようとします。

 

とよが立ちはだかり、自分の子供に、惨めな想いをさせるなと、雪之助の頬を叩きました。

 

なつと咲太郎は、風車に戻りました。

 

なつは、牛若丸と馬の動画を描きました。

 

そして、満足できる作画が完了しました。

 

翌日、描き上げた絵を持って会社に行きました。

 

下山は、表情はいいが、馬の最後の動きが、もう一押し欲しいと、言いました。

 

麻子は、馬の足にためがない、勢いをつけるのに、ためが必要、動画の原則と、言います。

 

なつは、最後の詰めをどうしたらいいのか悩みます。

 

そして、また階段へ行き、馬の動きを試します。

 

また馬ですか。と、坂場に見られてしまいました。

 

坂場は、もしお役に立つならと、階段で四つん這いになりました。

 

なつは、笑って手が震えそうになるから、いいですと、断りました。

 

そして、なつが立ち上がった瞬間、バランスを崩し、階段から落ちそうになりました。

 

その瞬間、坂場が手を出し、なつの手を摘み、引き寄せました。

 

なつと坂場は、見つめあう形になりました。

 

なつぞら あらすじ第75話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第75話の感想まとめです。

 

雪次郎の乱は、大きな騒ぎになりましたね。

 

雪之助は、雪次郎を川村屋に連れ戻し、さらに一緒に働き出しました。

 

争っている二人が、狭い厨房にいるので、回りの人は、落ち着きません。

 

気になって、いつものように調理が出来ません。

 

おまけに、雪次郎は泣き出しました。

 

とよは、その様子を見て、雪次郎を解放し、雪之助を叱りました。

 

明治の女性の迫力は、凄かったですね。

 

さて、なつは、馬の最後の詰めで悩みます。

 

そして、因縁の坂場と、変な具合になりました。

 

この後の展開が、チョッと気になる続き方ですね。

 

RECOMMEND
人気記事