なつぞら あらすじ第80話です。

 

なつは、富士子からの電話で、千遥が家に来ていることを知りました。

 

なつは、千遥に会うため、十勝に行く決心をしました。

 

風車に戻ると、咲太郎も急いで帰ってきました。

 

亜矢実の勧めで、柴田家に電話をしました。

 

しかし、千遥は、なつに会いたくないと話していました。

 

電話を代わった千遥は、黙ったままでした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第80話 なつ、千遥に会いに行くと決める

なつぞら 千遥柴田家に来る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、富士子からの電話を受けました。

 

そして、千遥が十勝にの柴田家を訪れていることを知りました。

 

千遥は、なつに連絡しないで欲しいと、言いました。

 

富士子は、千遥に内緒で、なつに電話をしました。

 

なつは、すぐに北海道へ行くと伝えました。

 

なつは、会社から風車に電話をし、千遥が見つかったこととを知らせました。

 

それから、なつは、下山に事情を話し、休みを貰いました。

 

咲太郎も急いで、風車に戻ってきました。

 

なつは、千遥が会いたくないと言っていることを、咲太郎に話しました。

 

亜矢実は、千遥がいるなら電話をしてみればと、勧めました。

 

 

なつ、千遥と電話で話す

なつぞら なつ、千遥と電話で話す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

柴田家では、千遥が帰ると言い出しました。

 

農協から急いで帰って来た剛男(藤木 直人)も驚きます。

 

今日は、許してください。また、連絡しますからと、千遥が帰ろうとします。

 

その時、電話が鳴りました。

 

なつかもしれない。知らせないわけには、いかなかったと、富士子が謝りました。

 

泰樹が電話をとり、千遥と代わりました。」

 

千遥は、受話器を持ったまま、黙っています。

 

千遥なの?お姉ちゃんだよ。千遥、ごめんね。

 

と、なつが言いました。

 

ご心配をおかけして、すみませんでした。と、千遥が話します。

 

咲太郎が、受話器を取ります。

 

千遥、お兄ちゃんだ。お前を、あの家に預けて悪かった。

 

今から、すぐに行くからと、咲太郎が、懸命に話しかけます。

 

千遥は、静かに受話器を戻しました。

 

どうしたの。何かあったのと、富士子が心配します。

 

私、子供の頃は、よく覚えていない。

 

でも、電話の声を聞いたら、姉や兄だと分かりました。

 

そのことに驚いて、何と言えばいいか、分からなくなった。

 

と、千遥が言いました。

 

しかし、話の途中で電話を切られたら、なつや咲太郎は、ビックリしただろうとと、剛男が言います。

 

千遥は、電話をかけなおしました。

 

先ほどは、すみませんでしたと、千遥が謝ります。

 

お願いだから、そこで待っていてと、なつは千遥に頼みました。

 

分かりました。私も会いたいです。と、千遥が返事をしました。

 

なつぞら あらすじ第80話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第80話の感想まとめです。

 

なつは、千遥と電話で話すことが出来ましたね。

 

千遥は、なつや咲太郎のことは、断片的にしか覚えていないと、打ち明けました。

 

だから、突然なつ達と話して、驚いたと、言いました。

 

千遥は、何を話して言いか分からないので、会いたくないと言ったのでしょうか。

 

しかし、千遥は、なつや咲太郎に対して、敬語で話します。

 

千遥は、末っ子ですから、普通は一番甘えた話し方をします。

 

やはり、まだ話していないことが、ありそうです。

 

もっと、複雑で、辛い経験や思いが、ありそうですね。

 

RECOMMEND
人気記事