なつぞら あらすじ48話です。

 

なつは、険しい表情で風車へ行きました。

 

亜矢実も、厳しい態度をします。

 

しかし、なつは、亜矢実に謝るため来たのでした。

 

すると、なつの知らない真実の咲太郎を、亜矢実が語り始めました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ○話

なつぞら 咲太郎と亜矢実の出会い引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

信哉と風車を訪れたなつは、先日、突然帰ったことを、亜矢実に謝りました。

 

亜矢実は、信哉のことは咲太郎から聞いて、知っていました。

 

一方、咲太郎は、東洋映画の大杉社長を呼びとめ、話し始めました。

 

咲太郎は、なつを東洋動画に入れて欲しいと、直訴しました。

 

風車では、亜矢実が話しています。

 

咲太郎は、孤児院を逃げ出し、新宿で靴みがきを始めました。

 

しかし、勝手に商売を始めたために、周りの浮浪児たちから襲われました。

 

偶然通りかかった亜矢実が、咲太郎を助けました。

 

それから咲太郎は、藤正親分のところへ連れて行かれました。

 

咲太郎は、妹を迎えに北海道に行きたいと、泣きながら話しました。

 

なつの為を思い、北海道へ行かしたが、なつに会いたくてたまらなくなった、咲太郎でした。

 

だから、なつを捨てた訳ではない。私が捨てさせたのと、亜矢実が言いました。

 

亜矢実は、咲太郎のために踊りました。

 

咲太郎は、新宿で生きる決心をしました。

 

咲太郎を長いこと引き止めてしまった。ごめんねと、亜矢実が謝りました。

 

なつには、十勝に家族がいます。

 

亜矢実を否定したら、十勝の家族も否定することになる。

 

咲太郎を助けてくれてありがとう、なつは亜矢実に頭を下げました。

 

悲しみから生まれた希望は、人を強くします。

 

喜びから生まれた夢は、人を優しくします。

 

詩人のように、信哉がつぶやきました。

 

なつ、漫画映画の入試に向かう

なつぞら なつ、陽平と仲に相談する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、川村屋で皿洗いとして働きます。

 

東洋動画の入試に向けて、絵の勉強もしています。

 

なつは、描いた絵を川村屋で見てもらいました。

 

相手は、アニメーターの仲 努(井浦 新)と天陽の兄の陽平(犬飼 貴丈)です。

 

その時、咲太郎が店に入ってきました。

 

仲が、なつを漫画動画に誘ったと聞いた咲太郎が、言いました。

 

それは、責任重大だ。裏切ったら、海に浮かぶよと。

 

なつが慌てて止めると、ジョークだよと、咲太郎が言いました。

 

なつは、陽平が買ってくれた本を参考に、馬の動きを勉強します。

 

そして、なつの新宿での暮らしは、あっと言う間に過ぎていきました。

 

やがて、アニメーターになる試験の日がやって来ました。

 

なつぞら あらすじ48話の感想まとめ

なつぞら あらすじ48話の感想まとめです。

 

なつは、緊張した表情でしたが、亜矢実に非礼を謝りに来たのですね。

 

そして、なつが知らなかった咲太郎を教えられました。

 

咲太郎は、なつに会いたくて、北海道へ行きたくて、何とかしようと、孤児院を逃げ出したのです。

 

咲太郎なりに、なつのことを考えていたのですね。

 

でも、亜矢実に助けられ、新宿で暮らす決心をしました。

 

亜矢実は、救われたのは、私のの方だったと、打ち明けました。

 

あの頃の亜矢実も、生きていく希望などなかったからです。

 

結果的に、なつも咲太郎も同じ思いで、同じように家族に支えられ、育てられたのです。

 

そして、二人と暮らした家族も、同じように引き裂かれる思いだったのです。

 

なつも咲太郎も、それぞれの家族や助けてくれた人々への恩返しを、考えているのでしょうね。

 

RECOMMEND
人気記事