なつぞら あらすじ54話です。

 

なつは、新しい仕事が決まり、咲太郎と新生活をスタートすことが決まりました。

 

半年間お世話になった川村屋ともお別れです。

 

引越しの後、風車で就職祝いをしました。

 

咲太郎は、なつのために、自ら懐かしい料理を作りました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ54話

なつぞら なつ、咲太郎と住む引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、咲太郎と一緒に風車に住むことを決めました。

 

なつが暮らす部屋は、亜矢実の衣装部屋となっている、3畳の部屋でした。

 

ここにある衣装は、どれでも好きなものを着ていいからと、亜矢実が言いました。

 

咲太郎は、なつと部屋を替わる、一緒に住めるなら、こんな嬉しいことはないと、言いました。

 

なつの給料は5000円ほどなので、部屋代は1500円払うことになりました。

 

なつは、マダムに寮を出ることを話しました。

 

マダムは、人のために無理をしてはいけない、女が働くのは大変なこと、しっかり自分を支えなさいと、励ましました。

 

野上は、お客として来てくれるのは歓迎します、ただし、他のお客に迷惑をかけなければ、と笑いました。

 

いつでもいらっしゃい。頑張ってね。おめでとう、なっちゃんと、マダムが祝いの言葉を欠けました。

 

野上は、マダムの後ろで、涙を拭きました。

 

なつは、半年間働いた川村屋の仲間にも、お別れの挨拶をしました。

 

引越しの日、咲太郎は雪次郎と佐知子を、なつの就職祝いに誘いました。

 

 

なつの就職祝いに咲太郎が料理をする

なつぞら なつ、信哉から祝いの花束引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、咲太郎がいた部屋に、咲太郎は、3畳の部屋に引越しをしました。

 

なつの就職祝いが、風車で始りました。

 

咲太郎は、なつのために特別な料理を作ります。

 

昔、父親がよく作ってくれた、懐かしい味の天丼です。

 

天ぷらは衣で味が決まる。優しくかき混ぜるのが大事と、咲太郎が、作り始めました。

 

信哉もやって来ました。

 

信哉は、なつに花束をプレゼントしました。

 

煙 カスミとレミ子が、風車に来ました。

 

二人は、なつの就職祝いを知らずに来たのです。

 

みんなで、咲太郎特製の天丼を食べます。

 

みんなは、美味しい、こんな天丼初めて食べたと絶賛しました。

 

咲太郎は、歌手や俳優を目指さないのかと言う話しになりました。

 

咲太郎は、なぜか裏方の仕事が好きでした。

 

なつも、そういう仕事がしたいと言いました。

 

本来、仕事はそんなものだ。人目につかない人々の活躍で、物事の大半は作られている。

 

信哉が、詩人のように言いました。

 

何でもいい。自分を活かす仕事を見つけた者は、幸せだ。

 

咲太郎も、機嫌よく言いました。

 

初出勤の日、なつは、亜矢実の少し派手な服を着せてもらいました。

 

なつぞら あらすじ54話の感想まとめ

なつぞら あらすじ54話の感想まとめです。

 

なつの就職が決まりましたね。

 

当然ながら、川村屋の寮を出ることになります。

 

マダムは、なつを応援しました。

 

野上は、いつも嫌味ごとを言うのですが、なんだかんだで、なつを気遣っていたのですね。

 

周りの客に迷惑をかけなければ、お店に来てもいいと、いつものように言います。

 

しかし、マダムがなつを激励すると、野上は涙を流しました。

 

ただ、照れくさいのか、ごまかしましたね。

 

川村屋の従業員も、なつを拍手で送り出してくれました。

 

なつは、周りの人に支えられて来たのがよく分かります。

 

これから、新天地で一からのスタートです。

 

なつは、どんな障害を乗り越えるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事