なつぞら あらすじ46話です。

 

咲太郎が、川村屋に向かいました。

 

なつを働かせていることで、マダムに文句を言います。

 

咲太郎は、なつを連れて行くと言いました。

 

なつは、咲太郎と話をすると言い、連れて行かれたのは、風車でした。

 

なつは、そこで見た咲太郎に失望し、風車を飛び出しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ46話

なつぞら 咲太郎、川村屋へ行く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと雪次郎は、川村屋での生活が始りました。

 

雪次郎は、料理長の杉本のもとで、厳しい修行が始りました。

 

一方、おでん屋の風車では、咲太郎が亜矢実から、なつの話を聞いています。

 

なつは、俺のせいで、一人で東京に来たのかと、咲太郎は思いました。

 

なつは朝早くから乳搾りをして、学校へも行けなかった。

 

北海道で、苦労して生きてきた。

 

なつは、誰かの借金を返すために、川村屋で皿洗いをしている。

 

と、亜矢実が話しました。

 

真実を知らない咲太郎は、十勝の人々やマダムに腹を立てました。

 

その夜、川村屋の閉店後、なつがお店の掃除をしていると、咲太郎がやって来ました。

 

なつを連れ戻しに、来たのです。

 

咲太郎は、なつと俺の借金とは、何の関係もないと、マダムに1万円を返しました。

 

これから、毎月返しにくる。その代わり、妹は解放してもらう。

 

なつは、連れて行く。と、咲太郎が、言いました。

 

さらに、雪次郎も北海道からなつを追いかけてきたと、勘違いしました。

 

あなたは今、何をしているの。なつさんを幸せにできるの。

 

マダムは、咲太郎を責めました。

 

なつは、咲太郎と少し話をすると言って、川村屋を出ました。

 

なつ、風車で咲太郎、亜矢実と話す

なつぞら 、なつ、咲太郎・亜矢実と話す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎は、なつに会わせたい人がいると、風車に連れて行きました。

 

なつは、亜矢実も咲太郎の彼女の一人かと、思いました。

 

咲太郎は、この人は、俺の母ちゃんだと、紹介しました。

 

咲太郎を戦後の混乱から救ったのが、亜矢実でした。

 

咲太郎は、なつに風車で一緒に暮らそうと言います。

 

咲太郎と亜矢実は、なつと暮らす話で、じゃれ合うように言い合います。

 

なつは、私を馬鹿にしないで、もう一人で生きられる。

 

風車は、私とは何の関係もないので帰りますと、飛び出しました。

 

追いかけてきた咲太郎に、なつが言いました。

 

お兄ちゃんは、私と千遥を捨てた。

 

それで、ずっと楽しかったんでしょ。

 

私と千遥のことは忘れて、もう関係なかったんでしょ。

 

なつは、咲太郎も千遥も忘れたことはなく、ずっと心配していたのでした。

 

なつぞら あらすじ46話の感想まとめ

なつぞら あらすじ46話の感想まとめです。

 

咲太郎の勘違いで、なつは困ったことになりましたね。

 

咲太郎が現れて、マダムと言い争います。

 

咲太郎は、亜矢実の間違った情報を聞いて、十勝の人々やマダムに怒っています。

 

北海道の人やマダムは、なつを苛めていると、思ったからです。

 

マダムは、咲太郎が勘違いしていると分からないので、文句を言っていると思っています。

 

お互いの理解が、すれ違っていますね。

 

それは、亜矢実の話が原因です。

 

亜矢実は、なつの話しを、わざと間違ったのか、それとも本当に誤解したのでしょうか。

 

煙 カスミが、咲太郎と亜矢実をしっていながら、なつに隠していたことと、関係があるのでしょうか。

 

さらに、咲太郎と亜矢実は、なつのことで、なんとかする、なんとかなるのかと、言い合います。

 

咲太郎は、なつがど何をしたいのか、なにも分かっていませんでした。

 

なつが9年間、ずっと思ってきた兄妹への思いと、咲太郎の生き方が、かけ離れていたようですね。

 

失望したような、裏切られたような兄の咲太郎です。

 

なつは、やはり一人で生きることを選ぶのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事