なつぞら あらすじ第61話です。

 

昭和32年(1957年)春、漫画映画「白蛇姫」が、ついに完成しました。

 

なつは、激しい追い込み作業から開放されます。

 

そして、照男と砂良が、新婚旅行で東京にやって来ました。

 

なつは、なつは懐かしい北海道の家族と、風車で再会しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第61話

なつぞら なつ、最後の追い込み引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和32年(1957年)春、なつが、彩色を始めて5ヶ月です。

 

なつの職場・仕上課は、「白蛇姫」の完成に向けて、追い込み作業に入っていました。

 

締め切りに間に合わせるため、アニメーター達も、仕上げの手伝いをします。

 

それは、単なる仕事の手伝いだけでなく、ガールフレンドを見つけるためだと、桃代が教えました。

 

仲も下山も、女性たちに囲まれて、楽しく作業をしています。

 

しかし、なつと桃代のところには、誰も寄って来ません。

 

私たちは、変わっていると思われているからと、桃代が言いました。

 

そうして、やっと「白蛇姫」が、完成しました。

 

この後は、セル画と背景を合わせて撮影し、編集され、セリフや音楽を重ね合わせ、漫画映画は完成します。

 

その夜、なつは、急いで風車に帰りました。

 

風車には、照男と砂良が、待っていました。

 

二人は、結婚しました。新婚旅行は、東京です。

 

泰樹は、二人が出発する前、バターを作りました。

 

三人で作ったと言って、なつに渡すよう頼みました。

 

なつは、泰樹手作りのバターを受け取り、喜びました。

 

照男は、天陽からのジャガイモを持ってきました。

 

弥一郎からは、木彫りの熊がプレゼントされました。

 

 

照男と砂良の新婚旅行

なつぞら なつ、照男と砂良に再会する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎が、風車に帰ってきました。

 

咲太郎と照男は、同じ兄として、お互いチョッと変な挨拶をしました。

 

なつは、好きな仕事を頑張って、必ず夢を叶えると、富士子への伝言を頼みました。

 

砂良は、亜矢実とも仲良くして、家族が増えていいねと、言いました。

 

しかし、なつは、まだ行方が分からない千遥のことが、気がかりでした。

 

咲太郎は、千遥の幸せを考えて、無理に探さない方がいいと、言います。

 

それでも、なつは千遥が心配でした。

 

照男は、なつのことを亜矢実にお願いし、帰って行きました。

 

なつは、途中まで見送りをしました。

 

なつは、二人を見送った後も、アニメーターになるための勉強をしました。

 

なつぞら あらすじ第61話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第61話の感想まとめです。

 

漫画映画「白蛇姫」が、完成しましたね。

 

最後のセル画にOKが出ると、みんな歓声を上げました。

 

動画総枚数は、65,298枚ですから、途方もない枚数を仕上げたことになります。

 

6万枚以上すべて手描きですから、驚きます。

 

作画はこれで終わりですが、次に1コマずつ撮影します。

 

更に、出来上がった映画に、セリフを吹き込み、音楽を重ねます。

 

アニメ映画は、多くの人手と労力で完成しますね。

 

さて、なつには、また一人家族が増えました。

 

しかし、肝心の妹には会えません。

 

咲太郎は、会わない方がいいと言いますが、なつは千遥が心配です。

 

千遥は、幸せでしょうか。元気でしょうか。気になりますね。

 

RECOMMEND
人気記事