なつぞら 115話あらすじです。

 

なつと坂場の新婚生活が、始りました。

 

なつは、テレビ漫画の原画を担当しています。

 

しかし、子供が出来ても仕事を続けられるのか、心配でした。

 

そんな時、風車が立ち退きになることが分かりました。

 

でも、亜矢実は、お店の移転の話しなど、全く知らせて来ませんでした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第115話 なつ、西荻窪で新婚生活をスタート

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和42年(1967年)春、なつは、坂場と結婚しました。

 

それから、季節は夏になりました。

 

なつと坂場は、西荻窪に家を借りて住んでいます。

 

坂場は、今日もなつのために、朝食と、なつのお弁当を作っています。

 

なつは、テレビ班の作画課で、原画を描いています。

 

なつの今の仕事は、テレビ漫画の「魔法少女アニー」です。

 

仕事をするときの名前は、以前の通り「奥原 なつ」でした。

 

茜も動画ではなく、原画を描くようになりました。

 

そして、茜は妊娠中で、お腹の中には赤ちゃんが育っています。

 

なつは、というと、まだ子供のことは、考えられません。

 

坂場の仕事も安定しないし、生活がどうなるのか、想像できません。

 

坂場は、出版社にいる大学の友達から、翻訳の仕事を貰っています。

 

脚本の勉強にもなりますが、収入は安定しません。

 

子供が生まれると、坂場だけに任せることは出来ません。

 

茜も、出産したら、仕事を辞めるしかありません。

 

赤ちゃんから預けられる保育園も数が少なく、なかなか入園できません。

 

子供のためにテレビ漫画を作っていますが、自分の子供が生まれたら、仕事ができなくなります。

 

なつは、納得行かないと思いました。

 

一方、咲太郎の事務所に、川村屋の野上が、やって来ました。

 

咲太郎のプロダクションは、テレビ漫画の放送が増えて、声優が引っ張りだこでした。

 

 

咲太郎、亜矢実のために結婚を決意する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

野上が、風車の立ち退きの話を伝えました。

 

風車の一帯が取り壊されて、デパートが出来る予定です。

 

咲太郎は、突然の話しに驚きました。

 

咲太郎は忙しくて、最近は風車にも顔を出していませんでした。

 

川村屋も、今のお店を取り壊して、ビルに建て替えることになりました。

 

それで、あなたは、どうするつもりですか。

 

あの人を、いつまで待たせるつもりかと、野上が詰め寄りました。

 

そのころ、風車に、角筈屋書店の茂木社長が、やって来ました。

 

なつもいなくなって、寂しいでしょうと、亜矢実に言いました。

 

子供を育て上げた、母親の気分を味わっていると、亜矢実が、やり返しました。

 

亜矢実は、茂木社長に、お店の物件を探して欲しいと頼みました。

 

茂木社長は、咲太郎に頼んだろと、言います。

 

亜矢実は、咲太郎には、甘えたくないのです。

 

咲太郎の負担になりたくないと、思っています。

 

咲太郎も大人になったので、お互い対等の立場でいたいのでした。

 

なつが幸せになったので、次は、やっと咲太郎の番だと、亜矢実が言いいました。

 

なつも、仕事が終わり、家に帰ってきました。

 

台所では、坂場が夕食の料理をしています。

 

富士子のレシピを見ながら、2時間かけて作りました。

 

なつは、子供頃の味に、大喜びしました。

 

なつは、茜は子供が生まれたら仕事を辞めると、坂場に教えました。

 

私たちは、どうするのと、坂場に聞きました。

 

その時、咲太郎が、なつの家を訪れて来ました。

 

咲太郎は、大事な話があると言います。

 

風車の立ち退きの話があり、亜矢実が心配をかけないよう黙っていることを教えました。

 

そこで、咲太郎は、亜矢実が頼ってくれるようにすると、言います。

 

それで、けじめを付けて結婚すると、打ち明けました。

 

相手は、マダム光子です。

 

なつは、マダムと聞いて、「エーッ!」と、ビックリしました。

 

なつぞら 115話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 115話あらすじ感想のまとめです。

 

なつと坂場の新婚生活が、始りましたね。

 

ところが、早速、なつは、現実の問題に直面します。

 

赤ちゃんが生まれたら、仕事が難しくなります。

 

育児のために、仕事を辞めることになるかもしれません。

 

妊娠したら、どうなるのか、不安になりますね。

 

一方で、風車の立ち退き問題です。

 

更に、咲太郎が、川村屋のマダムと結婚すると、言い出しました。

 

次々に起こる難問を、どう解決するのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事