なつぞら あらすじ51話です。

 

咲太郎は、東洋動画スタジオの仲に、なつが落ちた理由を聞きます。

 

しかし、仲は、なつが不採用になったことを知りませんでした。

 

なぜ、なつが採用されなかったのか、仲が調べてみると、意外な理由が判明しました。

 

そのことを知った咲太郎は、落ち込んでしまいました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ51話

なつぞら 咲太郎、仲と話す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎は、なつが入社試験に落ちたことで、東洋動画スタジオの仲を訪ねました。

 

仲は、なつが不採用になったことを知りませんでした。

 

咲太郎は、無責任だろうと、仲の肩を押しました。

 

その弾みで、仲は庭園の小さな池に落ちました。

 

喫茶・リボンで、仲の濡れた服を乾かしながら、話しを聞きました。

 

なつの実力はまだだが、才能はある。

 

なつの絵の試験の点数は、高かった。

 

面接で何かあったのかなと、仲が言いました。

 

咲太郎は、大杉社長に直訴したことが、ダメだったのかと、思いました。

 

しかし、もう取り返しはできません。

 

咲太郎は、風車に行き亜矢実に会いました。

 

なつが落ちた。俺は、バカだ。どうしたら、なつの力になれるのか、分からない。

 

俺は、迷惑ばかりかけていると、咲太郎は嘆きました。

 

お前が、しょげていて、どやって妹を励ますのかと、亜矢実が言いました。

 

咲太郎は、川村屋に行きました。

 

なつが、信哉と話しています。

 

二人の様子を見た咲太郎は、黙って帰って行きました。

 

 

なつは咲太郎のせいで入社試験に落ちる

なつぞら なつ、仲たちと相談する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

信哉は、警察周りの取材をしています。

 

新人は、そうやって仕事を学ぶのだと、なつに話しました。

 

なつは、入社試験に失敗したのは、努力が足りなかったからだと、言いました。

 

なつは、頑張ってここまできた。それは、なつの努力だ。

 

それで、夢は諦めるのかと、信哉が聞きました。

 

諦めたくない。アニメーターになれる他の道を探そうと思う。

 

と、なつが言いました。

 

そこへ、仲と陽平が、川村屋に慌ててやって来ました。

 

なつの絵は悪くなかった。なぜ、入社試験に落ちたのかを、仲が調べました。

 

すると、大杉社長の判断で、落とされたことが分かりました。

 

陽平が、咲太郎は、どこかの政治的な党に所属しているのかと、聞きました。

 

大杉社長は、咲太郎に会ったことがあります。

 

咲太郎は、赤い星座で新劇をやっている。あそこは、戦前からプロレタリア演劇の流れをくんでいる。

 

ぐれん隊や太陽族のような兄のいる子を、入れられない。

 

と、言う大杉社長の一声で、なつは不採用になりました。

 

咲太郎が、余計なことをしなければ、なつは合格していたと、信哉がつぶやきました。

 

9月に、着色など仕上げの試験がある。挑戦しないかと、仲が言いました。

 

なつは、試験を受ける決意をしました。

 

そして、やっと柴田牧場に、手紙を書きました。

 

なつは、咲太郎に会うため、風車へ行きました。

 

そこへ、信哉が来て、咲太郎が警察に捕まったと言いました。

 

なつも亜矢実も、突然の知らせに驚きました。

 

なつぞら あらすじ51話の感想まとめ

なつぞら あらすじ51話の感想まとめです。

 

なつが、東洋動画スタジオの入社試験に落ちた理由が、分かりましたね。

 

咲太郎が、プロレタリア演劇をするぐれん隊と、思われたからです。

 

プロレタリア演劇は、労働者演劇とも言われ、社会主義活動の一環でした。

 

労働者の組合活動が激しくなり、大規模なデモが起こり、警察隊と激しく争うことがありました。

 

ぐれん隊とは、愚連隊と書きますが、町中で暴れる不良青少年集団のことです。

 

太陽族は、石原慎太郎の小説『太陽の季節』から始まった、無軌道な行動をする若者のことです。

 

咲太郎は、やんちゃな言動をするため、ちょっと危ない若者と見られたのですね。

 

そんな兄を持つ妹を社員にして、会社で騒動を起こされては大変だと、大杉社長は考えたのでしょうね。

 

咲太郎の妹を思う気持ちが、まさかの裏目になりました。

 

なつは、もう一度チャレンジして、誤解を解くしかないですね。

 

RECOMMEND
人気記事