なつぞら あらすじ第77話です。

 

雪之助は、雪次郎を苦しめているだけではないだろうかと、なつに聞きます。

 

なつは、柴田家の生き方を見て、自分らしく生きることを学びました。

 

そして、東京で、アニメーターを目指しています。

 

雪之助は、雪次郎の修行を試すことにしました。

 

雪次郎は、雪之助の許しを得ることができるのでしょうか。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第77話 なつの生き方を雪之助に話す

なつぞら なつ、雪之助と話す
引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、川村屋で雪之助と会いました。

 

雪之助は、雪月を雪次郎に渡さなければと、思っています。

 

それが、間違っているか、それとも、雪次郎を苦しめているだけかと、なつに聞きました。

 

雪之助の考えは、間違ってないから、雪次郎も辛いのだと、なつは言いました。

 

二人の席に、マダムがバターカリーを持ってきました。

 

マダムからの奢りだと言いました。

 

なつは、北海道の家族を見ていて、自分らしい生き方を学びました。

 

だから、今、漫画映画に挑戦しています。

 

泰樹は、東京を耕して来い、開拓して来いと、言いました。

 

なつは、雪次郎も同じだといいました。

 

雪次郎は、どこでどんな生き方をしようと、雪之助やとよのように生きる。

 

店を継ぐことも大事だが、自分の夢を切り開いていくことも、家族を大事にして生きているということになります。

 

雪次郎は、雪之助を裏切る生き方はしない。

 

と、なつが言いました。

 

マダムが、川村屋を護っていくことも同じことだから、よく分かると言いました。

 

同じ頃、雪次郎と妙子も、アパートで夕食を食べていました。

 

父さんが反対しても、あんたの味方だ。

 

役者になって欲しいからではなく、雪次郎がやりたいことを応援したいだけ。

 

と、妙子が言いました。

 

雪次郎は、母ちゃんが作ったカレーが世界一美味しいと、涙を流しながら食べました。

 

なつは、雪之助を連れて、風車に帰りました。

 

お店では、とよが咲太郎と、歌って飲んで、踊っていました。

 

とよは、雪之助を叩いたこと、とよの夢まで背負わせたことを、謝りました。

 

 

雪之助、雪次郎にケーキを作らせる

なつぞら 雪次郎、雪之助の許しを得る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

それから、2日後の朝、雪次郎は、風車に呼び出されました。

 

お店に入ると、雪之助、妙子、とよも待っていました。

 

テーブルには、川村屋のお菓子の材料が揃っています。

 

雪之助は、バタークリームのケーキを作るよう、雪次郎に言いました。

 

皆が満足したら、合格だ。

 

この2年間、雪次郎がどう生きてきたか、しっかり味わってもらえと、言いました。

 

雪次郎は、全員が見つめる中、ケーキを作り始めます。

 

雪次郎は、オーブンがなくても、スポンジを作る工夫をします。

 

そして、バタークリームのロールケーキが出来上がりました。

 

全員で試食をします。

 

みんなは、美味しいと、口をそろえて言いました。

 

雪之助も1口食べました。

 

雪次郎、何をするにも、このくらい努力しろ、これぐらい一生懸命頑張れと、言いました。

 

雪次郎は、父さん、ありがとうと、涙を流しました。

 

これだけは、言っとく。お前がこれからやることを諦めたら、帯広に戻って来い。

 

お前には、生まれた場所がある。

 

と、雪之助が言いました。

 

そして、小畑一家は、北海道に帰って行きました。

 

なつぞら あらすじ第77話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第77話の感想まとめです。

 

やっと、雪次郎の乱が、決着しましたね。

 

雪之助は、雪次郎が、東京へ来てからの2年間、本気で修行をしていたか、確かめます。

 

その方法が、ケーキを作らせることでした。

 

しかも、お菓子作りの設備もない風車のお店です。

 

ケーキのスポンジであるジェノワーズを作るには、オーブンが必要です。

 

風車にはないので、フライパンで作れと、雪之助は言いました。

 

雪次郎は、フライパンではジェノワーズが膨らまないので、ロールケーキに、変更しました。

 

雪之助も分かっていたのでしょうね。

 

ケーキの味も技術も、応用力も試すことが出来ました。

 

雪之助は、本気で菓子作りの修行をしていたことが証明され、役者になる許可を貰いました。

 

なつも苦労して、やっと動画を描けるようになりました。

 

雪次郎は、前途多難な役者の道を、全うできるでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事