なつぞら 150話あらすじです。

 

千遥の話し合いが終わった頃、剛男が「杉の子」に、やって来ました。

 

話し合いが、無事終わったことに、安心しました。

 

そして、なつの父親の手紙が、三兄妹に届いたことを、安堵しました。

 

剛男は、なつの仕事を知り、驚き心配しました。

 

十勝に帰り、なつの忙しさを家族に話しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第150話 父の手紙が三兄妹に届く

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

剛男が、北海道から「杉の子」へ、やって来ました。

 

千夏が、学校から帰ってきます。

 

剛男は、女の子が千夏だと、一目で分かりました。

 

なつの小さかった頃に、よく似ていたからです。

 

千夏が店に入ると、なつや咲太郎がいました。

 

千夏は、咲太郎に初めて会いました。

 

後から姿を見せた剛男に、皆が驚きました。

 

千遥の話し合いは、良い結果に終わったこと、千春と共に、「杉の子」で、暮らせることになったことが、分かりました。

 

その話を聞いて、剛男は安心しました。

 

剛男は、富士子から預かった、千遥の忘れ物を返しました。

 

千遥が、十勝に置いていった洋服です。

 

千遥も、なつの服を返しました。

 

千遥は、なつの服を着たまま、姿を消しました。

 

千遥は、なつに、やっと返せることができ、嬉しかったのです。

 

それから、亡くなった父の手紙も、なつに返しました。

 

剛男は、なつの父親の手紙が、やっと三兄妹に届いたと、喜びました。

 

それから、みんなで天丼を食べました。

 

なつは、食事が終わると、仕事に戻ります。

 

来年の6月に「大草原の少女ソラ」が、終わります。

 

それまでは、なつは、休む暇もありません。

 

なつは、来年の夏休みになったら、一緒に十勝へ行こうと、千遥と千夏を誘いました。

 

十勝は、ソラのいるような所と聞いて、千夏は、ワクワクしました。

 

なつは、泰樹の様子を聞きました。

 

泰樹は、最近穏やかになりました。今年で、91歳になります。

 

照男が、牛舎を建て替えて、搾乳機を導入し、乳牛を増やしたいと、泰樹に相談しました。

 

好きにやれ。お前に、任せる。と、泰樹が言いました。

 

富士子が、もう歳なので、一度病院で診察してもらうよう、泰樹に勧めました。

 

泰樹は、もう充分だと、断りました。

 

 

剛男、なつの多忙を心配する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつの家に、剛男が泊まりました。

 

なつは、持ち帰った仕事をしています。

 

その間、剛男が本を読み、優を寝かしつけました。

 

なつは、寝る暇もありません。

 

坂場も、会社で寝泊りしています。

 

優のためには、この生活を変えないといけないのですが、今はどうしようもありません。

 

優には、なつの気持ちや愛情は、ちゃんと伝わっている。

 

優を信じろと、剛男が励ましました。

 

剛男は、いつも子供を信じていました。

 

剛男の思いは、ちゃんと子供達に伝わっていました。

 

剛男が、目覚めると、なつはもう起きて、朝食の準備をしていました。

 

なつが、何時寝ているのか、剛男は心配になりました。

 

十勝に、剛男が戻りました。

 

なつの様子が、心配だと剛男が話しました。

 

なつは、殆ど寝ていない。

 

優のために、家でも仕事をしている。

 

仕事は、6月まで続くが、春から優は、小学校に通い始めます。

 

小学生になれば、保育園のように長くは預かってもらえません。

 

なつは、優のために、家政婦を探しています。

 

すると、富士子、お前行ってやれ。なつを助けてやれ。と、泰樹が、言いました。

 

昭和50年(1975年)の春が近づいた頃、富士子は上京しました。

 

富士子が、マコプロを訪れました。

 

富士子は、北海道のジャガイモとバターを、お土産に持ってきました。

 

神地が、ちょうど描きたかったところだと、大喜びをしました。

 

なつは、泰樹が怒らなかったか、心配しました。

 

富士子は、泰樹が、なつを助けてやれと言ったことを教えました。

 

そのころ、泰樹は、牛舎で牛を眺めていました。

 

すると、牛の周りで、小さな女の子が、ウロチョロしています。

 

良く見ると、なつが、頬被りをして、牛舎の掃除をしてます。

 

驚いた泰樹が、しゃがんで、なつを見ようとします。

 

しかし、なつの姿は、ありませんでした。

 

なつぞら 150話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 150話あらすじ感想のまとめです。

 

なつの父・剛男が、上京して来ましたね。

 

丁度、話し合いが終わった頃、「杉の子」に、到着しました。

 

まあ、剛男が話し合いに参加しても、あまり意味はなかったです。

 

その代わり、なつの忙しさが、よく分かりました。

 

寝る時間もありません。

 

優の世話をしながら、家でも仕事をしています。

 

しかし、来年の春からは、優も小学生になります。

 

家に帰っても誰もいないので、なつは困っていました。

 

そんな事情が、剛男に伝わりました。

 

お陰で、泰樹が、富士子をなつの手伝いに行かせることになりました。

 

剛男の使命は、そういうことだったのですね。

 

これで、ドラマの終わりまで、安心できます。

 

RECOMMEND
人気記事